「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




世界

ヒマラヤ山脈は今日も変わりつづけているのか・・・

もし、地球の時計を早送りできたら、地表が盛んにうごめく様子が見えるだろう・・・大陸が地球上を駆けめぐり、海が広がったり狭まったりし、新しい山々が空に向かって盛り上がっていくのがわかるはずです😉

 

山は隆起するだけではありません。プレートどうしの衝突による圧力が限界に達して地震が発生するたびに、沈下もします。米カリフォルニア工科大学の地球物理学者ルカ・ダル・ジリオ氏は、この周期的な現象を、不規則な呼吸で上下する巨大怪獣の胸に例えています。

 

この周期的な現象を作り出す力は非常に複雑で、それが最もよく表れている場所が、2400kmにわたって険しい山々が連なるヒマラヤ山脈です。

 

ダル・ジリオ氏らは、2021年3月2日付けで学術誌「Nature Reviews」に発表した総説論文で、ヒマラヤの地質に関する200以上の過去の研究成果をまとめ、百万年から秒単位まで時間的スケールが異なるその複雑なメカニズムの一端と、残された多くの研究課題を明らかにしました。

 

今回の論文では、それぞれの現象が将来の地震の発生に及ぼす影響を検証しています。ヒマラヤ山脈の「呼吸」のメカニズムを解明することは、周辺に住む数億人の命にかかわる地震のリスクを理解する上でも非常に重要です。

 

また、同様の地質学的「呼吸」は世界中で記録されています。そのため今回の研究は、地球上にある多くの山脈の形成プロセスを理解し、そうした山脈が引き起こすおそれのあるリスクを把握するカギとなるのです。

 

論文の共著者で、シンガポールの南洋理工大学の構造地質学者ジュディス・ハバード氏は、ヒマラヤ山脈の巨大さと地質学的な複雑さは、自然の実験室として最適だと話します。

 

「地球が私たちのために実験をしてくれているようなものです」

 

地球の表面を覆うプレートは常に動いており、プレートどうしが互いに遠ざかったり衝突したりすることで、地形が変わります。ヒマラヤ山脈は、そうした地殻変動がつくり出した劇的な一例にすぎません。

 

その第一幕は、今から約5000万年前にインドプレートがユーラシアプレートに衝突したときに始まりました。

 

どちらのプレートも厚くて浮力の大きい大陸プレートであったため、両者が圧縮されてインドプレートがユーラシアプレートの下に潜り込むと、地形にしわが寄って地殻が厚くなり、雄大な峰々が立ち上がりました。

 

現在もインドは毎年約5cmずつ北上しているのです。しかし、ユーラシア大陸の下をスムーズに進むことはできないため、インドが北上するにつれて、ユーラシアプレート側はこぶ状に膨らんでいきます。

 

このとき山々は、長く息を吸い込む胸のように、徐々に高くなっていきます。やがて圧力が限界に達すると、陸塊は震えて短く息を吐く、あるいは「咳」をします。これが地震です。

 

2015年にヒマラヤでマグニチュード7.8の大地震が発生し、一部の場所が60cmも沈下したのは、この周期が目に見える形で示されたものといえます。

 

一つの山脈の中でも、息の吐き出し方やその強さは場所によって異なり、激しく咳き込む場所もあれば、しゃっくりを連発する場所もあるとハバード氏は言います。

 

こうした複雑さを理解するためには、プレート運動という非常にゆっくりした動きから、地震による瞬間的な変化まで、時間のスケールが大きく異なる現象を結びつけて考えなければならなりません。

 

もちろん、それは容易いことではありません。それぞれの現象を理解するためには異なる測定方法が必要であり、異なる専門分野の地質学者が必要になるからです。

 

百万年から秒という、時間スケールのギャップを埋める主な方法のひとつは、2つのプレートに挟まれて壊れた部分「破砕帯」の形を見ることです。

 

約2400kmにおよぶヒマラヤの断層には、いくつかのねじれや曲がりがあり、これらは、山々を隆起させ始めた衝突の名残であり、長い歳月の間にゆっくりと変化しつつ、現在の地震発生に大きな影響を及ぼしています。

 

今回の総説には、2015年の地震でずれた断層の周りに屈曲部があるという発見を報告したハバード氏らの論文が引用されています。この構造が断裂の範囲を制限したことで、地震の規模が抑えられた可能性があるのです。

 

ヒマラヤ山脈には、この他にも長い年月をかけて形成された構造があって、表面付近の地震波が伝わる範囲を制限しているのかもしれないとダル・ジリオ氏は言います。今回の総説論文は、幅広い情報を集めることが、山脈の成長と地震のリスクに関する理解を深め、コンピューターモデルの構築に役立つことを示しています。

 

どのような種類の地震が起こり、どのような被害をもたらす可能性があるかを予測できるようになることが最終目標です。そのためには多くの調査が必要です。なぜなら、大地は(実際の動物や人間のように息を吐いたり咳をしたりするわけではないので、非常に難しい調査です。

 

また、時間スケールのギャップを埋めるために、過去の地震の痕跡を調べている研究者もいます。他にも、断層の曲がりくねりや地表付近の堆積物の厚さなどを、より詳しく解明しようとする研究者もいます。これらの構造は、将来の地震の場所や強さに影響を及ぼします。

 

ヒマラヤの断層の構造を明らかにするため、ソナー探査に似た方法で、中央ヒマラヤの長さ1.5kmほどの断面を調べた研究者チ-ムがいます。地下深いところの様子を調べるのには、地震波が利用されることが多く、地震波が伝わる速度や散乱から、地下の岩石の種類や構造を知ることができるからです。

 

チームは、重いおもりで地面をたたいて振動を作り出し、ジオフォンと呼ばれる地震計を使って離れた場所でこの振動を「聞く」ことにより、地下の構造を調べました。

 

しかし、ヒマラヤ山脈の多くの場所は、このような調査に向いていなかったのです。例えば、チ-ムが調査を行った地点のすぐ西の山々は、起伏が激しすぎて1つもセンサーを置くことができなかったからです。

 

山脈が「呼吸」を繰り返すうちに、山脈自体も変化し、さらに状況は複雑になります。山が隆起する際に蓄積した圧力は岩石を永久的に変形させ、その変形は次の地震の後まで残ります。山脈が「咳」をするたびにすべての圧力が解放されていたら、今も残っている山などないのです。

 

また、インドプレートがユーラシアプレートの下に潜り込んで北上を続けるうちに、ヒマラヤ以外の地形も変化していきます。例えば、活断層は、地表に出られる経路を見つけてはとびとびに移動し、徐々に南下していきます。

 

さらには、ある時点での今のネパールは消滅するといわれています。インドプレートが何万年もかけて進んでいくうちに、南側の国境線がどんどん北上し、ネパールをゆっくりと押し潰していくからです。

 

まだはっきりしない点が残っているとはいえ、
どれか1つの要素ではなく、あらゆる要素が連携してこの世界を形成し、人間社会が直面するリスクを作り出していることの重要性を実感させてくれる研究なのかもしれません・・・

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍