「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

日本の「折り紙」技術が宇宙で応用されている!? 

紙を「折る」という手法で、さまざまな形をつくり出す「折り紙」。その始まりは、供物や贈り物を包んだとき、美しく折って飾るための「儀礼折」とされています。

 

その後、江戸時代になって紙の生産量が増えたこともあり、折り方そのものを楽しむアートとして、広く庶民のあいだに浸透していきました。やがて、明治時代に入ると幼稚園教育にも取り入れられ、現在では世界各地で愛好されています。

 

このようにして、伝統的なアートとしてのイメージが強い折り紙ですが、最近では本格的な数学的解析のテーマとして取り上げられているのです。クルマのエアバッグから変形するロボットから、人体組織工学にいたるまで、折り紙の発想と現代のテクノロジーが統合されることで、新たな成果が次々に生まれつつあるのです。

 

実は、この折り紙の技術は宇宙開発にも応用されています。アメリカ航空宇宙局(NASA)からも注目されるテクノロジーの一つとなっているのです。

 

その代表例が、東大名誉教授の三浦公亮(こうりょう)氏が考案した「ミウラ折り」です。縦の折り目にジグザグに傾斜をつけることにより、折り目が重ならずコンパクトにおさまる特殊な折り方で、折り畳んだ一端を引くだけで、全体を一気に開けるという特徴があります。

 

この画期的な折り方は、1995年に打ち上げられた日本の科学衛星「宇宙実験・観測フリーフライヤ」の太陽電池に採用され、大きな成果を上げました。技術的に見れば、今だに開発の初期段階といわれていますが、その可能性には大きな期待が寄せられているのです。

 

2014年にNASAのエンジニアが行なった発表によると、将来、金星上空にミウラ折りの技術を応用した浮遊基地を建設する構想が練られているということです。

 

日本発折り紙が、世界の注目を浴び、愛されているだなんて、日本人として誇らしい気持ちになりませんか?😊

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍