「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

長寿命なはずの「LED電球」が、すぐ切れる不思議

ひと昔前までは、電球といえばフィラメントを用いた「白熱球」でしたが、時代は過ぎ今や「LED」が主流となりました。電気エネルギーを可視光線に変換するときの効率は、白熱球は10%、蛍光灯は20%程度が相場ですが、LEDは40%とも50%ともいわれます。しかも長寿命ですから、価格がこなれてきた現在、急速にLEDへと置き替えられています。

 

LEDは、ソケットに装着するタイプの「LED電球」であれば、実に簡単に白熱球を置き換えることができます。しかし、その利用方法に注意しないと長寿命というLEDの最大メリットが台無しになりかねないのです😵

 

LEDの注意点のひとつは、浴室などに設置されているカバーで覆われた密閉型器具で利用することです。LED電球は発光部と電源部によって構成されていますが、LEDの光にはほとんど熱が含まれないため問題が生じにくい発光部はともかく、電源部は発熱しやすいため、うまく放熱できない場所・湿気の多い場所に設置すると基板にダメージを受け、寿命の短縮につながってしまうからです。

 

もうひとつは、天井照明で見かける「ダウンライト」として使うことです。天井に嵌め込むような構造上、断熱材で覆われることが多く、やはり熱がこもりがちになってしまいます。

 

では、そのような場所に取り付けたLED電球は長寿命を諦めなければならないのかというと、答えはノーです。

 

密閉型器具に対応したLED電球、断熱材施工器具に対応したLED電球であれば、熱対策が考慮された設計がなされているため、寿命が極端に縮まることはありません。

LED電球を導入するときには、事前に設置場所を確認して、必要であれば密閉型器具対応・断熱材施工器具対応の製品を選ぶようにしましょう😉

 

導入するなら、メリットはぜひ活かしたいですよね🙌

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍