「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




ゲ-ム

感付いた?「64」の意味に・・・

1996年6月23日、家庭用ゲーム機の「NINTENDO 64」が発売されました。

 

NINTENDO 64はスーパーファミコンの後継機として登場した家庭用ゲーム機で、3Dゲームなど多くの種類のゲーム操作に適したスティックがついたコントローラーと、当時としては非常に高性能のMIPS64というCPUを有する画期的なゲームハードでした。

 

ところで、みなさんは、NINTENDO 64やMIPS64の名前に使われている「64」という数字が何を意味しているのか、知っていますか?

 

この数字はCPUの中で扱われるデータサイズが「64ビット」であることを表しているのです。「ビット(bit)」とは二進数の一桁(binary digit)のことであり、64ビットは二進数で64桁分のデータサイズということになります。

 

それまでの家庭用ゲーム機を遡ってみると、ファミコンが8ビット、スーパーファミコンが16ビット、PlayStationが32ビットのCPUを採用していました。

 

PlayStationの32ビットというデータサイズは、十進数の整数で考えると0から4,294,967,295までの約40億の数字に相当するのです。

 

一方で、NINTENDO 64の64ビットでは、0から18,446,744,073,709,551,615(約1800京)までという文字通り桁違いのデータサイズになるのです。

 

CPUの性能はビット数だけで決まるわけではありませんが、現在の最新ゲーム機であるPS5でも64ビットのCPUが使用されていることを考えれば、NINTENDO 64が、いかに先進的であったかが感じられるはずです。

 

NINTENDO 64で画期的だったのは、CPUだけではないのです。

 

コントローラーには三つのグリップがついていて、「ライトポジション」、「レフトポジション」、「ファミコンポジション」という3種類の持ち方ができるようになっていました。

 

これにより、プレイヤーはゲームによって最適な操作方法が選べるようになっていたのです。

 

このコントローラーのおかげもあって、本体と同時に発売されたいわゆるローンチソフトには『スーパーマリオ64』『パイロットウイングス64』というアクション性のあるゲームが名を連ねました。

 

ちなみに、現在までで最も売れたゲームは1996年の12月に発売された『マリオカート64』で約224万本が販売されたそうです。

 

NINTENDO 64はこのような新規性が注目され、ソニーのPlayStationやセガのセガサターンなど名ゲーム機がひしめいた1990年代に発売されながらも、3000万台を超える販売実績をあげたのでした。

 

スゴいぞ!Nintendo!🙆

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍