「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




動物

動物が「死んだふり」をするのは?

動物たちは捕食者から逃れるためにさまざまな方法を進化させてきました。そのなかでも「死んだふり」は、最も危険で創造的な方法かもしれません。

 

死んだふりは、科学用語で「擬死」と呼ばれる硬直不動状態のことです。鳥類、哺乳類、魚類など、多くの動物が擬死を使うことが知られています。おそらく最も有名なのは北米のキタオポッサムで、口を開けて舌を出し、排泄物を垂れ流し、おまけに死臭のような匂いの液体まで出して、賞味期限切れを装います。

 

モルモットも死んだふりをしますし、ウサギやヘビも多くの種が死んだふりをします。鳥類では、ウズラ、ニワトリ、マガモなどがそうです。ある種のサメは、腹を上に向けて死んだふりをします。ニシレモンザメは、ひっくり返してしばらく拘束していると、息苦しそうにしたり、ときどき震えたりしてぐったりします。

 

例えば、日本に生息するトゲヒシバッタは、捕食者であるカエルが近寄ってくると脚を突っ張って硬直し、カエルが飲み込めないようにします。

 

「一般的に、この興味深い行動(擬死)についてはよくわかっていません」と、英セントアンドリューズ大学の博士課程に在籍するロザリンド・ハンフリーズ氏は言います。

 

野生で観察するのは難しいうえに、実験室で捕食者に獲物を攻撃させるような実験は倫理的に問題があるからなのです。これまでに明らかになっていることを、いくつかあります。

 

多くの昆虫は、捕食者に捕まると死んだふりをします。これは「接触後不動」と呼ばれる現象です。

 

かのチャールズ・ダーウィンは、23分間も死んだふりをする甲虫を見て驚いたといいます。

 

ウスバカゲロウの一種Euroleon nostrasの幼虫(アリジゴク)は、実に61分間にわたって死んだふりをすることができるのです。

 

アリジゴクの巣穴があることに気づいた捕食者(例えば、ヨーロッパカヤクグリというスズメ目の鳥)が、穴に飛び込んでアリジゴクを捕まえますが、ときどき落としてしまうことがあります。そんなときに、アリジゴクは死んだふりをしているのです。

 

2021年3月3日付けで科学誌「Biology Letters」に、このアリジゴクの死んだふりに関する論文を発表した英ブリストル大学の客員研究員アナ・センドバ=フランクス氏は、「彼らにとって、これは最後の手段です」と言います。

 

センドバ=フランクス氏によると、接触後不動は、例えば強盗が家に入ってきたときに、その場で身を固くして見つからないようにする瞬間的な静止状態とは違い、心拍数が遅くなるなど、不随意の生理的変化であることが多いといいます。

 

ほとんどの生物は死を免れるために死んだふりをしますが、別の目的のために死んだふりをする動物もいます。

 

例えばキシダグモです。このクモのメスはしばしばオスを捕食します。そのため、交尾をするためにオスは餌の束を作り、そこにしがみついて死んだふりをします。

 

メスは、死んだふりを続けるオスごと餌の束を引きずっていきます。メスが餌を食べ始めると、オスは生き返って交尾を試み、成功することもあるといいます。

 

オスにとって、死んだふりは交尾のための努力であると同時に、捕食されないための戦略でもあるのです。おそらく両方の機能を果たしているのかもしれません。

 

一方で、ルリボシヤンマのメスは、交尾を避けるためにあらゆる努力をします。彼女たちは、危害を加えられるおそれのある攻撃的なオスから逃れるために、飛ぶのをやめて地面に墜落するのです。

 

中米のシクリッド(カワスズメ科の魚)は、湖の底で死んだふりをして獲物をおびき寄せます。他の魚がこれを食べようとすると、息を吹き返して襲いかかるのです。ブラジルのハタ科の魚は、死んだふりをして若い魚を引きつけて捕食します。

 

捕食者に捕まりそうになった動物はもがいて逃げたいはずなので、硬直不動状態になるのは『最後の手段』としては奇妙に思えます。しかし、この状態になることによって、さらなる攻撃を受けずにすむこともあるのです。

 

例えば、英国で行われたアリジゴクの実験では、他の個体よりも長い間死んだふりをする個体は、捕食者に食べられにくいことがわかっています。なお、捕食者がアリジゴクの死んだふりにだまされたのか、食べる気をなくしただけなのかはわかりません。

 

1975年に行われた実験で、飼育されているアカギツネが5種類のカモを捕食する様子が観察されたことがあります。ほとんどのカモは、キツネに捕まった直後に死んだふりをしました。

 

キツネはカモを自分の巣に持ち帰り、あとで食べようとします。経験豊富なキツネは、カモをその場で殺したり傷つけたりしなければならないことを知っていましたが、経験の浅いキツネは、死んだと思ったカモをその場に放置し、逃げられてしまうことがあったといいます。

 

センドバ=フランクス氏が動物たちの死んだふりを「最後の手段」と呼ぶ理由はここにあるのでしょう。なぜなら、動けば確実に死にますが、死んだふりをすれば、ごくわずかではありますが生き延びられる可能性があるからなのです🐜🐞

 

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍