「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




化学

「食」と「テクノロジ-」は融合できるのか?#1 培養肉

人間にとって最も基本的な営みである「食」と「テクノロジ-」が融合し始めています・・・食の進化によって新しい体験が生み出され、しいては地球が抱える食料問題は解決される可能性が見えています。食の未来とは何でしょうか?

 

みなさんも考えてみてください👍

 

ガラス皿に小指の先程の小さな赤い塊がのせられている・・・それは牛の細胞を約1週間培養して増やした肉。目指す形はサイコロステ-キです。実際に食べるには大きさや歯ごたえ、味など解決すべき課題は多いですが、東大のハイブリッド工学竹内昌治教授は5年後には100グラムの培養肉でステ-キを作ると目を輝かせます😊

 

国連によれば、世界の人口は2050年には97億人になると見込まれています。人口増加に伴う食料不足を解決する切り札の1つとして、世界各地で動物の細胞を培養して作る「培養肉」の研究が急ピッチで進んでいます。

 

東大駒場キャンパスにある生産技術研究所の実験用冷蔵庫には、ピンク色の培養液が入ったガラス皿が100個以上並べられています。

 

実際の牛肉から約5マイメ-クロトルの細胞を抽出し、特殊な培養液に1~2週間漬けます。無菌状態で培養するとやがて細胞が増殖。厚さ約1ミリの平面状に増えた肉を約40枚重ねて立体的にします。

 

しかし、これだけでは肉特有の固さや歯ごたえは感じられません。そこで1日2時間、培養中に電気刺激を与えると、肉に特有の筋肉が増えることが分かったのです。

 

人間が筋肉トレ-ニングすると筋肉が付くのと同様の仕組みで培養期間を長くすると肉の固さが増します。ス-パ-で売っている肉とほぼ同様の歯ごたえを生み出すことに成功したのです。

 

竹内教授は「見た目が似ているだけではダメ。消費者が食べたいと思えるような本物の培養肉を作らなければ受け入れられない」と強調します。

 

そんな竹内教授の次の課題は、味の研究です。今、味についての研究も進められています。

 

オランダのマ-ストリヒト大学のマ-ク・ポスト教授が培養肉のハンバーガーを発表し世間を驚かせたのは2013年のことです。ハンバーガーの価格は1個25万ポンド(約3900万円)でした。

 

環境問題への意識の高まりなどを背景に今、培養肉は注目を集めています。牛肉1キログラムを生産するには11キログラムの穀物と大量の水が必要とされ、とても効率が悪いのです。家畜から出る温室効果ガスや、食べられずに捨てられていくフ-ドロスへの懸念もあります。

 

そんな中で、この培養肉は環境に負荷をかけることなく効率的に肉を作り出せるでしょう。牧場を拡大しなくとも肉は出来るのです。

 

価格はレストランで食べる高級ステ-キより安くしたいと竹内教授は意気込んでいます👍

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍