「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




社会

警察庁長官と警視総監、本当に偉いのはどっちなの?

日本の警察は、警察庁と都道府県警察という2つの組織に分かれています。例えば警察庁のトップは警察庁長官ですが、都道府県警察のトップは警視総監となります。そのほかには一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

ひとつは中央官庁である警察庁。職員は国家公務員で、霞が関にある合同庁舎内で働いています。

 

警察の総職員数、約30万人のうちの8000人前後が警察庁の職員で、東京大学卒、京都大学卒を主とするキャリア官僚の組織です。仕事は各県警を束ねる行政管理、政策を作るための企画立案、広域捜査の指導、連絡、調整など。企画立案というのは法律を作ることなのですが、憲法では立法は国会議員がやることになっています。そこで、企画立案という表現にしたのかもしれません。しかし、警察関連の法律は実際のところは警察庁の人間が作っていることは間違いないでしょう。

 

もうひとつの警察は都道府県警察です。各都道府県には警察本部があり、地方公務員の職員が働いています。数は28万8000人。そのうち、警視庁(東京都警察本部のこと)に所属するのが4万6000人です。

 

都道府県警察の職員は高校や大学を出て、各都道府県で採用され、警察学校を出た人たちです。なかには東京大学、京都大学を出た人もいるけれど、ノンキャリアと呼ばれます。

 

都道府県警察に勤める警察官のうち、一部の人は警察庁に異動することもあります。ただし、地方公務員として採用されているので、最終的には採用された都道府県に戻ることになります。都庁や県庁に採用された職員が国の官庁に出向するケースと同じです。

 

また、県警本部で長年勤め、警視正となった場合、本人が望めば地方に勤務しながら国家公務員になることができます。この場合、県によっては給料が下がってしまうこともあるのですが、たいていの人は給料より国家公務員になる方を選ぶといいます。

 

階級は巡査から始まり、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正、警視長、警視監、警視総監となっています。

 

ノンキャリアの場合、巡査で入ります。巡査から警部までの昇任はすべて筆記試験の成績や勤務成績等の総合評価で決まり、年功序列ではありません。ノンキャリアの警察官は仕事と試験に追われる生活なのです。

 

ただし、警部から上の警視、警視正、警視長に昇任する場合には筆記試験はありませんが、一方でポストに空きがなければ昇任できません。

 

そして、ノンキャリアの昇任は警視長まで。警視監、警視総監にはならないというか、なれないのです。たとえ警視長まで昇任したとしても、その時にはすでに定年年齢の60歳に限りなく近くなっています。そこで定年を迎えることになるから警視監、警視総監にはなることはできないのです。もっとも警視総監は東京都にある警視庁のトップ、たったひとりだけの階級です。

 

目安で言えば都道府県警察の警視正とは大規模署の署長もしくは本部の部長にあたります。県警本部の部長とは本部長のすぐ下の職位です。県の治安を預かる大きな権限を持ちます。ノンキャリアで入って都道府県本部の部長まで行けば大したものなのです。

 

なお、東京大学、京都大学を出ても地方採用として警察組織に入る人がいるのは自分が生まれた町の治安をよくしたい、それに加えて、現場で犯人を追いかけたいというふたつの気持ちが主なのかもしれません。

 

刑事は休みも少なく、大変な仕事です。人のために尽くす仕事といえます。やりがいという意味では命を救う医師、消防士に匹敵します。

 

警察庁に入ったキャリアのスタートは警部補です。以後の昇任にも試験はありません。警察庁内と全国各地の警察本部を異動しながら経験を積んでいき、地位は上がっていきます。

 

警察庁に入った後、地方に出て交番や捜査の現場を経験します。その後、警察庁に戻り、係長として行政業務を担当する課長になります。

 

30代中ごろになってから現場の警察署長、もしくは県警本部の部長になり、50歳前後で警視長になるので警察庁の課長や小規模県の県警本部長をやり、その後警視監として大きな県の県警本部長になります。

 

その後、警察庁に戻ってきたら、警察庁本庁の部長、審議官、局長を務めます。

 

本庁の局長職は5つ。別に長官官房があります。5つとは生活安全、刑事、交通、警備、情報通信の各局です。

 

各県警本部には地域部(交番のおまわりさんや白バイ警官が所属する)、公安部(国家体制を揺るがすような事案に対応する警備警察で、東京都のみにある)がありますが、警察庁にはそれに該当する局はありません。地域部は現場の仕事なので、中央官庁の警察庁には必要なく、公安は警備局のなかに含まれています。

 

また、警察庁は2022年から、サイバー攻撃やサイバー犯罪に対処する体制を強化するため、「サイバー局」を新設することにしました。警察庁が直轄する「サイバー直轄隊」も設置します。これによって、現場の捜査権限は都道府県が持つ従来の警察のあり方が変わることになります。

 

よく、テレビのクイズバラエティでは「警察庁長官と警視総監はどちらが偉いのか?」といった問いが出たりします。ためらうことなく、「警視総監」と答える人がいるくらいですから、世の中の大半はどちらが偉いのかよりも、まずは警察庁と警視庁の違いがわからないのかもしれません。

 

国税庁、資源エネルギー庁、海上保安庁、公安調査庁など、「庁」が付くのは国の組織です。警察庁も同じなのです。そして、「庁」は、府や省の「外局」として置かれているものをいいます。

 

しかし、警視「庁」だけは国の組織ではないのです。東京都に属するのに、庁が付くところが、少しややこしいのです。警視庁は東京都にある都道府県警察のことです。神奈川県警や北海道警と同格ですが、呼び名が警視庁となっているだけです。

 

なぜ?と問われたら、それは明治以来の由緒正しい呼称だから変えることが難しいのです。長官は国税庁にも海上保安庁にもいますが、総監と名の付く人物は日本に数少ないです。

 

しかし、総監の方がいかめしそうだし、偉そうな感じがすると誤認する人がいても仕方のないことです。

 

事実は警察庁長官がもちろん警察組織全体のトップです。

警視総監は東京都の警察組織、警視庁のトップなのです。警視総監は警察組織全体では序列は2番目と書いてある資料もありますが、警察庁のナンバー2は警察庁次長です。ナンバー3は官房長です。そして、官房長、次長を務めた人は長官に昇任するのが通例です。また、次長と警視総監の入庁年次や年齢を見ると、次長の方が警視総監よりも年次が古く、つまり、先輩なのです。

 

しかし、ここにもまた例外があります。95代の三浦正充警視総監(2018~20年)は「24年ぶりに警察庁次長から就任」でした。そして、彼以外の歴代総監の前職を見ると、警備局長、官房長、刑事局長だった人もいます。つまり、警視総監は局長を務めてから就任するポストなのです。

 

一方、警察庁長官は先程のように別格の局長ともいえる官房長になり、そして次長を経てから就きます。年齢にすれば、2歳くらい、警察庁長官の方が年上になるのです。

 

長官の月収は117万5000円、総監は110万7000円・・・?!

長官は各省の事務次官と同じ額で、事務次官等連絡会議にも出席します。つまり、各省の事務次官と同格です。一方、警視総監の給料は内閣府審議官、公正取引委員会事務総長、財務官、外務審議官など、各省の審議官、国税庁長官、海上保安庁長官と同じ俸給です。

 

指定職の年俸とはあくまで本俸で、これに地域手当がつくので本俸の1.2倍くらいにはなります。ただ、フェアな意見としては公務員幹部の給料は民間会社の社長に比べると、安いのです。

 

総理大臣でさえ年間4049万円です。総理大臣の責任の重さ、年中無休の24時間営業を考慮すれば、総理大臣の俸給は外資系企業エグゼクティブ、外資系金融マンの給料と比べると、不当とも言えるくらい安く感じられます。

 

ただ、よほどのインフレにでもならない限り、総理大臣や大臣の俸給は上がらないでしょう。国会議員が総理大臣や公務員幹部のそれを増額する法律を提案することは考えられないからです。ただ、国家公務員幹部ともなれば子どもも成長しているだろうし、趣味を楽しむ時間もありません。食事もすべて仕事上の会合、お金を使う場面はほとんどないのかもしれません。

 

警察という組織で、階級、序列と共に重んじられているのは入庁年次、任官年次なのかもしれません。旧陸軍では「星(階級)の数よりメンコ(食器のこと)の数」とされ、軍隊で何年、生活していたかが重要でした。メンコの多い古参軍曹は新任の少尉を呼びつけてマウンティングしていたともいわれています。

 

警察組織も軍隊同様、男子中心のマッチョな世界、キャリア、ノンキャリアの別よりも、現場では年長者の意見が通りやすいのです。

 

たとえば、

若くして警察署長になったとして殺人事件の捜査方針に対して大学を出たばかりの署長がリードできることはなく、地元で長く働くノンキャリアが捜査を進める・・・

 

ただ、民間会社でも現場を持つところは同じようなことがあるはずです。大学を出た若造が、工場へ行って、「鍛造工場のベルトコンベアのスピードを上げろ!」と指示したとしても、現場の人間はちゃんとした根拠がなければ従わないからです。

 

そうしてみれば、日本の会社は軍隊、警察に限らず、「星の数よりメンコの数」的な構造があったりします。

 

そして、警察庁キャリアのなかで、重んじられるのは「星の数より事件の数」です。在籍中、大事件に遭遇した長官、総監は平時の在任者よりも、風格が増し、激戦の戦場から帰った老将軍といった気配を身にまといます。

 

警察関係者が名長官として名を挙げるのが「カミソリ後藤田」「日本のジョゼフ・フーシェ」と呼ばれた後藤田正晴、第6代警察庁長官といわれています。

 

退官後、政界に入って副総理にまでなるのですから極めて優秀な仕事人、長官在籍中には大事件が頻発しています。

 

任期は1969年から72年までの3年間、その間、起こった事件は以下の通りです。

 

よど号ハイジャック事件、瀬戸内シージャック事件と犯人射殺、三島由紀夫割腹事件、成田空港建設反対闘争で機動隊員3名死亡、あさま山荘事件、連合赤軍の群馬県妙義山での12人リンチ殺人、テルアビブ空港乱射事件・・・。まさしく、事件の嵐です。後藤田長官は頻発する重大事件に対してパニックになることなく、冷静に対処しています。

 

しかも、舌鋒鋭く、人を食った発言が残っていて、それがまた彼の魅力と奥の深さともなっています。

 

以下は長官時代の発言からです。

「新聞は警察官が過激派の火炎びんを浴びて殉職すると『死亡』と書く。どうして『殺人』と書かないんだ。あれは誤報だよ!」

 

この発言を聞けば第一線の警察官たちは快哉し、後藤田正晴を尊敬し、大いに信頼するでしょう。

しかし、一方で、身内に対しても遠慮はしません。叱る時は厳しいのです。

 

「『暗い夜道の一人歩きはやめましょう│警視庁』というあの看板、あれはなんだ。暗い夜道を一人で歩いても大丈夫なようにするのがわれわれの役目じゃないか。警察の無能、無策を宣伝するようなあの看板はすぐに撤去せよ!」

 

政治家に対してもひるむ様子はありません。

「きょう、某大臣に会ったら『後藤田クンのゴルフは、よくボールが飛ぶそうだが、どんなショットをするのか』と聞かれたんだ。そこでセンセイ、ゴルフなんて簡単ですよ。あの小さなボールをバカな政治家か、意地悪な新聞記者の頭だと思って力いっぱい殴りつけるんですよ。よく飛びますよって答えてやったよ」

 

もうひとり名長官と呼ばれている第16代長官、國松孝次もまた災害、大事件に遭遇しました。

 

長官時代の1995年には阪神・淡路大震災があり、さらに地下鉄サリン事件を始めとする一連のオウム真理教事件が起こりました。そのうえ、警察庁長官狙撃事件の被害者となりました。3発の銃弾を浴びながらも復帰し、警察トップの威信を守ったのです。普通の人間なら1発でもショック死するところですが、彼の場合は気力と体力があったのでしょうか。殺されずに生き残ったことが警察官全体の士気を高めたといえます。

 

「狙撃犯を捕まえられなかったじゃないか!」と猛烈な批判を浴びましたが、死ななかったことが警察の威信を守ったのです。それが第一の勲功です。

 

しかし、撃たれてしまったことについては、彼と警察組織の不徳でしょう。狙撃事件以降、警察全体が警護を見直すきっかけとなったはずです。

 

彼もまた後藤田正晴と似て、そして、歴代長官の常として、正義感が強かったのです。

阪神・淡路大震災の時は誰よりも早く現場に姿を現し、現場を督励するとともに被災者を見守りました。暴力団対策法を作り、また、被害者救済の道を開いたのも彼なのですから・・・😉

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍