「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

2022年発売!電気のスバル車「ソルテラ」その実力はいかに?

スバルは2021年11月11日、新型電気自動車(BEV)の「SOLTERRA(ソルテラ)」プロトタイプ車両のワールドプレミアを行いました。

 

それは果たして予想どおり? それとも意外だったのか?

 

同車は2日前の2021年11月9日にトヨタがプロトタイプを日本で初公開した「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」の兄弟車となるモデルで、トヨタとの共同開発で生み出されたEV専用プラットフォームが採用されています(トヨタではe-TNGA、スバルでe-Subaru Global Platformと呼びます)。

 

ボディサイズは両者ともに、全長4690mm×全幅1860mm×全高1650mm×ホイールベース2850mmで、最小回転半径は5.7mとなっています。サイズ感としては「ハリアー」や「フォレスター」に近いのです。

 

スバルは、2005年にスタートしたトヨタとのアライアンスにより「仲良くケンカしよう」を合言葉に、チーム全員が正直に、妥協せず、納得するまで議論を繰り返し、開発に挑んでいると言い、今回のbZ4X/ソルテラは、86/BRZ、GR86/BRZに続くアライアンス第3弾モデルとなります。共同開発ではあるものの、生産はすべてトヨタが担当すると発表されました。

 

ワールドプレミアで登壇したスバルの代表取締役社長、中村知美氏は「スバルの強み、トヨタの強みをそれぞれが惜しむことなく持ち寄り、互いの技術者が切磋琢磨することで本当にいいクルマ、いいEVが完成しました!」と自信を示しています。

 

そして、「このかけがえのない大地をもっと楽しむためのEV。それがこの、ソルテラです」と説明したのです👍

 

ソルテラという名前は、ラテン語で太陽を意味する「SOL」と地球・大地を表す「TERRA」を組み合わせた造語だといいます。「私たちを育み、私たちが暮らす、守るべきこの大切な大地と地球。その美しい大地に降り注ぎ続ける太陽の光」との想いが込められたものです。

 

ソルテラが果たす役割は、単なる「BEVの新型車」というだけでなく、電動化が進むこれから「スバルが生み出していくEVの礎」となることにあります。だからこそ「BEVになってもやっぱりスバルだ!と感じてもらえるクルマを」という強い決意で開発が行われたのです。

 

同じくワールドプレミアに登壇したソルテラ開発責任者である小野大輔氏は、次のように説明しています。

 

「お客様がこれからのEVに期待するものとは何かを真剣に考え、『環境・社会・未来への期待』『日常への期待』『非日常への期待』『自分自身への期待』というお客様が持つEVへの4つの期待に応える、さらにはその期待を上回るクルマを目指してソルテラを開発しました」

 

デザインは、「次世代のクルマらしい先進感」を表現したものです。スバルのアイデンティティであるヘキサゴングリルがシームレスな造形となりましたが、これはBEVらしいエネルギー効率を表現したものだといいます。

 

そのグリルから始まる水平軸の通った力強いボディや、ボディの内側から張り出すダイナミックなフェンダーは、SUVらしい力強さとAWD性能を主張していると説明しています。

 

近年、スバル車のアイデンティティとなった“Cシェイプ”のヘッドランプには、スバル初となる複数プロジェクターによるロービームが搭載され、デザイン上のアクセントにもなっています。

 

インテリアでは高さを抑えたインパネと、ステアリングホイールの上から見る“トップマウントメーター”が、実に特徴的です。これによって、前後への広がりと開放的な空間を実現したといいます。

 

開放的な空間という点では荷室も同様で、SUVに求められる性能の1つとして、ゴルフバッグなら4個、大型のスーツケースなら3個を積載できる広さを確保しています。後席を倒せば、マウンテンバイクも積載可能です✌

 

機能面では、スバル初採用となる全自動駐車支援機能も新しいです。これは、駐車時に必要なステアリング/シフト/アクセル/ブレーキをシステムで制御し、駐車をシステムが自動で行ってくれるものです。

 

また、BEVならではの新しい価値としての先進性やコネクティビティにもこだわったといい、12.3インチの大画面を持つマルチメディアシステムをそのインターフェイスとしています。

 

このマルチメディアシステムには、Apple CarPlay/Android Autoが搭載され、スマートフォンをワイヤレス接続することにより使用できます。また、スマートフォンの充電に使える非接触式充電器も装備されています。

 

またスマートフォンをクルマのキーとして使えるデジタルキー機能も採用され、ドアのロックやプッシュスタートによるクルマの起動ができます。また、先程の全自動駐車支援機能も、車外からスマートフォンで操作可能です。

 

これらではスマートフォンアプリによって行われ、窓の開閉やドアの開閉、施錠、空調予約の設定などもリモートでできるようになっています。

 

クルマの基本性能を決定づけるプラットフォーム「e-Subaru Global Platform」は、現行「インプレッサ」や「フォレスター」に用いている「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」の知見を活かしてEV用に開発されたものです。

 

バッテリーを最大限に搭載し、さらにバッテリー自体を骨格の一部に活用することで、従来以上の強度と高剛性を実現しました。操縦安定性の向上に貢献し、意のままに操れるスバルの走りを実現したといいます。

 

重量部品であるバッテリーをキャビン(車室)の下に配置するBEVは、衝突時に求められる構造や強度がガソリン車とは異なりますが、各部位の骨格形状や材料強度を最適化することで、ボディを軽量化しながらも高い衝突安全性を実現できたのです。

 

従来のガソリン車にはないBEVの新しい価値として、低速から最大トルクをレスポンスよく発揮するパワーユニット「eAxle」を搭載。発進時の出足のよさや踏み増したときの力強さ、アクセル操作に対するレスポンスやシームレスな加速など、BEVならではの走りを楽しむことができる!と説明されています。

 

ドライブモードセレクターによりエコ/ノーマル/パワーの3モードが選択でき、さらにステアリングのパドルで回生ブレーキの強さをコントロールして、減速特性を強めたり巡航距離を延ばしたりする機能も搭載されています。

 

スバルといえばAWD(4WD=全輪駆動)ですが、トヨタと共同開発されたソルテラも例外ではなく、AWDを採用しています。BEVならではのAWDとして、前輪と後輪をそれぞれ別のモーターで駆動するシステムを採用したことが新しいポイントです。

 

フォレスターや「XV」など、ほかのスバルのSUVモデルと同様に、悪路での安心感を高める「X-MODE」も搭載。また、新たに悪路でも車両を安定させながら一定速度での走行を可能にする「Grip Control」も追加されています。BEVとはいえ、SUVとしての走破性をもたせているのです。

 

BEVといえば気になるのは航続距離ですが、ソルテラの1充電走行距離(WLTCモード、日本国内向け基準)ではFWDモデルが530km前後(bZ4Xは500km前後)、AWDモデルでも460km前後と十分です。

 

この点について小野氏は、「BEVはガソリン車と比べると、お客様に不安を感じさせることがありました。特に多いのが航続距離やバッテリーに関する不安です。ソルテラでは大容量のバッテリーを搭載し、日常的に使用する距離を十分カバーできる航続距離を確保しています」と話しています。

 

航続距離を確保するため、ソルテラは少ない電力で素早く温まるシートヒーターやステアリングヒーター、消費電力の少ないヒートポンプ方式のエアコンを採用しているといいます。

 

また、ユーザーの不安要素の1つ、バッテリーの寿命についても、電池の材料や電子制御の工夫により、10年後でも十分な電池容量を維持できるようにしていると、不安を払拭する内容になっています。

 

500km前後という航続距離を含め、ソルテラはこれまでのガソリン車ユーザーからの代替ニーズに応えられるだけの内容にはなっているようです。

 

しかし、実際に新たな選択肢となりうるかは、そう!価格次第です。

 

現在のところ、まだ価格には触れられておらず、bZ4X/ソルテラともに2022年半ばまでに、日本、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、中国などに導入予定とアナウンスするにとどまっています。

 

つまり、同モデルの存在価値を考えるには、もう少しだけ続報を待たねばなりません👍

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍