「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

日本の台風予報の歴史

2019年に日本列島に上陸した台風19号は東日本各地に甚大な被害をもたらして去っていきました。吹きすさぶ暴風、そして降り続く雨に河川は氾濫して浸水により多数の死者やケガ人が出し、救助作業、復旧作業が懸命に続けられました。

 

そんな、台風列島でもある日本だからこそ、台風予報は欠かすことはできません・・・

 

日本で台風予報が始まったのは戦後のことです。当時は扇形をした予報円で、予報できる時間も僅かに24時間先までが限界だったのです。

 

それから半世紀が立ち、今では5日先まで予報できるようになりました。日本の台風予報は世界トップクラスの精度を誇っていて、それを支えているのが気象衛星ひまわりです。

 

台風は発生してから消滅するまでのほとんどを海の上で過ごします。広い太平洋に気象観測を行う場所はほとんど無く、もちろん台風に近づくことは難しく、出来ません。衛星ひまわりが観測した回転する雲の動きから、風の強さや気圧を観測しているのです。

 

もし、気象衛星が存在しなかったら今でも台風予報は昔のままだったのです。衛星が無かった時代はどのようにして台風予測をしていたのか?それは今も分かりません・・・

 

台風の雲は直径1000キロに達し、その厚みは約10キロほどあります。そのフワフワした雲がなぜ、あれほどの暴風雨をもたらすのでしょう。発達した雨雲を作り出してしまうメカニズムに我々は困惑するばかりです。

 

台風とは変幻自在に姿を変えて私たちに襲いかかる、まるでつかみどころのない怪物なのかもしれません・・・

Amazon.co.jp 送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場 おうち時間が増えた時期、家電を求める方も増えてきます。Gshopperは今の時期に2021年家電大特価キャンペーンを実施し始めています。コスパ最強の掃除機から、健康観測できるXiaomiスマートバンドまで、毎日に使える商品を最大68%OFFで提供しております。是非チェックしてください!