「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




世界

15歳で戦場ジャーナリストになった少年

ムハマド・ナジェムはシリア出身のジャーナリストです。
シリア内戦を現場からリポートしていた彼。彼はその時、15歳でした・・・

 

シリア内戦下で、爆撃と隣り合わせの生活を世界に発信し続けたその少年。彼は苦しんでいる人々の声をこれからも届けたいと思っています・・・

 

8歳になるまで、彼はごく普通の幸せな子供時代を母国シリアで送っていました。家族と一緒のシンプルな暮らし、シリアは美しい国だったのです。

 

しかし2011年、内戦が始まり、日々の暮らしは厳しいものとなりました。彼らが住む首都ダマスカス近郊の東グータは政府軍に包囲され、避難することもできなかったのです。

 

シリア各地で爆撃やミサイルや化学兵器による攻撃が繰り広げられました。グータでも化学兵器が使われ、赤ん坊や子供や大人が世にも残酷な方法で殺されたのです。彼は家族と、生き埋めになりませんように・・・と祈りながら防空壕で長い時間を過ごしました。アサド政権は彼らの暮らす地域への食料や水、医薬品などあらゆる必需品の輸送を妨害したのです。

 

爆撃の恐れがあり、通学には危険が伴いました。学校は何度も爆撃を受け、授業のために地下壕が造られました。

 

地下壕での授業は2年ほど続きました。子供にとってそれはつらい環境です。結局は地上の校舎に戻りました。爆撃も死も破壊も子供たちの心に大きな傷を残しましたが、それでも彼らは戦争のせいで教育の機会を失いたくなかったのです。だから、彼は学校に通い続けました。

 

2015年、彼が13歳の時に父は爆撃で命を落としました。兄がジャーナリストだったため、彼もその仕事に関心を持ちました。そして家族と話すなかで、友達の苦難やシリアの実情について世界に伝えることは僕にもできると気が付いたのです。

 

彼は自撮りで動画撮影を開始しました。兄がWi-Fiにつなぐ方法を考え、SNSを使って世界に動画を送り出すようになりました。もちろん、戦場記者としては世界最年少クラスです。シリアの悲劇の真実を発信できたのは彼の誇りとなりました。

 

2018年、彼は難民としてトルコに出国することができました。トルコに着いた時、彼は泣きました。大声で泣きました。危険は去りましたが、生活は大変でした。言葉も人間も環境もシリアとは全然違うからです。

 

彼は今も、トルコの自宅から変化を起こそうと頑張っています。シリアには彼に動画を送ってくれる人たちがいます。彼自身も兄とシリアに行き、現地で見たものを記録し続けました。

 

最近では世間からも注目されるようになってきました。世界にメッセージを届け、人々の助けになるべく、仕事の幅を広げようと努めています。そんななかで彼はアンジェリーナ・ジョリーと会えたのです。

 

彼女もまた、子供たちを助けるために、子供たちと共に働いていることに、彼は感銘を受けました。アンジェリーナと話をし、アムネスティ・インターナショナルの子供の権利に関する本『権利を知り、主張しよう――若い人たちのためのガイド』の仕事を一緒にやれたのは彼にとって素晴らしい体験でした。

 

彼の最大の夢は、平和になったシリアに戻り、国の再建に力を貸すことです。そして、勉強して大学に行き、シリアで友人たちと一緒に生活することです。

 

彼は昔はプロのサッカー選手になりたかったのです。しかし戦争でその夢は断たれました。だから今は、教育を受けて、ほかの若い人たちが声を上げるのに力を貸すすべを見つけたいのです。

 

シリア内戦が終わっても彼は報道には携わり続けるでしょう。リビアやイエメンといった国々には今も苦しんでいる人々がたくさんいます。

 

戦争は僕の国だけで起きているわけではないから・・・

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍