「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




SCENE 切り取った場面

SCENE 小さな小さな庭先にもうひとつの世界

チェコの首都、プラハの郊外に築200年を超える時代に建てられた家がある。玄関も窓枠も木製、そのすべてに趣が・・・

 

音楽家の女性はネコたちと暮らしている・・・

 

子ネコの3兄妹は生後1か月ほどの今がかわいい盛り。子ネコたちは動じることもなく、冒険を始めます。

 

植木の鉢に上がっては、少しでも高い所へ行きたい!行きたい!行きたい!

 

それはネコの持つ本能。

 

3兄妹の中で特に活発に動くクロ。君はあっという間に視界から見えなくなり・・・あっ!そんなところに!

 

壁と玄関との小さな隙間で動けなくなってもがいていた。

 

出してあげるよ・・・

 

出してあげたのも束の間、今度は植木にしがみつき登りはじめた。高い枝までいっきに、案の定、下りることができなくなった君は泣き出した。

 

ミャ-ミャ-

母ネコのシロは少し離れた場所から見ています。

 

しかし、助けにはいかない・・・

 

なぜなの?

 

クロは覚悟を決めた!小さな体の精一杯な勇気。振り絞って飛び下りた・・・

 

その気迫・・・もしかして、クロ。君はオスなのかい?!

 

無事着地した君は、何事もなかったかのように、また跳び回っている・・・

 

扉で爪研ぎをする2匹のトラ。母ネコが近づいてお尻の始末をしている。必死で母ネコに甘える2匹。

 

君たちはクロのように冒険してみないの?

 

小さな小さな庭先にもうひとつの世界が今日も・・・

 

目に映る色、母と子のふれ合い、ここは日本ではなくチェコの首都、プラハ。

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍