「コナミワイワイワールド」はファミコン・クロスオーバー作品の先駆けだった?!

そして男は時計を捨てた・・・へようこそ!

毎日、1~2記事更新! 土、日は更新多め!

あなたの知識に役立ててください!




みなさん!例えば、仮面ライダーでもウルトラマンでも、歴代ヒーローが勢ぞろいする展開は胸が躍ったりしますよね?

し・ま・す・よ・ね?

そして、それはゲームの世界でも同様です😊異なる作品のキャラクターたちが一堂に会する、いわゆる“クロスオーバー作品”。いろんなゲームジャンルでクロスオーバータイトルがたくさん発売されましたが、ファミコン時代に初めてクロスオーバーを意識させたのは『コナミワイワイワールド』(コナミ)ではないでしょうか?

 

異論はあると思いますが・・・このゲ-ムソフト以外、思い当たらないのです😅

それは1988年1月14日、今からちょうど33年前にコナミから発売されたファミコンソフト『コナミワイワイワールド』は、コナミ自身が発売した複数のファミコンゲームを題材にした作品です。

 

コナミを代表する人気タイトルの主人公が集結したのです。
『ワイワイワールド』で仲間になるキャラクターは、どれもコナミの看板タイトルのキャラクタ-たちです🙌スゴ~い!胸アツ~😆

 

『悪魔城ドラキュラ』のシモン、『月風魔伝』のフウマ、『がんばれゴエモン!からくり道中』のゴエモンなど、当時のファミコンキッズなら誰もが知っているビッグネームばかりです。

 

さらに『グーニーズ』のマイキーや、『キングコング2 怒りのメガトンパンチ』のコングといった、コナミがゲーム化した海外映画のキャラまで登場します。

まさにオ-ルスタ-夢の競演😍

 

当時はまったく気になりませんでしたが、今なら諸事情で難しいのではないか???と思うような豪華すぎる顔ぶれが勢ぞろいしたのです。

 

ちなみに名だたる主人公キャラに加えて、なぜかモアイもプレイアブルキャラとして実装。モアイと言えば『グラディウス』シリーズに登場する敵ですが、当時はコナミの象徴として抜群の知名度があったのです。

 

そのゲーム内容は『悪魔城ドラキュラ』ライクな横スクロールアクションがメイン。攻略する6つのステージは、クロスオーバーしているコナミのゲームタイトルがフィーチャーされており、各ステージに囚われたシモンやマイキーといったキャラクターたちを救出することにより、使用可能なキャラが増えていきます。

 

そして『ワイワイワールド』のメイン主人公は、コナミ作品のスコアアップやパワーアップアイテムとして登場していた「コナミマン」と、本作オリジナルキャラ「コナミレディ」。主に隠しキャラ的な存在だったコナミマンは初のプレイアブルキャラ昇格で、ある意味このゲームが出世作と言えるかもしれません👍

 

それと本作は2人同時プレイが可能ですが、当時一緒に遊んでくれる人はいましたか?

い・ま・し・た・か?

6つのステージをすべてクリアし、仲間が全員そろったら最終決戦に挑戦です。最後のステージはシューティングステージから始まり、自機として「ツインビー」か「ビックパイパー」を選ぶことができます。

 

前半は『ツインビー』風のステージ、後半は『沙羅曼陀』風のステージとなっていて、コナミのシューティングファンにとっては涙もののうれしい構成😂となっております!

 

ツインビーのほのぼのしたステージをビックバイパーが飛行する姿に違和感はありましたが、それもこれもお祭りゲーム的な感覚で楽しめます。

 

本作の最大の魅力は、ステージ攻略中に自由に使用キャラを交代できる点にあります。ゲーム開始時はコナミマンとコナミレディの2人だけしかいませんが、各ステージで救出したキャラは使用可能になります。

 

そして各キャラはそれぞれ特性が異なり、例えばゴエモンなら「宝箱の鍵開け」、コングは「ジャンプ力が高くブロックが破壊可能」といった個性があります。

 

ステージ攻略の際には、こうした特長を考慮しながら随時キャラクターを交代しながら進めていくのが面白いのです。どのステージでどのキャラが役立つのかはノーヒントでしたが、手探りで攻略法を探っていくのも楽しみがあります。

 

それと使用キャラを交代するとBGMがそのキャラの登場作品の曲に変わるのも、コナミファンの心をくすぐる!それは素晴らしいよくできた演出😂

 

実は『ワイワイワールド』の発売は『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』(エニックス/1988年2月10日)とほぼ同時期ということで、全国的に品薄だった『ドラクエIII』と『ワイワイワールド』を2本セットにして販売する、いわゆる抱き合わせ販売を行うショップがありました。

 

当時は『ドラクエIII』と一緒にやむなく『ワイワイワールド』を購入したという人もいたようで、実際『ワイワイワールド』を遊んでみたら「予想以上に面白かった」という声も多かったようです。結果オ-ライ🙆

 

最近では『大乱闘スマッシュブラザーズ』に代表されるように、各メーカーの代表キャラを集めたクロスオーバー作品は珍しくありませんが、ファミコン時代に早々と『ワイワイワールド』を成立させたことが、あの当時のコナミ作品の抜群の知名度を物語っていたのかもしれませんね😉

 

また、ワイワイしたいね😉

Amazon.co.jp 送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場 おうち時間が増えた時期、家電を求める方も増えてきます。Gshopperは今の時期に2021年家電大特価キャンペーンを実施し始めています。コスパ最強の掃除機から、健康観測できるXiaomiスマートバンドまで、毎日に使える商品を最大68%OFFで提供しております。是非チェックしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました