「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




地域ニュース

タイムスリップするように・・・渋谷の公園通りを現在から過去へ、そしてまた現在へ・・・

東京渋谷駅に隣接する地では今現在、大規模再開発が進行中です。駅周辺は高層ビルが林立する姿へとすでに変わりました。

 

まさしく、変貌を遂げたのです!

渋谷でもう1か所、こちらは中規模程度ですが近年変貌を遂げているエリアがあります。駅方面から、渋谷パルコやNHK放送センター方面へと坂道を上っていく公園通り周辺です。

 

1980~1990年代、公園通り周辺は、渋谷パルコを中心にライブスポットや小劇場(山手教会地下の渋谷ジャンジャンなど)も含めて先端文化の発信地でした。

 

公園通りを歩いていくとき、何か新しいものに出会えそうで、胸が高鳴った方もいらっしゃったでしょう。

その後は2016年にパルコが閉店するなどして、エリアとしてやや精彩を欠いた感がありました。

 

しかし、2019年頃からこのエリアに転機が訪れる気配が漂います。

それは同年10月、公園通りの坂道を上りきった所にある渋谷公会堂の建て替えが完成し、会員制交流サイト(SNS)のLINEがネーミングライツを得てLINE CUBE SHIBUYAと名付けられました。渋谷カルチャーの継承と発信を掲げる大ホールです。

 

その隣、少し奥まった所では同年1月、地上15階建ての渋谷区役所新庁舎が完成し、移転先から元の地に戻ってきました。そして11月、渋谷パルコがリニューアルオープンしました。

 

これで元の役者が揃い踏みし、公園通りには、LINEに対向するようにしてガラス張りのAPPLEショップもあり、店内のにぎわいがよく見えて目立っています。さまざまな新顔も現れているのです。

ここから過去へタイムスリップしていきます・・・

 

なぜなら公園通り周辺も、昭和の戦前まではまったく雰囲気の異なるエリアだったからです。LINE CUBE SHIBUYAの隣(渋谷区役所などの地)にあったのは、なんと東京陸軍刑務所です。

 

隣接する神南小学校や渋谷税務署(渋谷区宇田川町)一帯まで、その敷地は広がっていて、高さ約3.6m(一丈二尺)のれんが塀で囲まれていました。今の公園通りは当時、渋谷駅から刑務所へと歩んでいく坂道だったのです。

 

1936(昭和11)年の二・二六事件では、昭和維新の名のもとに重臣たちを殺害して逆賊となった青年将校たちがここに拘禁されました。

 

政治の腐敗を憂いて、約1500人の下士官・兵を率いてクーデターを起こしましたが失敗に終わった事件です。

軍法会議の結果、首謀格全員の死刑が確定し、この刑務所内で安藤大尉ら19人が、銃殺刑に処されています。

 

戦後、同地北側に広がる代々木練兵場(現・代々木公園、NHK放送センターなど)とともに連合国軍に接収され、在日米軍の兵舎・家族用居住宿舎(通称ワシントンハイツ)となり、返還後の昭和40年、同地に渋谷区役所が建てられました。

 

現在、旧東京陸軍刑務所の敷地内、ちょうど刑場があったとされる場所(渋谷税務署の西隣)に、二・二六事件での刑死、および捕らわれる前に自決した青年将校、彼らに殺害された重臣・警察官など、ともに慰霊する像が建てられています。

 

明治時代以降、東京の刑務所は、同地のように丘の上に立地している例がほかにも存在しています。

旧市ケ谷刑務所(新宿区富久町、現・都立総合芸術高校などの地)、巣鴨刑務所(後の巣鴨プリズン、現・サンシャインシティの地)、陸軍囚獄所(後の陸軍近衛歩兵第3連隊、現・赤坂サカス・TBS放送センターの地)も坂を上った所や丘の上にいずれも位置しています。

 

東京陸軍刑務所の記録によれば、同地に立地させたのは、「日の当たらないじめじめした谷の中ではなく乾燥して衛生的な土地のため」とされています。

 

その理由もあるかもしれませんが、ほかの刑務所の例も含めて考えてみれば、脱獄者を見つけて捕らえやすいからとも思えてきます。

 

または娑婆(しゃば)とは別世界を印象づけているようにも感じます。丘の上ではない例として、平地にある小菅刑務所(現・東京拘置所)がありますが、こちらの敷地は川と運河に囲まれ、脱獄しにくそうです。

 

公園通りの現在のにぎわいからは、かつてここに軍隊の刑務所があったことなど、まったく想像がつきませんが、ほんのわずかな痕跡が残されているのです。

 

渋谷区役所の南西、丘の麓に東急ハンズがあり、そこから道をはさんだ先、フェンスの内側に小さな標石が埋め込まれています。

 

敷地の境界を示すもので、それには「陸軍用地」と刻まれているのです。戦前からそこにあったものかどうか分かりません。しかし、同地付近が陸軍の施設だったことを、ひっそりと伝えているのです。

 

ここから若者たちでにぎわうセンター街を通り渋谷駅へと向かうと、現在へタイムスリップし戻ってきます。その時、当たり前にある平和のその尊さにハッとさせられるのです・・・

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍