「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

買ってはダメな「電動キックボード」の見分け方

コンパクトサイズで家の中で保管でき、日常の足として期待される「電動キックボード」。日本各地で、自動車やバイクとともに道路を走る電動キックボードを見ることが増えてきたと思いませんか?

 

東京をはじめとした都市圏ではシェアリング電動キックボードサービスの実証実験が行われていて、誰でも手軽に利用できる環境が整いつつあるのと同時に、ドン・キホーテなどの大型量販店でも数万円からの価格で販売されています。

 

マンションのエレベーターにも載せやすいコンパクトサイズで、ハンドルを折りたたんでしまえば玄関内で保管できたり、そして実際に乗ってみると、電動アシスト自転車よりも楽に走れる乗り物だということ。手軽に扱えることから、日常の足として期待している人も多いはずです😊

 

それと同時に、電動キックボードに関連したネガティブな話題も増えてきたのです。その内容は、無免許、歩道走行、酒気帯び運転といった行動によるものが多いようです。シェアリング電動キックボードを除いて、公道走行が可能な電動キックボードはホンダ・カブなどと同じく原付バイク・原付スクーターと同じ車両区分となり、自動車・自動二輪車・原付免許などが必要な乗り物です。

 

しかし一部のオンラインショッピングサイトや一般の量販店では、要免許な乗り物であることを強くアピールしていないことがあります。また輸入電動キックボードの大半はグローバル仕様のままであって、日本の法律に抵触する違反車両となります。2020年6月23日、「公道走行が可能」とアピールしつつ、実は原付バイクとしての基準を満たしておらず整備不良品として自主回収となる例もありました。

 

たとえ道路交通法を守って走りたいと考えていても、こういった法律違反となる電動キックボードを購入してしまってはその思いが無駄になってしまいます。

 

一体、どのような電動キックボードであれば大丈夫なのでしょうか?

 

電動キックボードを選ぶとき、真っ先に見るべきは車両後部にナンバープレート取り付け箇所があるかどうかです。公道走行時は原付バイクと同じ扱いとなる電動キックボードゆえに、ナンバープレートが取り付けられない電動キックボードは総じて公道走行不可です。まさに買ってはいけない電動キックボードそのものなのです。

 

またナンバープレートが装着できること、ナンバープレートの取得方法、自賠責保険の加入方法といった情報が提示されていない電動キックボードは、メーカーや代理店のサポート体制やその熱意に疑問が生じます。

 

本来必要である情報を、事前にユーザー側から確認できない電動キックボードは、バイク店などでショップの人に相談しながら購入するのはいいとして、通信販売や大手量販店では買わないようにしましょう。

 

日本の公道で憂いなく走るためにも、最も重要視しなければならないのがブレーキの構造です。道路運送車両の保安基準第61条には以下のように記されています。

 

「原動機付自転車(付随車を除く)には、走行中の原動機付自転車が確実かつ安全に減速及び停止を行うことができ、かつ、平坦な舗装路面等で確実に当該原動機付自転車を停止状態に保持できるものとして、制動性能に関し告示で定める基準に適合する二系統以上の制動装置を備えなければならない」

 

「走行中の原動機付自転車が確実かつ安全に減速及び停止を行うこと」に関しては、時速20km/h走行時においてブレーキをかけたときに約5m以下、30km/h走行時なら約9m以下で停止できる制動力が求められます。

 

「平坦な舗装路面等で確実に当該原動機付自転車を停止状態に保持できる」は、坂のない場所であればどのような状況でもブレーキをかけて停止できること、「二系統以上の制動装置を備えなければならない」は前後輪ともにブレーキが備わっていることを求めています。

 

しかしグローバル仕様の電動キックボードのなかには、モーターの回生ブレーキ(電子ブレーキ)や、後輪のカバー(フェンダー)を足で踏んで減速させるフットブレーキを採用しているものがあります。回生ブレーキは押して歩けるように電源が入っていない状態では車輪が止まらないモデルが多く、「どのような状況でもブレーキをかけて停止できること」に反してしまいます。フットブレーキは制動力に欠けるため、これらのブレーキを装着した電動キックボードは大体アウトになってしまうのです。

 

それゆえに、前後ホイールにそれぞれ独立したブレーキを備えているモデル以外は買ってはいけないのです。より安全性を重視したいのであれば、原付二種バイクと同じように前後ブレーキが連動して効くCBS(コンビブレーキシステム)を搭載している電動キックボードを選びましょう。

 

最高速度20km/h未満の原付バイクは、ウィンカー、スピードメーター、ブレーキランプがなくても公道を走ることが許されています。この条件は電動キックボードも同じです。

 

そして公道走行可能な電動キックボードのなかには、最高速度を19km/hまでに制限している代わりにウィンカーを装備していないモデルがあります。先程のブレーキと同様に、前後左右に都合4つのウィンカーを装着するのはコスト高の原因となるためです。

 

しかしウィンカーが装着されていない場合、右折のときは右腕を水平に伸ばす・左折のときは左腕を水平に伸ばすといった手信号で、後続車両へ曲がる方向を示さなければなりません。このとき電動キックボードのハンドルを握る手は1つだけとなるが、これが危険です。

 

前後のタイヤ・ホイールのサイズが小さく、ホイール間の距離(ホイールベース)も短い電動キックボードは、路面の影響をとても受けやすい乗り物です。わずかな段差であっても人体が感じる衝撃は大きく、ハンドルをとられやすいからです。

 

もしも片手運転した瞬間に道路の轍(わだち)にタイヤをとられてしまうと、ハンドルが大きくブレてしまって転倒する危険性があります。走行時はつねに両手でハンドルを握っている状態が好ましいため、法律上問題がなかったとしてもウィンカーを装備していない電動キックボードは買ってはいけません。

 

違法車両ではありませんが、安全面のうえで避けたい点があります。電動キックボードはタイヤ・ホイールサイズが小さいものが多いです。小さいタイヤ・ホイールは路面との接触面積が乏しく、そもそもグリップ力に欠けています。

 

さらに交差点を曲がるときなどで、車両を傾けているときに轍(わだち)や穴、大きなひび割れの上を走り、タイヤが浮いてしまうと転倒する危険性は一気に高まります。

 

MTBやバイクのようにサスペンションが備わっている車両であれば路面への追従性が高いのですが、サスペンションなしの車両が多い電動キックボードでは、小径ホイールのデメリットが赤裸々となってしまいます。なので、10インチ未満のホイールを採用した電動キックボードは買わないほうがいいかもしれません。

 

公道走行が可能な電動キックボードを見ると、サイドミラーが右側にしか付いていないモデルがあります。法律上、最高速度50km/h以下の車両は右側にサイドミラーが付いていれば問題ないとされていて、走行性能の低い電動キックボードで公道を走る際はキープレフト走行をつねとするべきなので、可能なら左右ともにサイドミラーがついている電動キックボードが好ましいのです。

 

しかし片方だけでいいとしても、サイドミラーが振動で動いてしまう電動キックボードは買ってはいけません。

 

停車時にミラーの位置をあわせても、乗車時はフロアの上に乗るため改めて調整しなければなりません。しかしこの、乗車時の調整が極めて難しいのです。しっかりとしたメインスタンドがついた電動キックボードでなければ、誰かに車両を支えてもらった状態でなければ微調整できないものと考えていいでしょう。

 

以上のような「買ってはいけない」条件を並べたとき、実は市販されている・今後市販が予定されている公道走行可能な電動キックボードのほとんどが、買ってはいけない車両だったりするのです。

 

ブレーキ、ウィンカー、ホイール、サイドミラーなど何かしらのネガティブな要素を抱えているからです。もともと自転車やバイクをアクティビティーと捉えている人であれば乗りこなす楽しさが勝るかもしれませんが、自転車や電動アシスト自転車の代わりとして選ぶと後悔してしまうかもしれません。

 

しかし、電動キックボードのグローバルモデルに、汎用パーツを組み合わせて日本仕様とするのは無理があるのでしょうか?

 

ところが各地のシェアリング電動キックボードの車両は、安全面を考慮した作りで走りも安定しているのです。大きめで重く、折りたたみができない電動キックボードもありますが、自分でコストをかけて改造すれば安心して乗れる電動キックボードが作れたりもするのです。もしくは一から、日本の法律や道路事情に合わせた電動キックボードを開発すれば、ネガティブな要素は払拭できそうでもあります。

 

15km/hまでの電動キックボードならノーヘルでも運転できます。そんな道路交通法の改正がありうるかもしれない現在ですが、電動キックボードを個人所有するのは時期尚早であって、トータルで見ても「今すぐは買わないほうがいい」乗り物なのかもしれませんよ😅

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍