「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




歴史

きめ細かく鮮やかな花鳥画を描いた江戸時代の画家 堀江友声

江戸時代を代表する画家の一人、堀江友声(1802~1873)は、写生にもとづき鮮やかな色を使って、花や鳥などをきめ細かく描きました。

 

友声は、現在の島根県雲南市に生まれました。小さい頃から絵を描くことが大好きな子で、15歳の時、京都へ行き、日本の画家集団の中でも最も大きな狩野派や、京都で大きな勢力だった四条派の写生を重視した絵を学びます。

 

10代から20代と、絵を描くために各地を歩いた後、1830年に再び京都を訪れ、頼まれて約1年間ほど、安土桃山時代から続く絵の名門、海北家の養子になります。京都の画家集団の中において高い評価を受けていました。

 

公家の養女が、第13代将軍であった徳川家定に嫁ぐ際の贈り物を描く名誉も授かっています。

 

その後、京都府の北部、日本三景の天橋立で有名な宮津城下で数年を過ごし、数多くの作品を世に残しました。

 

宮津藩から藩士として待遇したいとの話が出るほどだったのですが、それを断り古里へ帰ってしまったのです。

 

この後の10年間に出雲地方の各地で作画活動し、優れた絵をたくさん残したと考えられています。円山派創始者の円山応挙たち「京都風」絵画などを、愛好者の求めに応じて描きました。

 

1851年には、現在の島根県安来市広瀬町周辺を本拠地とした広瀬藩の松平家9代藩主であった松平直諒の初めてのお国入りのために、ふすまなどの新調にかかわります。

 

直諒からその仕事ぶりを評価され翌年、友声は広瀬藩の専属絵師となります。仕事は広瀬藩邸や江戸屋敷のふすま、天井絵を描いたり、直諒に直接、絵を指導するなど多岐にわたりました。

 

そして、1873年、広瀬にて71歳の生涯を終えたのでした。

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍