「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

暗いところで本を読むと本当に目が悪くなるの? 

苦労して勉学に励んだその成果のことを「蛍雪(けいせつ)の功(こう)」といいますが、その言葉の起源は、家が貧しくて照明用の油を買えなかったことから、夏には蛍の光で、冬には雪に反射する光で勉強し、ついには出世したという中国の故事にちなんでいるのを知っていますか?

 

しかし、そのように暗いところで本を読んだり、勉強したりして、昔の人は目が悪くならなかったのでしょうか。

 

実は、暗いところで本を読むと目が悪くなるということに医学的な根拠はないのです。現在では、近視の進行に影響しているのは、親から受け継いだ遺伝的な因子のほかに、長時間、連続して近くを見ることなどで生じる、環境的な因子であることが判明しています。

 

ただ、暗いところでどんなにパソコン作業や読書をしても、まったく視力が低下しないわけではないのです。暗いところでは、かなり近い距離からパソコン画面や本を見ることになるため、そのことが目を悪くする原因になり得るのです。

 

また、人の目は、近いものを見るときと遠いものを見るときで、それぞれ異なる調整を行なっているのです。特に、暗い場所ではその力が余計に必要となるため、目の疲れにつながることは間違いありません。まだ成長の過程にあって、近視が進行中の子どもの場合だと、余分な調整を持続的に強いられることで、近視がより進行する可能性があるため、暗いところでの読書は極力避けた方が良いのです。

 

視力低下を防ぐためには、部屋の明るさに関係なく、長い時間、近い距離でパソコン作業や読書などを続けないこと。同じ作業時間でも、細切れで作業すると目が疲れにくいため、長時間作業する場合は、時々休憩をとってしっかり目を休めることが重要なのです😊。

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍