「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

電子レンジがなくなる日 世界初のIHクッキングヒータ-

もし、冷凍庫から取り出した魚をレンジで解凍することなく、すぐグリルで焼くことができたら・・・。

 

そんな声に応えた製品を三菱電機が発売しました。レンジ機能を兼ね備えた世界初のIHクッキングヒーター「レンジグリルIH」、網式でないフラットタイプのグリル部分を、レンジとしても使えるのです。

 

日本で初めてIHクッキングヒーターを発売したのが三菱電機です。主力商品として売り出し中の「レンジグリルIH」は10年以上の歳月をかけてレンジ機能を一体化させました。こうした商品の普及によって、やがては、日本のキッチンから電子レンジがなくなる日が来るのも、そう遠くないかもしれません。

 

2020年11月、三菱電機が発売した、レンジ機能を兼ね備えた世界初のIHクッキングヒーター「レンジグリルIH」は、冷凍の肉や魚を焼くなら、グリルの「焼く」という作業と、レンジの「加熱」の作業を同時にでき、調理時間を短縮できます。

 

冷凍の魚を焼く場合、レンジで解凍してからグリルで焼くのが一般的です。レンジグリルIHなら、冷凍したままの魚をいきなりグリルで焼くことができ、もちろん、冷めた料理を温めるなどレンジ機能を単独でも使えます。

 

効率的に料理をするうえで理想的とされるのが、冷蔵庫とシンク、グリルコンロの配置場所が三角形をなす「キッチントライアングル」です。

 

それぞれの位置が離れていたり、いびつな三角形になっていたりするほど、料理をする人の動線には無駄が生まれ、調理の所要時間も長くなる傾向にあります。レンジも、このトライアングルの動線上にあればより効率的です。レンジグリルIHはレンジの機能も兼ねるので、さらに料理をしやすくなるのです。

 

IHヒーターにフライパンを置いてハンバーグの表面を焼いた後、中まで加熱するためレンジを使うケースでも、レンジグリルIHならヒーターからその下のグリルにフライパンを移動させれば済んでしまいます。レンジが離れた場所にあるときはその移動が手間になります。

 

2020年11月の発売以降、売れ行きは月1千台程度とまずまずの数字で、販売台数は増加傾向にあります。希望小売価格はコンロが2口のタイプが32万円、3口のタイプが35万円(いずれも税抜き)。

 

ビルトイン型が9割以上を占めるIHクッキングヒーターを購入するのはたいていは、新築やリフォーム時で13~15年に1回程度と頻度は高くありません。この数字はそのわりに健闘している証拠といえるでしょう。

 

三菱電機によれば、調理機器で最も使用頻度が高いのがレンジだということです。購入客からは「レンジの“渋滞”を解決できた」「調理時間がより短くなった」といったうれしい反応が届いているようです。

 

レンジ機能を備えたIHクッキングヒーターの商品化は各社が開発を競ってきた経緯があります。もともとIHクッキングヒーターの電圧は200Vと高いために、レンジ機能を兼ねても堪えられる、というのが開発者たちの共通する見方。レンジとIHクッキングヒーターを兼ねる製品を作れば、高い電圧を効率的に使うことにもつながるのです。

 

三菱電機では2000年代半ばに構想が生まれ、今から3年ほど前に本格的に商品化に向けて開発が進められてきました。共働き世帯の増加による時短調理機器のニーズが高まるとの判断からです。

 

開発で苦労したのは、レンジに使用される各部品が大きく、そのままではIHクッキングヒーターの内部に搭載できない点でした。

 

そこで、開発者は改良を重ね、65ミリあった制御基板の厚さを20ミリにして薄型化を図りました。ただ、薄型にするほど部品が敷き詰められ密になります。レンジは加熱機器のため、熱がたまりやすいのです。薄型化と同時に通気性の良さを実現させなければならない点は特に難しかったといいます。

 

家電の技術開発はもうすでに限界に達しているといわれています。新しさを追求するといっても、基本機能は変わらず、マイナーな付加価値機能を加えるので精いっぱいのように見えるケースが多いのです。

 

最新型のレンジはさまざまな料理を作れるなど多機能になっていますが、実際は多くの人が温めの機能しか使っていないというのが現状です。付加価値が付いても、それが利用者の求める機能になっていないことが多々あります。

 

今回のレンジグリルIHは基本機能にも変化をもたらした点が際立つのかもしれません。利用者の悩みごとをストレートに解決できる製品になったのです。発売前のマーケティング調査で、強いニーズがあると踏んでいたようです。

 

1974年に国内で初めてIHクッキングヒーターを発売した三菱電機。複数のラインアップがある中で、こん身のレンジグリルIHを主力製品に位置付けます。レンジを備えたIHクッキングヒーターが今後はスタンダードになりそうな予感がします。

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍