「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

iPhoneで「サブ回線」を無料で備えておく匠の技

2021年10月14日の17時ごろに発生したドコモの通信障害により、約12時間にわたって音声通話やデータ通信がつながりづらい状況になったのは記憶に新しいと思います。IoT(モノのインターネット)用の加入者/位置管理サーバーの移行に失敗し、旧設備に戻す際にサーバーの処理能力を超えてしまったのが原因でしたが、障害はiPhoneなどのスマホを巻き込む形に拡大しました。現時点では復旧済みで、ドコモ側は再発防止策を講じていますが、通信障害は災害など、別の理由で起こることもあり、完全にゼロにするのは難しいのです。これは、ドコモ以外の通信事業者でも同じです。

 

通信は仕事や生活に欠かせないインフラです。確率は低いのですが、必ず起こるものとして私たちで対策を取っておいたほうがいいのです👍。幸いなことに、政府の後押しもあって通信費は年々下がり、バックアップ用として維持しやすい回線は増えています。維持費がかからない回線もあるため、メインの回線とは別に、もう1回線契約しておけば、いざというときに役に立ちます。iPhone XS以降のiPhoneは、eSIMに対応していて、SIMロックさえかかっていなければ2回線同時利用も可能なため、バックアップ用の回線は用意しておくといいのです😉。

 

例えば、KDDIが新たにスタートしたオンライン専用ブランドのpovo2.0はその1つといえます。楽天モバイルも0円で維持できる方法があります。いずれのキャリアもeSIMに対応しているため、メインの回線とは別に維持しておくことが可能です。今回はバックアップに最適な維持費のかからないキャリアや料金を紹介していこうと思います👍。キ-ワ-ドは、そう、転ばぬ先の杖・・・

 

◎使うときだけデータ容量を購入できるpovo2.0

 

KDDIがオンライン専用料金プランとして2021年3月に導入したpovoですが、他社と横並びでデータ容量は20GB一択でした。

この仕組みを抜本的に改めて、「povo2.0」として再スタートを切ったのが2021年9月のことです。携帯電話料金で半ば常識になっていた月額制すら廃止し、プリペイドに近い形に生まれ変わりました。基本料だけなら1円もかからず、その状態でも128Kbpsで通信を利用できます。回線はauと同じで、エリアは広く、5Gにも対応しています。

 

高速通信を有効にしたいときだけ、「トッピング」と呼ばれるオプションを購入していく仕組みで、データ容量を専用アプリで選んでいくだけと追加方法も簡単です。1GB、3GB、20GBといった容量別のトッピングだけでなく、24時間だけデータ通信を使い放題にするトッピングも用意されているため、バックアップ用回線としては最適です。

 

また、eSIMにも対応していて、iPhoneにとりあえず入れておくバックアップ回線として使い勝手がいいのです。

 

また、「ギガ活」と呼ばれるキャンペーンも実施され、特定の店舗で一定額の買い物をするだけで、データ容量を“オマケ”としてもらうこともできます。ギガ活にはau PAYの利用が条件になっているものと、そうでないものがあります。店舗は限られますが、全国展開しているローソンや、ドラッグストアのウエルシアなどが入っているため、データ容量をもらいやすいです。このギガ活で付与されたプロモコードを使っていけば、トッピングを購入しなくても、ある程度のデータ通信を利用できます。バックアップ回線としてだけでなく、メイン回線のデータ容量が足りないときなどにもおすすめできるキャリアです。

 

バックアップ回線として利用する際の注意点は、自動解約です。トッピングを購入しないまま180日が過ぎると、自動で解約される可能性があることが規約でうわたれています。ただし、動画サービス「smash.」が1日見放題になるトッピングが220円で提供されているため、これを半年に1回程度購入すれば自動解約は避けられます。音声通話やSMSなどの料金が660円を超えている場合も、利用は停止されません。

 

メイン回線や単純な2回線目として使う分にはいいですが、通信障害に備えるバックアップ用の場合は、メイン回線とは別のキャリアにしたほうがいいのです。今回のドコモのケースでは、回線を使うMVNOにも障害が起こったからです。どこで障害が発生するかにもよるため、一概には言えませんが、電波を送受信する基地局などでトラブルが発生した際のバックアップにはならないのです。そのため、povo2.0はドコモやソフトバンク、楽天モバイルを使う利用者向きといえるかもしれません。

 

2020年4月に本格サービスを開始した楽天モバイルも、バックアップ回線として使いやすいキャリアです。現行の料金プランは「Rakuten UN-LIMIT VI」で、データ容量に応じて自動的に料金が変動する仕組みです。料金は0円から3278円。1回線目については、1GB以下なら料金はかかりません。バックアップ用回線としてデータ通信をほとんど使わなければ、料金が発生しないというわけです。また、メイン回線が不調なときに使って1GBを超えたとしても、3GBまでは1078円で大きな負担にはならないはずです。データ容量に応じて自動的に金額が変動するため、プラン変更などの手間がかからないのもうれしいです😲

 

先程のpovo2.0は、音声通話に30秒22円の料金がかかりますが、楽天モバイルは「Rakuten Link」というアプリを使えば料金が無料でかけ放題になります。メインで使う回線に通信障害が起き、どうしても電話しなければならないケースでもお得に使うことが可能です。アプリでの通話は一般的な携帯電話の音声通話より安定性に劣る部分はありますが、料金がかからないため、バックアップ用以外にも活用できるかもしれません。また、楽天モバイルを契約すると、楽天市場でのポイント還元率が上がるので、とりあえずでも契約しておくとお得になります。

 

しかし、難点は既存の4キャリアと比べるとエリアが狭いことです。基地局を急ピッチで建てていて、人口カバー率は日を追うごとに上がってはいますが、現時点では3社に及んでいません。また、人口カバー率のような数値に表れにくい地下や、ビルの高層階、建物の奥まった場所などでもつながりにくいことがあります。しかし、バックアップ用なら特に気にならないレベルです。一部地域ではau回線へのローミングも行っているため、基本的には全国でつながると考えていいでしょう。

 

ただし、楽天モバイルもpovo2.0と同様、まったく使っていないと自動的に解約になるおそれがあるため、注意が必要です。楽天モバイルの自動解約の基準も、povo2.0と同じ180日です。この期間内に回線が使われない場合、自動的に契約が解除になることが契約約款に明記されています。しかし、povo2.0より条件は緩く、これは楽天モバイル回線でまったく通信しなかった場合の措置です。1GB未満で料金の支払いがない月が続いても解約になることはないため、定期的に楽天モバイル回線で通信しておくだけで済みます。

 

バックアップ用の回線はメイン回線と別にするのが鉄則ですが、楽天モバイルならドコモ、KDDI、ソフトバンクのいずれともかぶらないので、対象になるユーザーは非常に多いはずです。新規契約の際にはポイント還元など、さまざまな特典も用意されているため、iPhoneのサブ回線にはうってつけといえます。

 

◎海外キャリアと契約して国内ローミングする方法

 

povo2.0や楽天モバイルは国内の通信事業者ですが、eSIMなら、契約に際して店頭に出向く必要はないため、何も日本にこだわる必要はありません。バックアップ用に、海外通信事業者のeSIMを入れ、いざというときにはローミングで使うのも手です。本来は来日を目的とした外国人用のプランですが、日本在住のユーザーが利用できないといった制限は基本的に設けられていません。海外にはローミングサービスに特化したMVNOもあり、プリペイドが一般的です。バックアップ用回線にはうってつけです👍。

 

例えば、NTTコミュニケーションズ傘下でフランスに拠点を構えるTransatelのUbigiは、ローミング専業キャリアの1社です。NTTグループのため、日本ではドコモ回線にローミングで接続します。日本で使える料金プランも多彩で、例えば有効期間1日の500MBプランは3ドルで利用可能です。10GBプランも22ドルで、ある程度データ通信を多く使いたい場合にも役に立ちます。現状では、ドコモ回線を使った維持費が無料のキャリアはありません。ローミングにはなりますが、auやソフトバンク、楽天モバイルを使ったユーザーが選択するのは悪くない選択肢といえます。

 

国内事業者と比べ、契約が手軽なのはメリットの1つです。先程のUbigiはアプリをインストールした後、すぐにeSIMのプロファイルをダウンロードできるようになります。アカウントの作成はその回線で接続したあとになります。その後、必要な料金プランをクレジットカードで購入するだけで利用を開始できます。本人確認書類のアップロードなどはいらず、手続きは数分で済みます。メインの回線が何らかの事情で使えないときになってから、初めて契約するのでも十分なほどです。

 

ただし、音声通話は利用できないため、LINEや050番号を使ったIP電話アプリなど、別の手段は用意しておかなければなりません。また、ローミングでドコモ網に接続するため、通信が海外経由になり、遅延が大きくなりがちです。しかし、通信がまったくできないよりはいいはずです。

 

ローミング専業キャリアは、海外渡航時にも役立つため、コロナ禍が収束して海外出張、海外旅行に行きやすくなったときにも活躍するはずです。

 

何ごとも、転ばぬ先の杖ですよ😉

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍