「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

JR特急料金、割引なしでも「45%安く」できる方法

節約の道は奥深い・・・。とても奥深い・・・と思いませんか?😅実は、地方によっては乗継割引などを使わずに特急料金を1~3割、最大で45%も安くできる方法があります。

 

JR各社にはそれぞれ独自の特急料金メニューがあります。その中でもJR北海道、東海、四国の3社は、利用する区間によっては特急券を分割して購入すると安くなる料金設定となっているのです。

 

3社は「25kmまで」「30kmまで」といった短い距離区分があり、短距離利用にも使いやすいのです。これを活用してみましょう😃。区間を3分割、あるいは4分割すると安くなるといったアクロバティックなケースも存在します。

 

JR北海道は独自のA特急料金体系があります。通常、JRのA特急料金は「50kmまで」が最小の区分ですが、JR北海道は「25kmまで」の区分があります。この距離別料金区分をうまく使うと、自由席とグリーン席の場合は分割購入で安くなるのです。

 

安く使えることによって「特急は高い!」と敬遠していた人が特急列車、そしてJR利用を選択肢に入れるきっかけになるはずです👍

 

料金体系についてもう少し詳しく見ていきます。自由席の場合、25kmまで320円、50kmまで630円、100kmまで1150円、150kmまで1830円だ。25kmまでという短距離の設定があるのはうれしいですが、それ以上は50kmごと(200km以上は100kmごと)の区分であり、実際に乗るのが51kmでも特急料金は100kmまでの分、つまり1150円必要になってしまいます。

 

75kmや125kmといった区分があれば便利なのになぁ・・・と思いますが、それなら特急券の区間を分割して、自分で「75kmまで」や「125kmまで」にあたる料金にしてしまえばいいのです。

 

例えば乗車する距離が75kmの場合、通常なら100kmまでの特急料金1150円となりますが、50km(630円)+25km(320円)の2分割にすれば950円で、200円安くなります。

 

この方法で特に安くなるのはグリーン車です。200kmまでの料金は2800円なのに対し、100kmまでは1300円と半額以下なので、分割購入によって特急料金とグリーン料金がダブルでお得👍

 

しかし、このJR北海道独自の特急料金は150kmまでが対象で、それ以上は通常のJR共通A特急料金が適用されます。150km以上の場合は安くなってもごく一部で100円安くなるかどうかというレベルのために、主に51~125kmまでの短距離利用の時に使える方法です。

 

例えば、

■特急「北斗」「スーパー北斗」函館―長万部間(112.3km)
【通しの場合】自由席1830円、グリーン車4630円
【分割した場合】自由席
・函館―新函館北斗間17.9km:320円
・新函館北斗―長万部間94.4km:1150円
= 合計1470円(360円・20%お得)
【分割した場合】グリーン車

・函館―新函館北斗間:指定席特急料金850円+グリーン料金1300円-530円=1620円
・新函館北斗―長万部間:指定席特急料金1680円+グリーン料金1300円-530円=2450円
= 合計4070円(560円・12%お得)
(※グリーン車の場合は座席の指定を受けますが、指定席料金530円は免除されます)

 

函館―長万部間でこの方法を実践する場合、新幹線からの乗り継ぎ客で席が埋まっていることもありえるので、新函館北斗―長万部間の座席を先に購入するのをおすすめします。

 

もっとも、函館―新函館北斗間は「はこだてライナー」を使い、新函館北斗―長万部間だけ特急券・グリーン券を購入して2450円で済ませるのも良いでしょう。全区間通しで乗る場合の指定席特急料金+90円と乗り換え待ちの手間だけでグリーン車に乗れます。

 

■函館本線・札幌―深川間(106.6km)の各特急列車
【通しの場合】自由席1830円、グリーン車4630円
【分割した場合】自由席
・札幌―滝川間83.5km:1150円
・滝川―深川間23.1km:320円
= 合計1470円(360円・20%お得)
【分割した場合】グリーン車
・札幌―滝川間:指定席特急料金1680円+グリーン料金1300円-530円=2450円
・滝川―深川間:指定席特急料金850円+グリーン料金1300円-530円=1620円
= 合計4070円(560円・12%お得)
(※グリーン車の場合は座席の指定を受けますが、指定席料金530円は免除されます)

 

JR東海にも30kmまでの独自の特急料金区分があります。また、50kmまでの料金が通常より安いケースもあるのです。これは身延線全線、飯田線(豊橋―飯田間)、中央線(多治見―塩尻間)、関西本線・紀勢本線(名古屋―新宮間)、高山本線(岐阜―猪谷間)で適用されます。

 

これは区間分割購入に有効な料金設定です。うまく組み合わせれば60kmまで、80kmまで、90kmまで、110kmまで、130kmまで、140kmまで、160kmまでという料金区分を作ることができます✌

 

JR東海の特急料金体系をうまく使うと、540円もお得になるケースがあります。

 

例えば、

■高山線特急「ワイドビューひだ」岐阜―白川口間(53.1km)
【通しの場合】1200円
【分割する場合】
・岐阜―美濃太田間27.3km:330円
・美濃太田―白川口間25.8km:330円
= 合計660円(540円、なんと45%もお得!)

■高山線特急「ワイドビューひだ」鵜沼―久々野間(105.9km)
【通しの場合】1860円
【分割する場合】
・鵜沼―飛騨金山間49.4km:660円
・飛騨金山―飛騨荻原間30.0km:330円
・飛騨荻原―久々野間26.5km:330円
= 合計1320円(540円・30%お得!)

 

JR四国(全線)にも25kmまでの独自の特急料金区分があり、50kmまでの料金が通常より安いケースがあります。まずは岡山から四国へ入るときのお約束であるJR西日本の岡山―児島間とJR四国を跨ぐ場合は、特別に50kmまでの特急料金が560円に設定されています。そこで、以下のように区間を3分割してみます。

 

■瀬戸大橋線特急「しまんと」「南風」岡山―大歩危間(118.2km)
【通しの場合】1860円
【分割する場合】
・岡山―丸亀間48.5km:560円
・丸亀―阿波池田間48.1km:530円
・阿波池田―大歩危間21.6km:330円
= 合計1420円(440円・24%お得!)

 

区間によっては、あと少し短ければ距離の区分を越えずに特急料金が安く済むのになぁ・・・というケースがあります。数キロ先の駅から乗るという手もありますが、分割購入でうまく収める手もあります。これは「あと3.1km短かったら100kmを切っていて安かったのに・・・くそぉ!」という人にうれしいです。

 

■予讃線特急「いしづち」高松―新居浜間(103.1km)
【通しの場合】1860円
【分割する場合】
・高松―詫間間42.0km:530円
・詫間―観音寺間14.5km:330円
・観音寺―新居浜間46.6km:530円
= 合計1390円(470円・25%お得!)

 

四国はさまざまな利用方法が考えられます。JR東海の高山線で紹介した3分割よりさらに多い、4分割すると料金を安くできるケースも! 280円のためにここまでするかどうかは別としても、理屈のうえではこのようなことも可能という好例です。

 

■予讃線特急「しおかぜ」「いしづち」多度津―松山間(161.7km)
【通しの場合】2200円
【分割する場合】
・多度津―観音寺間23.8km:330円
・観音寺―新居浜間46.6km:530円
・新居浜―今治間41.8km:530円
・今治―松山間49.5km:530円
= 合計1920円(280円・13%お得!)

4分割まで来てしまうと、もはやギャグの域かもしれません😅挙げた中で実用的に使えるケースもあるはずです。高いイメージのある特急ですが、各社の料金体系をうまく使えばお得に乗ることが可能なのです。

 

少しでも安く乗れる方法があるならば特急、そして鉄道利用が今後の選択肢に入ってくるという人も多いのではないでしょうか👍

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍