「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

日本の裏側に位置するのは・・・・・だった?!

私たちが暮らす地球は、1周約4万キロメートルにも達する巨大な球体です。もしそうならば、自分が立っている地点から穴を掘って、地中深くどこまでもまっすぐ掘り進んでいけば、最終的には地球の裏側に到達することになります。

 

そして、真下に向かって穴を掘り始める地点を日本に設定した場合、「たどり着く先はブラジル」という話をよく耳にします。しかしそれは、果たして本当なのでしょうか?

 

地球上の任意の位置を正確に指し示す場合、緯度と経度が用いられます。例えば、東京は北緯35度41分・東経139度45分に位置していますが、その裏側にあたる地点は南緯35度41分・西経40度15分です。

 

この場所を地図で確認すると、ウルグアイから東に約1000キロメートル離れた大西洋の上なのです。つまり、東京の裏側はブラジルではないのです。

 

実際、日本列島の裏側は、ほとんどが南アメリカ沖の大西洋上に位置しています。例外は奄美大島や沖縄県で、例えば、那覇市から真下に向かって穴を掘っていくと、ブラジル南西部にあるパト・ブランコという町にたどり着きます。

 

しかし、実際に穴を掘るとなると、これは難しいといわざるを得ません。地球の直径は1万2800キロメートルです。この距離のトンネルを掘るとなると、とてつもなく大変な作業になることはいうまでもありません。

 

さらに地球の内部は、地殻・上部マントル・下部マントル・外核・内核に分かれていて、中心に行けば行くほど温度が上昇します。

 

その温度は地球の中心部では、6000~8000℃です。この灼熱地獄に耐えられる物質は、現在のところ地球上に存在しません。地球の裏側に達する穴を掘ることは、事実上不可能なのです。

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍