「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




動物

なぜ私たちはペットと一緒にいると「幸せ」な気分になるのか?

今現在、ペットの価格が高騰しているといいます。例えばトイプードル。ちょっと可愛い顔の子犬は100万円を超えることも少なくなく、時には300万円以上という値段もつくのだそうです。この10年間でペットの価格は倍以上になったのです。それだけペットの人気が高まっているのです。特に2020年4月の緊急事態宣言以降、ペットを飼う人が増えているのです。

 

一般社団法人「ペットフード協会」が公表した2020年全国犬猫飼育実態調査によれば、2020年に新たに飼育された犬は前年比14%増の推計46万2000匹、猫は同16%増の推計48万3000匹と、伸び率、飼育数ともに過去5年で最も高かったとのことです。

 

コロナ禍の生活で不安やストレスがたまり、ペットに癒しを求める人が増えたのでしょうか。また、2020年支給された10万円の特別定額給付金が後押しになったという調査結果も出ています。

 

私たちがペットに癒されるメカニズムは、さまざまな研究によって明らかになってきています。私たちがペットと触れ合うとき、精神を安定させてリラックスする効果があることで知られる「オキシトシン」というホルモンが脳内で分泌されているというのです。

 

オキシトシンは、人との触れ合いのなかで分泌され、プラスの感情や喜びを呼び起こします。この物質が、動物との触れ合いでも活発に分泌されるというのです。

 

またペットと触れ合うと、オキシトシンに加えて、イライラやストレス、疲労感を軽減する作用を持ち、癒し効果が認められている神経伝達物質「セロトニン」や、「フェニルエチルアミン」といったホルモンも分泌されることが分かっています。

 

そして、ペットとの生活は飼い主の健康維持にも効果があります。毎日の犬の散歩が習慣化するとウォーキングにもなり、運動不足が解消されるというわけです。

 

このようにペットは私たちの心身に多くの幸せをもたらせてくれますが、だからこそ、いなくなってしまった時の喪失感はきわめて大きなものがあります。最近、日米の2人の政治リーダーがペットを失ったというニュースが注目を集めました。

 

日本では、小池百合子東京都知事が6月に過度の疲労のため、都内の病院に入院しました。その理由として、新型コロナウイルスの対応や五輪準備などの“激務” に奔走し疲労が重なったことが原因とされています。さらに、この休養は“ペットロス”も起因しているのではとの憶測が広がりました。

 

2016年の選挙で「動物の殺処分ゼロ」を公約に掲げた小池都知事は、愛犬家として知られています。その小池都知事が20年近く一緒に暮らしてきた愛犬のヨークシャーテリア「そうちゃん」が死んでしまったのです。そうちゃんは、小池知事が2003年に環境大臣として初入閣したころに家族として迎え入れられ、その溺愛ぶりは有名だったようです。

 

そして、小池都知事が入院する直前、アメリカではバイデン大統領夫妻が愛犬を亡くしたという声明を出しました。

 

BBCニュースによれば、バイデン大統領とファーストレディーのジルさんは2021年6月19日、最愛のジャーマンシェパード犬「チャンプ」が死んだことを公表しました。オスの「チャンプ」は、バイデン夫妻と13年の時間を過ごしました。

 

バイデン夫妻は声明の中で、「私たちが一番大喜びした時、そして一番悲嘆に暮れた時、チャンプはいつもそこにいました。私たちが口にしないあらゆる気持ちと感情を逐一察してくれました。優しい良い子を愛していて、いなくなってしまったのをいつまでも寂しく思うことになります」と綴りました。

 

ペットに死なれると、多くの人がペットロスに襲われます。東京女子医科大学医学部精神医学講座の坂元薫助教授は、日本医師会の日医ニュース「『別離』への心の予行演習! -ペットロス症候群」(平成17年8月5日)の中でペットロスを以下のように説明しています。

 

〈「ペットロス症候群」とはそのダメージによる精神的・身体的不調を指します。当然、大変な悲しみにおそわれ、泣いたり、不眠、食欲不振、食べ過ぎ、胃の痛み、息苦しさ、疲労感、身体の痛みなど、さまざまな症状が現れます。〉

 

〈単身者はもちろん、家族に囲まれて生活していても、ペットとの情緒的交流はしばしばかけがえのないものとなります。ことに、核家族化によってペットが家族の一員あるいはそれ以上の比重を持つような場合もあり、最近「ペットロス症候群」がメンタルヘルス上の重大な問題になってきています。〉

 

北里大学獣医学部・木村祐哉氏らの調査(「ペットロスに伴う死別反応から医師の介入を要する精神疾患を生じる飼主の割合」2016年)によると、ペットを亡くした飼い主のうち、死別直後で59.5%、2カ月後でも56.7%の人が、「医師の介入を要する精神疾患」のリスク群と判定されているそうです。

 

このようにペットの存在は私たちの生活に非常に大きな関わりを持つようになってきています。

 

それに伴い、「伴侶としての動物」を意味する「コンパニオンアニマル(companion animal)」という言葉に注目が集まっています。この言葉元々は、英オックスフォード大学の研究者が、「ペットという言葉を使用すること自体が不適切ではないか」という論説を動物倫理学の専門誌に発表した際に使った言葉だと言われています。ペットを家族の一員と捉える人が増えていることから、コンパニオンアニマルという言葉が共感を生んでいるのかもしれません。

 

新型コロナの終息までほど遠い状態の中、人々の不安やストレスは高まる一方です。これから私たちの生活の中で動物の存在はさらに大きくなっていき、人と動物の関わりはこれまで以上にますます深くなっていくことでしょうね。😊

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍