「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




経済

10年で数百万倍になったビットコイン

その登場から約10年足らずで数百万倍に価値が膨らんだビットコイン。その原因は何なのでしょうか? 主な急騰原因、今後の展望、そして今後もこの上昇トレンドは続くのか?それとも今が天井で、下落していくのか?

 

少し分析してみようと思います👍

 

2009年1月3日に運用が始まったビットコインは当初、1BTC=1円未満の価値しかありませんでした。しかし、約12年たった2021年現在、約700万円の最高値を付けました。大局的な視点では右肩上がりです。

 

 

しかし、1年単位で分解してみれば、様々なイベントを契機に乱高下しました。とりわけ記憶に残るビットコインが急騰したイベントを下に書き出してみました。経済危機による不安の反動、需要増による期待増など様々なイベントが急騰を引き起こしています。

 

 

仮想通貨には、既存の資本主義経済に対立する考えが含まれる一方で、金融資産としてはゴールド(金)や原油などのように「モノ」としての機能があります。前者の場合には政府による締め付けが急落を、政府に対する不安が急騰を引き起します。そして、後者では「モノ」は利息を生まない考え方から、金利が上昇すると価格が下落します。金利下落や、金融緩和政策で市中の現金が増加すると、インフレによる価格上昇が起こります。他の金融商品と異なる性質が急騰要因となっているのです。

 

 

◎ビットコインが「急騰」したといわれる主なイベント

 

国単位でのイベントが起きると価格の急騰が起きやすく、政府の不安や、戦争懸念による急騰は、「有事のドル買い」や「安全資産としてゴールドを買う」という投資の定石に似ています。2021年には初めて、企業の大量購入を契機とした急騰が起きました。今後も似たようなイベントが起こるごとに急騰するかもしれません。

 

 

10年単位の期間で考えると1BTCの価格はまだまだ上昇すると見られています。発行可能数量に対して投資などの需要が増加しているためです。1BTC=700万円を超えた2021年から、そう遠くない未来に、1BTC=1000万円を超える可能性もあります。

 

 

しかし、ビットコインの人気を超える仮想通貨の登場や政府や金融当局の規制によっては、これ以上価格が上がらなくなってしまう恐れもあります。例えば、2021年8月には仮想通貨イーサリアムがビットコインの取引量を上回る事態が起きました。仮想通貨への期待は依然、根強いものがありますが、必ずしもビットコイン1強で価格が上がっていくとはいえないのです。

 

◎ビットコインの価格推移

 

2020年後半から2021年にかけての上昇率は過去に比して大きいのですが、その反動での下落も大きくなるかもしれません。

 

過去1年で機関投資家の参入が目立つように、仮想通貨の将来性に、いよいよ機関投資家が目をつけはじめました。その背景にあるのはDeFi(分散型金融)やNFT(ノン・ファンジブル・トークン)など新たな需要が生まれ、ますます投資マネーが集まるという公算です。

 

 

またカナダでビットコインETFが承認されました。これはビットコイン価格に連動する株式のような金融商品です。ビットコインに直接投資できませんが、ETFなら、ビットコイン現物よりリスクが低くて投資してもよいと考える機関投資家もいます。

 

 

◎個人投資家と機関投資家の投資額の推移

 

特に2020年第4四半期(2020年10~12月)には、個人投資家に対して機関投資家からの投資がかなり集まったことがわかります。

 

2022年にビットコイン価格は持ち直すのでしょうか?

 

 

今後の展開は一筋縄ではいかなそうです。なぜなら、コロナ禍での経済緩和策終了による金利上昇に伴う下落要因とNFTやDeFiのさらなる普及による上昇要因が入り交じっていくからです。また、新たな仮想通貨関連の投資対象が増えていくことで、当局の規制が強化されていく可能性もあります。

 

さぁ、どうなっていくのか?それは誰にも分からない😅

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍