「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




宇宙

今夜こそ銀河の成り立ちの謎を明かせたら・・・

みなさんは銀河って、どうやってできるか知っていますか?

 

筆者も分かりません・・・

 

いくつか仮説がある中で、実際どれが正しいのかはまだ分かっていません。大きい銀河、小さい銀河、楕円形の銀河、うずまき銀河など、いろいろな種類の銀河がどのように形成されるのかも、詳しいことは分かってはいないのです。

 

銀河の成り立ちは謎が多いのですが、このたびその解明の糸口になりそうな発見があったのです。

 

なんでも、小さいと思われていた大昔の銀河のまわりには、想定されていたよりも3~5倍ほど大きな「ダークマターハロー」が取り巻いているそうなのです。

 

その「ダークマターハロー」って何でしょうか?

 

新たな発見があったのはTucana II(きょしちょう座矮小銀河)と呼ばれる比較的小さな銀河です。

なんと地球から16万3000光年!離れたところにあります。Tucana II銀河の恒星はみな金属量が非常に低いことから、鉄などの重い金属元素が生成されていなかった頃の初期の宇宙に誕生したと考えられています。

 

したがって、Tucana IIも宇宙が誕生してから最初に、できた銀河だと考えられているのです。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の宇宙物理学者・Anirudh Chiti教授を筆頭とした研究者チームが、Tucana IIの星がどれぐらい古いのかを調べることで初期の銀河のなりたちを明らかにしようとしたそうです。

 

そこで、オーストラリアにあるスカイマッパー望遠鏡のイメージフィルターを通して鉄含有量が低い星を探し出して、さらにアルゴリズムをかけてもっとも金属量が低い=もっとも古い星を割り出しました。

すると、2014年にすでに発見されていた観測史上最古の恒星に加えて、同様に古い恒星を新たに9つ発見したのだそうです。

 

しかし、新しく発見された星たちは銀河の中心部から遠く離れたところにありました。あまりにも遠いので一見銀河と関係がないように見えますが、まるで排水口のまわりをぐるぐる回る水のように他の星たちと連動しているために、まぎれもなくTucana IIの一部だと分かったそうです。

 

なぜ、銀河の中心からそんなに遠く離れていても銀河の外へ投げ出されないのか?その謎を説明できるのが「ダークマターハロー」なのです。

ダークマターハローは、平たく言うなら物質の集まりのことです。ダークマターと、普通の物質でできたガスや塵が集まっている領域で、見えないながらも銀河の一部として存在し、強い重力を及ぼして天体の動きを支配しています。

 

ダークマターハローがあるからこそ、銀河の外縁に存在している恒星も銀河の重力から逃げ出せないのです。このダークマターハローの存在を考慮して、Tucana IIは以前考えられていたよりも3倍から5倍の大きさであることが分かったそうなのです。

 

銀河がその形を保つためには、電磁波から観測できる物質よりもはるかに多い量の物質が必要となってくるのです。このことからも、銀河を束ねている物質としてダークマターの存在が仮定されるようになったのです。

 

ダークマターが存在しなければ、銀河の外縁に位置している天体、もしくは銀河そのものが回転しながらばらけてしまうのです。

宇宙で最初に誕生した銀河は以前考えられていたよりもずっと大きなダークマターハローを持っていることが示唆される結果でした。

 

これまでの通説では初期の銀河は小さくて弱いものだと考えられていましたが、実は私たちが考えていたよりも数倍大きかったかもしれない、全然小さくなんてなかったかもしれないのです。

 

さらにもうひとつの発見もありました。

 

今回見つかった最古の恒星はTucana IIの中心から遠く離れたところにあり、中心部に位置している恒星よりもさらに古いことが分かったのです。

通常ならこの逆で、このような恒星の配置が矮小銀河内で確認されたのは初めてだそうです。このことからも、Tucana IIは元はふたつの銀河がぶつかって混ざり合った結果なのではないかと推測されるそうです。

 

Tucana IIは銀河の共喰いの事例として最古かもしれないそうで、ひとつの銀河がそれよりも原始的で小さい銀河を飲み込んで、小さいほうの銀河の恒星を外縁に向かってばらまいたと考えられます。

 

Tucana II銀河そのものも、いずれは天の川銀河に吸収合併される運命にあるようで、その天の川銀河でさえ、早ければ30億年後にはお隣りのアンドロメダ銀河と混ざり合ってひとつの銀河になると考えられています。

 

宇宙の進化とともに銀河の大きさも進化してきたのは、この「共喰い」によるところが大きいのです。

 

銀河の成長のしかたについて、現在もっとも有力視されている「コールドダークマターモデル(CDMモデル)」では、初期の宇宙に密度の揺らぎがあったためにインフレーション時に小さな物質のかたまり(ハロー)ができはじめ、その重力に引き寄せられてガスや塵がどんどん集まってやがては星が生まれ、星が集まってやがては銀河ができ、その銀河同士が合併を繰り返す中で大きく成長してきたと考えます。

 

しかし、そもそも初期の銀河が小さくなかったとしたら、どうなるのでしょう・・・

そこから先は・・・???

 

今後、銀河の成り立ちを解明していく上で、ダークマターは重要な鍵となりそうな気がします😊

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍