「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




世界

「たった1%」は、何を物語っているのか?

 

多くの日本人が何気なく飲んでいる「コーヒー」と「発展途上国の貧困」が密接につながっていることはあまり知られていません・・・

 

身近な飲み物であるコーヒー、なぜコーヒーと貧困はつながっているのかを紐解いてみましょう。

 

1994年と1997年のコーヒー価格高騰の恩恵を受けたのがベトナムでした。1986年に「ドイモイ(刷新)」と呼ばれる自由化政策を採用して市場経済の導入に舵を切ったベトナムは、米やコショウ、そしてコーヒーの生産量を飛躍的に増やすことに成功しました。

 

そんなベトナムの追い風になったのは、世界のコーヒー供給量を調整してきた国際コーヒー協定が1989年に崩壊したことです。これによって各国の輸出量の上限が事実上撤廃されたため、大量に生産して大量に輸出することが可能になったのです。

 

ブラジルで生産されるコーヒーはその7割が「アラビカ種」ですが、ベトナムの主要なコーヒーの産地である中部高原は標高600メートル程度と低いため、生産されるのはそのほとんどが低地でも栽培可能な「ロブスタ種」です。

 

ロブスタ種は、風味の面ではアラビカ種に劣るものの、病気に強く、栽培に手間がかからないため、アラビカ種より生産コストをずっと安価に抑えることができるという強みがあります。

 

しかも、勤勉で研究熱心なベトナム人の国民性によって、1ヘクタール当たり2~3トンにものぼる高い生産性を実現させたため、高いコストパフォーマンスを実現したのです。

 

単純な比較はできませんが、他の国々では1ヘクタール当たり1トンというのが平均的な値であることを考えれば、これはとても脅威的な数字だといえます。

 

古くからコーヒーの栽培を続けてきたラムドン省のある村は、1994年と1997年のコーヒー価格の高騰の恩恵を存分に受け、「コーヒー長者村」と呼ばれるまでになったのです。

 

大金を手にした人々は家を建て替え、村の学校も立派なものに建て替えられました。中には「コーヒー御殿」と呼ばれるほどの立派な家を建てた人もいたといいます。このような成功を収めた「コーヒー村」が、中部高原にはたくさん生まれていたのです。

 

「コーヒー村」での成功物語はベトナム全土に知れ渡り、同じように成功を夢見る人たちが次々と中部高原にやってきては、コーヒー樹を植え始めました。最初は単身でやってきて、収入が増えたのちに家族を呼び寄せた人も多かったそうです。

 

人口密度が高く、1人当たりの農地面積がとても狭いベトナム北部の紅河デルタ地方の人から見れば、広大な中部高原は、まさにフロンティアそのものだったのです。

 

新たにコーヒー農園を始めようとすれば、当然資金が必要です。家を売り払ったり、借金をした人もいたのかもしれません。それも軌道に乗るまでの辛抱だと、きっと多くの人は楽観的に考えていたに違いありません・・・

 

しかし、2000年にはブラジルのコーヒー生産量が回復し、国際価格も元の水準にすっかり下がってしまいます。しかも、その頃にはすでに多くの新規参入国によって供給過多の状況に陥っていたせいで、2001年の10月にはこれまでにない水準にまで国際価格が下がってしまったのです。

 

これが「コーヒー危機」です。そもそもコーヒー樹は、収穫できるようになるまでには、少なくとも3年の月日を要します。

 

1997年の高騰に反応してコーヒー樹を植え始めたベトナムの人たちは、3年間の辛抱を経て、やっと期待していた利益を得られるはずが、逆に大きな損害を被る事態になってしまったのです・・・

 

しかもそれと同じことは新規にコーヒー栽培を始めた多くの開発途上国でも起こっています。投機資金が作り出した一時的な価格高騰は、世界中の多くのコーヒー生産者に誤ったシグナルを送ってしまい、結果的に大きな苦しみを与えることになってしまったのです・・・

 

最近起こっているコーヒー価格の下落も、実は投機資金が仕掛けたものではないかという説があり、投機資金を排除する方法が模索され始めています。

 

思えば1990年代、日本でバブル経済が崩壊したとき、経営不振に陥った企業を買収することで儲けようとしたハゲタカファンドが非難を浴びたことがありましたが、それも投機資金のやり方の一つなのです。

 

一部の人たちを切り捨てることでバブル崩壊の危機を乗り越えようというやり方は、日本の社会に大きな格差をもたらし、その傷跡は今も日本の社会に深刻な影を残しているのです。

 

人の不幸に付け込んで金儲けをすることは、SDGsの10番目のゴール「人や国の不平等をなくそう」のターゲット5「世界金融市場と金融機関に対する規制とモニタリングを改善し、強化する」や、金融サービスを提供するという意味では12番目のゴール「つくる責任」にも反しています。

 

金儲けのためなら何でもするマネーゲームが実体経済を傷つけてしまい、「脆弱な人々」を苦しめている現実に、私たちはしっかり目を向けなくてはいけないのです。

 

2001年10月のコーヒー危機のとき、コーヒー価格は1ポンド42セントまで低下していました。その事実を果たしてどれだけの人が知っていたでしょうか?

 

コーヒー生産者が貧困に苦しめられていたまさにそのときも、先進国の消費者は何も知らずにコーヒーを楽しんでいたのです・・・

 

コーヒー生産者が手にできる利益が極めて小さいことの問題は、生産者を貧困に陥れることだけではなく、生産者の収入が減れば、コーヒー栽培のための投資(肥料の購入や剪定の費用など)をする余裕がなくなってしまいます。

 

そうすれば当然、生産性はもちろん、コーヒーの品質も低下していきます。品質の落ちたコーヒーに消費者は魅力を失ってしまい、そのうちコーヒーを飲まなくなってしまう可能性だってあります。

 

この状況が続いてしまえば、コーヒー産業は持続可能な産業とはいえなくなってしまうのです。

 

経済活動を行う限り、利益を出すことはもちろん必要です。しかし、コーヒー農家を犠牲にしてまで利益を追求していては、コーヒー産業は衰退していく危険性があります。

 

品質の良いコーヒーを、その品質に見合った適正な価格で生産者から購入し、その品質を理解した上で買ってもらえるようにすることが、コーヒー産業を地球レベルで持続可能にすることなのかもしれません。

 

2001年のコーヒー危機の後、価格が上昇した時期もありましたが、2018年頃から再び世界のコーヒー価格は下落し、2019年には1ポンド1ドル(アラビカ価格)を下回る水準にまで下がっています。

 

ブラジルとベトナムのコーヒー増産は続いていますが、一方で消費量がそれ以上に増えているので、価格の下落の原因は供給過剰によるものではなさそうです。

 

だとしたなら、今回の価格の下落の原因は何なのでしょうか?明らかな証拠が示されているわけではないので推測の域を超えませんが、投機資金が価格を操作し、引き下げている可能性を指摘する声は多くあがっているのです。

 

あなたが一杯330円のコーヒーを飲むとき、その何%が生産者に届くと思いますか?1杯のコーヒーを淹れるために、コーヒー豆10グラムを使うとして計算してみます。

 

このコーヒー豆は焙煎したものなので、生豆に換算すると12.5グラムになり、これを2020年5月8日時点での国際価格(1ポンド=100セント)で換算すると約3.25円となります。つまり、一杯330円のコーヒーの約1%になります。

 

国際価格は輸出価格であって、そのすべてが生産者の取り分になるわけではありません。生産者から輸出までの段階で、精選や輸送のコストなどがかかっているため、生産者の取り分は1%よりもさらに小さくなってしまうのです。

 

1%という数字を聞くと、その少なさにきっと驚くと思います。しかし、だからといって、この数字から生産者は搾取されているとか、貧しいとかいえるわけではありません。

 

この数字をことさらに強調して、コーヒー産業は生産者を搾取するひどい産業だというイメージを印象付けようとする映画もありましたが、この解釈は決して正しくありません。

 

1杯のコーヒーの値段のうち、生産者の取り分が全体のたった1%だとしても、それだけでコーヒー農家が貧しいと決めつけることはできないのです。

 

なぜならコーヒー農家が生産するコーヒー豆の総量が、最終的に何杯分のコーヒーになるのかという大事なポイントが一切考慮されていないからです。

 

もしそのコーヒー生産者が年間1トンのコーヒーの生豆を生産しているとすれば、1杯分12.5グラムとしてコーヒー8万杯分(100万グラム÷12.5グラム)になり、一杯当たり3円の取り分だとしても、収入は24万円になります。

 

もし2トンとれるなら収入は倍の48万円になります。開発途上国の物価水準は低く、世界の貧困線は一人一日約2ドルに設定されています。

 

年収にすると7万円程度です。国によって貧困線は異なりますが、24万円や48万円という額が、日本で考えるほど少ないとはいえません。

 

まず、ここで知ってほしいのは、「コーヒー1杯のうちの取り分が1%」という数字から生産者が貧困かどうかを推論することはできないということです。

 

では、1%という数字の大きさの意味について考えてみましょう。日本で業務用(ホテル・レストラン用)として売られている安いコーヒー豆(粉)は1キログラム当たり1000円もしません。

 

コーヒー1杯につき10グラムで計算すると、一杯当たりのコストは約10円で、コーヒーの値段が330円だとすると、コーヒー豆のコストはちょうど3%です。

 

それでも上の1%より大きくなるのは、日本国内での焙煎費や輸送費などが含まれているためです。だから1%という数字はそれほど間違った数字ではないのです。

 

次に10グラム10円という値段について考えてみましょう。スーパーで売られている家庭用のコーヒー豆のうち、低価格のものは10グラム15円ほどで売られています。このコーヒー豆を使うなら、一杯330円の約4.5%になります。

 

品質が良い豆であれば、さらに高くなります。フェアトレードのオーガニック・コーヒーだと、10グラム当たり50円くらいで売られています。そのとき、一杯330円に対して15%になります。

 

つまり、「たった1%」ということの本当の意味は、質の悪いコーヒーや、サステイナブルでないコーヒー豆を使っているということなのです。

 

コーヒー1杯の値段に占めるコーヒー豆のコストが1%であるいわれると、コーヒーショップが、遠く離れた生産国の生産者に圧力をかけて値段を下げさせていると勘違いする人もいるかもしれませんが、日本の企業がそんなことをできるところはありません。

 

そんなことができるのは、数多くの店舗を世界的に展開し、大量の生豆を生産国から直接買い付けするような巨大企業だけなのです。

 

「たった1%」が問題なのは、消費国が質の悪いコーヒーを飲まされているというだけでなく、低品質低価格のコーヒー豆に対する需要が高まると、それに応じて生産国でも低品質低価格のものを大量に作ろうとするようになるからです。

 

生産者は、高品質のコーヒーを作ろうというインセンティブを失い、品質が低下していきます。ブラジルやベトナムが輸出を伸ばしているのにはこのような背景があるのです。

 

どんなに品質が悪くても、大量のミルク、砂糖、生クリーム、フレーバーなどを加えてしまえば、品質の悪さも覆い隠すことが可能になります。

 

子どもたちは甘いものが好きです。それは健康に良いとはいえません。そういう飲み物を提供する側にも子どもたちの健康を考えるという「つくる責任」(SDGsの12番目のゴール)があります。低品質のコーヒーが国際価格の低迷をもたらしていることに気付き、そのこのような状況を変えるために、コーヒーの品質を重視する動きが今、起こっているのです。

 

それが「スターバックス社」までの「セカンドウェーブ(第2の波)」に対して、「サードウェーブ(第3の波)」と呼ばれるものです。最近ではコーヒー専門店が増え、スペシャルティコーヒーが広く知られるようになってきました。

 

「たった1%」と聞いたときの驚きはいったい何を物語っているのでしょうか?

 

それは消費者である私たちが、自分が飲んでいるコーヒーのことをあまりにも知らな過ぎるということなのです。

 

消費者としてはどうしても安さに目が向き、安いものを買ってしまいます。それは、品質を犠牲にして安さを求めているということであり、それが「たった1%」という状況をもたらしています。そう考えると、先進国の消費者も「搾取する側」にいるという事実が浮かび上がってくるのです。

 

フェアトレードが定義する「公正な価格」は、「生産者の持続可能な生産と生活を支える」ことが基準となっています。フェアトレード商品は高いといわれますが、もしそれが公正な価格の基準だとすると、それ以下の値段で買うことは不公正に加担しているのかもしれないと考えてみるのもよいかもしれません。

 

消費者の「つかう責任」(SDGsの12番目のゴール)には、公正な価格に見合った品質のコーヒーを選ぶことも含まれているはずなのですから・・・

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍