「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

41万冊の蔵書数を誇る明治大学の「マンガ図書館」

『沈黙の艦隊』のかわぐちかいじ氏や『3×3 EYES(サザンアイズ)』の高田裕三氏など、有名なマンガ家を輩出してきた明治大学。50年以上マンガを収集してきた内記稔夫氏のコレクションを所蔵する「現代マンガ図書館」や、マンガやサブカルチャーの出版物を扱う「米沢嘉博記念図書館」といった、マンガの施設も充実しています。2021年春には「現代マンガ図書館」が移転して「米沢嘉博記念図書館」と窓口を一体化され、日本一の規模を誇るマンガ図書館が誕生しました。

 

両館を合わせた所蔵数は41万点以上にのぼります。約6万冊の単行本をはじめ、約2万冊の同人誌、マンガ週刊誌のバックナンバー、評論本など取り扱う種類は実に幅広いです。膨大なアーカイブは、同大学の学生だけでなく、なんと一般の人も閲覧可能です👍

 

主に、マンガの研究者、特定の作家や作品のファン、フラッと立ち寄るマンガ好きといった方々にも利用されています。お探しのマンガがあれば、まずWebサイトの蔵書検索などからお問い合わせることができます。

 

最近ではフランスやベルギーなどの地域で親しまれているマンガ「バンド・デシネ」の企画展を開催し、普段は書庫に眠っていてお目にかかれない、レアなコレクションの数々が〝蔵出し〟されたのです。

 

バンド・デシネは、時間をかけて1つの本を完成させるような中面が多く、きれいな絵をじっくりと眺めながら理解を深めたくなる作品がたくさんあります。日本のマンガとは、ひと味違った雰囲気😊。

 

今回の企画展ではバンド・デシネに造詣の深い原正人さんが監修し、1階で紹介されている作品をはじめ、館所蔵の200冊以上を2階の閲覧室で読めるようにしています。

 

邦訳のバンド・デシネはサイズが大きく、1冊当たりが高価なものも多いです。なので、ぜひこのような機会にバンド・デシネの新しい読書体験を気軽に楽しんでみるのもいいかもしれませんよ🙆だって、読書の秋ならぬ、マンガの秋😅

 

「米沢嘉博記念図書館」は、1Fの無料展示室と、1日会員として入館料330円を支払うと利用できる閲覧室があります。後者では1冊110円で、目当ての蔵書を閲覧できる仕組みです。住所:東京都千代田区神田猿楽町1-7-1

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍