「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

実は身体に良かったという不健康そうな食べ物

「スーパーフード」という言葉を聞いた時に、ケフィアやブルーベリーといった食品を連想する人も多いと思いますが、実は “体に悪そう” なイメージのある食品の中には、本当は体に良いものがある食品もあったりします。

 

栄養のプロに聞くと、イタリアのンドゥイヤソーセージやブルーチーズといった珍味や、ラビオリさえも、彼ら的にはスーパーフードであると言います。

 

それでは、不健康そうだけど、本当は健康に良い食品とは?

 

◎紫いも

低炭水化物ダイエットが流行っている時には肩身の狭かったいも類ですが、食事の一部に取り入れる価値は十分あるといいます。

どの種類でもカリウムやビタミンCが豊富で、そして紫いもはとくにベリー類並みのアントシアニンを含有しているようです。

 

◎わさびピーナッツ

ペースト状のわさびには、ストレスに反応して体内防御を強化するイソチオシアネートという成分が入っています。

この成分には抗がん作用の他、血栓の抑制、抗喘息作用もあるそうです。

 

◎卵のピクルス

卵とりんご酢はスーパーフードの常連ですが、卵のピクルスは忘れられがちかもしれません。卵はコリンとビタミンD、ビタミンAの供給源だったりします。

臨床栄養学に関する学術誌 『アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション』によると、ゆで卵にすると目玉焼きやスクランブルエッグよりも、卵の栄養素が逃げないようです。

 

◎バターポップコーン

低カロリーの袋入りポップコーンは一見賢い選択肢のようですが、粉砂糖や香料でコーティングされていることが多いので気をつけてください。

ポップコーンの持つ健康メリットを生かすにはどうしたらいいのか? ペンシルバニアのスクラントン大学の研究によると、ポップコーンには健康増進に役立つポリフェノールが、たいていの果物よりも多く入っているといわれています。

これらの栄養素は健康に良い脂と一緒に摂取すると吸収が良くなるそうなので、オーガニックバターを少しかけて食べるといいのかもしれません。

 

◎ラビオリ

医学雑誌『BMJオープン』で紹介された最新の研究によると、普通にパスタを食べていれば、ボウル1杯のキヌアを食べるとの同じくらい体重が減るといいます。

ラビオリは茹でてから冷やすのがコツです。これで炭水化物がレジスタントスターチに変化して、食欲を抑えるだけでなく、抗がん作用があるといわれている短鎖脂肪酸も増えるといいます。

スーパーマーケットで売っているような3分でできるラビオリなら、簡単に実践できそうです。

 

◎マンゴー

スーパーフルーツの思わぬ競合相手がマンゴーです。普通の冷凍ベリーとは比べ物にならないくらい糖分が高く、その実力はアサイーやクコの実に比べるといまいち不明瞭なところがあるマンゴーですが、2つの利点があるといいます。

オクラホマ州立大学は、マンゴーを食べた肥満の被験者の血糖値が安定したことを発見したのです。もう1つの研究では、二日酔いのマウスにマンゴージュースを与えたところ、二日酔いが治ったということも!

 

◎スパークリングワイン

記憶とアルコールは逆相関関係にある気がしますが、シャンパンに関してはどうもそうでないらしいのです。グラス一杯のスパークリングワインには、加齢と共に衰える記憶力を守る効果があることを、レディング大学の研究グループが発見したのです。

研究者は、ピノノワールとピノムニエのぶどう品種に含まれるフェノール化合物が影響していると考えています。涼しい気候で育ったぶどうは、寿命を伸ばす効果があるレスベラトロールを多く含んでいるそうです。

 

◎ケチャップ

チキンナゲットやフレンチフライに欠かせないケチャップ。この赤いソースには実際多くの利点があるといいます。

『アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション』によると、トマトに含まれる抗がん性栄養素リコピンは生のトマトそのままよりも、トマトペーストにした方が吸収率が2.5倍以上もアップすると発表しています。

さらにリコピンは脂溶性なので、脂と一緒に摂るとより効果的なのだといいます。

 

◎カフェモカ

コーヒーは1日最大5杯までなら、2型糖尿病や心臓病、肝臓がんのリスクを減少させる効果があることが、最近の研究で判明しています。

さらに言うと、試験前にココアとカフェインを一緒に摂取した人は、認知能力と集中力がアップしたことが、アメリカの研究で分かっています。

 

◎ポーク・クラックリング

科学雑誌『プロス・ワン』に発表された、「ほかの食品と食べ合わせたら毎日の栄養目標を達成できそうな食品ランキング」という研究で、豚脂がカリフラワーやほうれん草、にんじんを凌ぐ結果となったそうです。

豚脂には、オリーブオイルにも含まれる心臓に良い脂オレイン酸が、驚くほど豊富に含まれているうえ、ビタミンB群やミネラルがたっぷりだそうです。

 

みなさんも不健康そうだとあなどることなかれ!食事の中にぜひ、取り入れてみてくださいね😄

Amazon.co.jp 送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場 おうち時間が増えた時期、家電を求める方も増えてきます。Gshopperは今の時期に2021年家電大特価キャンペーンを実施し始めています。コスパ最強の掃除機から、健康観測できるXiaomiスマートバンドまで、毎日に使える商品を最大68%OFFで提供しております。是非チェックしてください!