「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

都会の視聴者に刺さり続けているあるバラエティ-番組

僻地を巡るバラエティー番組「 ポツンと一軒家」(ABC・テレビ朝日系)が人気だといいます。これまでは『人と繋がりたい』と思う人が多かった中、SNSの普及で繋がりの弊害も明らかになってきました。今、『都会で群れることがいい』という価値観が崩壊しかけているのかもしれません。

 

今も静かに続く田舎暮らし・別荘ブームは、1980年代の経済の沸騰期からスタートしたといわれています。その主役となったのが、バブル期の一翼を担った「団塊の世代」です。彼らは1970年代の高度経済成長期の真っただ中を生きた人たちであり、その一部が脱サラなどによって田舎での第二の人生を選んだ経緯が目立ったといいます。

 

顕著なブームが訪れたのは2000年以降です。ちょうど団塊の世代が定年を迎える時期と重なり、彼らの多くが田舎に移り住んだのです。その動きに触発されて、他の年齢層が移住先として田舎に目を向けるようになったのも、同じ時期だったのです。

 

ただ、都会からの距離や交通網の普及などによって、ブームの到来に地域的なバラツキがあることも事実です。

 

たとえば、関東西部に広がる秩父地方(秩父市、横瀬町、皆野町、小鹿野町、長瀞町)。西武池袋線の池袋駅から特急で約1時間20分の西武秩父駅を主要駅とするこのエリアは、埼玉県全域の約4分の1の面積を占めますが、森林率は県全体の60%以上にも達します。秩父地方がいかに豊かな自然に恵まれているかを物語っています。

 

この秩父地方に限って言えば、西武秩父駅へと至る西武秩父線が開通した1969年頃から田舎暮らしの静かなブームが始まったのかもしれません。

 

その頃から観光客がやってくるようになり、都心からわりと近いこともあって、都会から移住してくる人が出てきたのです。1980年代のバブル期には、投資ブームも手伝って、土地の購入や別荘の建築が一気に増えていきました、なかには現地も見ないで先に契約する人もいたほどだったといいます。

 

今ではその評価額も10分の1程度にすぎませんが、当時は山の奥でも坪10万円ぐらいの土地がけっこうあったのです。それを購入して高く転売するという『土地転がし』が流行っていました。

 

ただ、都会の喧騒を離れてのんびりしたい・・・誰もいないところで一人孤独に浸りたい・・・そういう理由で別荘を建てる人が、当時でもいることはいました。自分で沢から山水を引っ張ってきたり、井戸を掘ったり、借りた重機で土地を整地して畑を作ったりと、自給自足的な生活を始める人も目立ったのです。そういう意味でいうのなら、昔の移住者のほうが逞しかったのです。

 

しかし、経済の停滞が続く昨今、わざわざ土地を購入して上物を建てる人は、あまりいなくなりました。バブル当時に建てられた別荘を「割安価格で」購入する人がほとんどで、移住に耐えない朽ち果てた物件になると、大幅な値下げをしても売れない場合が多いといいます。

 

バブル期に購入した上物のない別荘用地も、子供、孫、曾孫へと受け継がれていきます。その過程で、長く放置されたままの所有地だけでなく、所有者が不明となった別荘用地も増え続けました。全国において、こうした用途を失った土地の総面積は、いまでは九州全域とほぼ同じ面積にも及ぶといいます。

 

田舎暮らしのブームが終わったわけではありません。今でも子供を自然豊かな環境で育てたいと引っ越してくる家族がいれば、奥さんを東京に残したまま、定年後の田舎暮らしを一人楽しむ男性も多くいます。若い女性が一人で移り住んでくるケ-スも。

 

やはり、煩雑な都会生活で疲弊した人、人間関係の鬱陶しさに辟易した人たちが、心のオアシスを求めているのかもしれません。それは昔もいまも同じでわけでそのせいか、一人で山に移住してきた人のなかには、変わり者が多いのも事実のようです。

 

彼らは近隣の住民とすれ違っても挨拶しないばかりか、話しかけても返事さえしない人もいるほど。それほど独りでいることに飢えている証拠なのかもしれません。

 

心のオアシスを求めて、自然豊かな環境に引き寄せられる。それはもちろん、オアシスは秩父地方に限ったことではなく、全国の保養地や景勝地に広がっています。

 

福岡県鞍手郡で「田舎不動産(株)」を営む塚本實さんは、これまで500人前後のお客さんに田舎物件を仲介したといいます。彼によれば、田舎暮らしに踏み切る人には、おおよそ2つのタイプがあるといいます。

 

1つは田舎に住みたいと純粋に思い続けてきた人たち。もう1つは人生の逃げ道として田舎暮らしを選んだ人たち。

 

逃げ道として選ぶパターンとしては、たとえば企業戦士として仕事に打ち込んできたつもりが、途中で出世コースから外れたり、左遷させられたりと、自分が思い描いていた未来像に裏切られた人たちです。そういった挫折感に加えて、『人生ってこんなもんか』という達観が、彼らを都会の雑踏から長閑な田舎へと向かわせるのです。

 

団塊の世代で言えば、退職後は生まれ故郷に近い田舎に移住する人が目立ちました。生まれ故郷が懐かしい・・・かといって故郷に戻ったら人間関係が密になり、かえって煩わしい・・・それが故郷にわりと近い田舎に移住する理由、もちろん縁もゆかりもなく、遠くから九州の山に移住してくる人もいます。なかには、『寒いから』と、別荘地帯が豊富な長野県からわざわざ移り住んできた人もいたそうです。

 

現在、こうした田舎志向の象徴の一つとなっているのが、2018年10月からテレビ朝日系で放映されている「ポツンと一軒家」という番組です。

 

世間から隔絶された日本各地の僻地にポツンと建つ一軒家を衛星画像で探し出し、そこで暮らしている人たちを訪ね歩きます。チャンネルの多様化や録画・ネットの映像配信の普及などによって、「視聴率10%超えなら大成功」と言われる放送業界において、同番組はつねに20%に肉薄する視聴率を稼いできました。

 

新型コロナウイルスの蔓延が深刻化した2020年の3月15日には、実に22.2%の高視聴率(ビデオリサーチ調査、関東地区)も弾き出しているほどです。

 

なぜ、同番組がこれほどまで人々の関心を呼ぶのでしょうか?

 

それは、群れることへのアンチテーゼが、多くの人の意識に芽生えたからかもしれません。

意識的か無意識的かを問わず、人というのは自分のなかの淋しさもあり、人と繋がり、集まろうとします。ツイッターやフェイスブックなどSNSの爆発的な普及は、それを象徴しています。しかし、多くの人と繋がるということは、ある種の弊害も生みます。つまり、『縛られている』『監視されている』という感覚・・・

 

実際、書き込みや発言に対するバッシングは後を絶ちません。いくら『イイネ』をもらったとしても、そうした窮屈な感覚はほとんどの場合、潜在的に消えることはありません。すると、今度は煩わしさや鬱陶しさを覚えるようになります。今のネット社会において、多くの人たちがそうした煩わしさをどこかで感じてきたのです。

 

ところが、その煩わしさから解放されて生きている人がいるということが、テレビ番組や雑誌などを通じてわかってきたのです。彼らはなぜ、ポツンと淋しい僻地に暮らしているのか?一体どんな気持ちで毎日を生きているのか?そういった興味が多くの人のなかで出てきたのです。裏返せば、それは多くの人々が潜在的に抱えてきた『解放されたい』という欲求を物語っているようです。

 

これまでは人と繋がることが良しとされ、多くの人と一緒になることが善とされる価値観が続いてきました。それによって、逆に人々は傷つけ合ってきたともいえます。そして今、その価値観は崩壊しかけているのかもしれません。

 

わざわざ人が蠢く大都市に出る必要がなくなったのです。その価値観の崩壊に、良くも悪くも大きく関与してしまったのが、新型コロナウイルスの蔓延ではないでしょうか。

 

多くの尊い命が失われ、深刻な経済的困窮を生んだ一方で、それを機に多くの人が群れることを控えてしまい、自分なりのスタンスを重視する方向へと導かれたのではないか、と。そして、それは人類が連綿と繰り返してきた集結と離散のリズムに他ならないのです。

 

たとえば、太古の狩猟時代、人々は個や少数での行動を常としました。農耕時代に入ると、村社会が生まれ、その集団化が肥大した結果、やがて人々が群れ集う都市文化が誕生しました。そして、今度はその群れ集う社会のなかから、個の尊重を求める者たちが、一人二人と離れていき、それが広く伝播していきます。こうした「くっついたり離れたりする」人間の歴史において、たしかに現在は「人びとが離れたがっている時代」に突入しつつあるのかもしれないのです。

 

その兆候はすでにいくつかあったのです。一つがダイバーシティ、つまり性別や学歴、障害の有無を問わず、それぞれの特性を活かした人材発掘という、多様性重視の企業が多く誕生したことです。

 

いわば、既存のものに周囲が合わせる社会から、個々の特性に立脚した社会へと変わりつつあることですが、そこにコロナウイルスが登場したのです。それによって、生活スタイルの変化が加速したことは確かです。

 

たくさんの人が亡くなり、コロナウイルスを忌み嫌う人も多いのなかにおいて、もしかすると、逆にストレスを軽減させた人もいるのかもしれません。例えば、コロナのおかげで、乗りたくもない満員電車に乗らなくて済むようになった』と言う人がいれば、『わざわざ人が蠢く大都市に出る必要がなくなってホッとした』と言う人もいるのかもしれません。

 

引きこもりの人たちにも変化が見え始めてきたのです。彼らの心の奥には、自分は世間からドロップアウトした存在だという負い目や罪悪感が、つねに隠されています。ところが、コロナが蔓延して、自宅待機が推奨されるようになった。言うなれば、引きこもりが推奨されるようになってしまったのです。

 

そこでどうなったのでしょうか?それまで引きこもっていた人の多くは、外に出るようになっていきました。自宅待機する社会人たちに『仲間だよ』と言われているような感覚になり、自分は世間から外れたダメな人間だという負い目から解放されたのです。

 

この新型コロナウイルスの蔓延は、田舎暮らしへの潜在的な願望も人々のなかに喚起させています。

 

1カ月半に及んだ最初の緊急事態宣言が全面解除された2020年5月25日以降、内閣府が1万人を対象にコロナ禍による生活意識や生活行動の変化などについての調査を行いました。それによると、リモートワーク経験者の24.6%が地方移住への関心を高め、64.2%が「仕事より生活を優先させたい」と答えるなど、ライフワークにおける顕著な志向の変化が浮き彫りにされたのです。

 

しかも、この傾向は中高年層だけに見られたわけではなく、東京23区在住の20歳代の35.4%が地方移住への関心を寄せるなど、若い世代にも顕著な傾向として現れているのです。

 

コロナ禍を機に、にわかに広がった田舎暮らしへの志向。そこに「単なるコロナ対策ではなく、コロナが引き金となった潜在的な願望の表出」が、大きく関与しているのは、おそらく間違いないのかもしれません・・・

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍