「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

今、カセットテ-プの値段が高騰している?!

カセットテープは、20世紀後半に広く普及しました。そして安価なこともあって、レコードのダビングやラジオ番組の録音などの用途で幅広く使われていました。

 

しかし、1980年代に台頭したCDやミニディスク(MD)の登場によって、陰の存在となっていったカセットテープは、2001年に生産が終了しました。

 

しかし、ここ数年でカセットテ-プの再評価が始まっているというのです!!

 

なぜ、今となって価格が高騰しているのでしょうか?

メーカーが生産終了しているので、カセットテ-プの未使用品が減って価格が高騰しているのです。特にカセットテープの中でも音質が良いとされるメタルテープが人気なのです。もともとの値段は数百円程度ですが、店によっては7,000円~15,000円という価格で販売しているといいます。

 

メタルテープの生産が終了した2001年以降も一定数の需要はあったようですが、今から数年前に海外の有名アーティストがカセットテープで音源を発売したことがキッカケで改めて人気に火がついたといいます。それによって、今までカセットテープを手にしたことがなかった世代にも広く認知されていったのです。

 

これはリ・バ・イ・バ・ルヒットです💨

幅広い世代の客がカセットテープを購入しており、高齢のユーザーは昔から使用しているオーディオ機器の録音、若い世代は自分たちのバンドの演奏を録音するといった具合に、様々な用途で使用されているというのです。

 

そしてネットでは、「いまそんな感じになっているのか」「普通に売っていたときと価格が違う」など驚きの声が多くあがっているようです。

 

もしかすると、みなさんの家の中にカセットテープというお宝が眠っているかもしれませんよ!さぁ、早く探してみてください😉

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍