「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




世界

日本でなじみの「定番中華」と本場の「中華料理」の違い

中国人が日本に来てまず驚くのは、日本の中華が本場のものとはまったくの別物だということだそうです。

 

もちろん、日本でも本格的な中華料理を出す店はたくさんありますが、みなさんが知っているポピュラーな中華ほど、その差は大きいのです。

 

例えば、中華丼、中華炒め、冷やし中華といった、名前に「中華」のつくメニューのほとんどは日本のオリジナルであって、中国には存在しないのです。そして、冷やし中華にいたっては、「なんだ!? この酸っぱいサラダ麺は?😱」と味も具材も中国人にとっては驚きのシロモノなのです。

 

天津名物「狗不理包子」。肉まんと小籠包の中間のような逸品で、あの西太后も絶賛したと言われています。
​​​​

また、日本では有名な天津飯や天津甘栗にも中国人はびっくりするといいます。天津飯など中国には存在しませんし、甘栗は中国語で「糖炒栗子(タンチャオリーズ)」といい、天津の特産ではないのです。

 

日本では、主にトロ~リとしたあんかけ風やごま油風味の料理を「中華~」と名付ける傾向にあるようです。

 

また、かつて中国の様々な物資は、伝統的な海外出荷拠点である天津港から日本へ輸出されていたことから、天津はある意味、中国の代名詞的存在だったようです。

 

中国にも名前に「日本」のつく有名な食品があります。その代表格が日本豆と日本豆腐です。

 

日本豆は日本の鶯ボールに似たお菓子で、日本豆腐は卵豆腐です。どちらも日本から伝わった食品だといわれています。

 

日本で中華の定番といえば青椒肉絲(チンジャオロース)、麻婆豆腐(マーボードウフ)、回鍋肉(ホイコーロー)、酢豚、エビチリなどありますが、中でも、麻婆豆腐とエビチリのあまりの日本化に、中国人は驚きます。

 

日本の麻婆豆腐は微かに辛い味噌豆腐炒めです。一方で、本場の麻婆豆腐は唐辛子や花椒をたっぷり使った、舌がしびれる辛さがたまらなく美味な逸品です。最近は日本でも辛口が登場していますが、中国人にとってはそれでも辛さは不足しているのです。

 

エビチリは中国語で「乾焼蝦仁(ガンシャオシャーレン)」といいます。本場中国では豆板醤を使ったピリッとした辛さが特徴なのですが、これが日本ではトマトケチャップを使ったまろやかな味です。

 

麻婆豆腐にしてもエビチリにしても、見た目はなんとなく似ているので、口に入れた瞬間、その味の違いに「え!?何?」と驚くのです。

 

中国では屋台にずらりとヒトデ、サソリ、内臓などが並びます。見た目を考えず食べると美味なものも少なくないのです。

 

中華の食材のレパートリーは様々で、カイコ、サソリ、ヘビ、カエル、豚の脳みそなどは、いたって日常的なものとして親しまれていて、屋台やレストランで驚く日本人は少なくありません。

 

また、中国で肉といえば、豚、牛、鶏と同レベルで羊が食べられています。日本人は羊と聞くと「臭いがキツくて苦手……」という人は少なくありませんが、なんと中国の羊肉は臭みが少なく、ホロリとやわらかくとても美味で、日本人は逆に良い意味でびっくりします。

 

その一方で、馴染みのある食材でも日本人には想像もつかない取り合わせで作られる料理もあります。その代表的なものが、糖拌西紅柿(タンバンシーホンシー)です。

 

一見、塩トマトのように見えるのですが、かかっているのは、塩ではなく、砂糖です。最初、「なんだこれは?」と驚く日本人は少なくありませんが、何度も食べているうちに慣れていくのです。

 

その他にも料理以外でも食にまつわる違いがあり、その代表格が存在します。

 

まず1つ目が、カップラーメンです。中国のカップラーメンにはフォークが必ず中に入っていて、それを初めて見る日本人は驚きます。一方で、中国人が日本でカップラーメンを買って食べようとすると、「フォークがない! どうやって食べるんだ?」とびっくりするのです。

 

2つ目はお酢です。日本でお酢といえば普通は米酢ですが、中国では黒酢のことを指します。中国で餃子を食べるときは黒酢で食べ、ほとんどのレストランに常備されているのは黒酢だけで、米酢は用意されていないのです。

 

3つ目はビールの温度です。中国でビールを普通に頼むと、常温のビールが出されます。冷えているビールを飲みたいときは、「冷やしたビールをください」と言わなければならないのです。一方、日本では普通に冷たいビールが出てくるわけですが、冷やした飲み物は体に悪いと考える中国人は少なくなく、戸惑ってしまうのです。

 

カルチャーショックですね😅

お誕生日祝い ギフト に最適 送料無料 鈴蘭 [すずらん] セット 小籠包 餃子 冷凍 | 贈り物 食べ物 高級 詰合せ ギフト 肉まん 内祝 お返し 内祝い プレゼント 聘珍樓 聘珍楼 点心 飲茶 横浜中華街 お土産 中華 中華料理 惣菜 中華惣菜 お取り寄せ

価格:5,010円
(2021/3/13 09:26時点)
感想(105件)

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍