「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

調べ物に時間がかかる人が知らない便利すぎる”無料検索ソフト”

PC内でファイルが行方不明になったり、調べたい情報がさっと出てこなかったりすると、イライラが募るものです😤。

 

人はよほど差し迫った状況でない限り、無意識のうちに物事を後回しにしてしまう生き物です。中でも面倒な調べ物などはついつい後回しにしがち・・・

例えば、パソコン作業の途中で急に何かを思いついたまではいいけれど、その場ですぐに調べずに後回しにしてしまい、結局そのことを忘れてしまってそれっきり・・・誰しもそんな経験が一度はあるのです。

はい!ひとり編集長の私にだってありますとも😉

 

しかし逆に言えば、調べ物の後回しを無くせば、相当多くの時間や資源を節約できることになるのです👍。

 

そこで、「世界から“知らない”を無くす」?という目的の下、最強の無料検索ツール「Everything」と「E START」の超便利な活用法について紹介していきます👍

 

◎無料検索ツール「Everything」とは?

パソコンのローカルあるいはLAN上のドライブのインデックスをあらかじめ作成しておくことで、保存されたファイルやフォルダをキーワードで瞬時に検索できる無料ソフトです。

 

このソフトの特長は、なんといってもそのインデックス作成の速さです。インデックスの作成は初回起動時に自動で行われ、その後はリアルタイムで更新されていくようになっています。検索は、検索語全体を入力する前に検索を開始し、一文字進むごとに検索結果が更新されていくインクリメンタルサーチ方式になっているほか、AND・OR検索やワイルドカード、正規表現を使った検索を行えるなど、豊富な機能を備えています。

 

それでは、Everythingを使いこなしましょう‼

■インストール

Everything(窓の杜)

または

voidtools・Everything

より、ご利用のパソコン環境に該当するものを選択し、ダウンロード・インストールします。

■初期設定

インストールしたら、Everythingを起動し、ツール→オプションと進みます。

① ショートカットキーの割当

画面左のメニューから「全般」配下の「キー割当」を選択→新規検索ウィンドウキーに、起動用のショートカットキーを登録(岡田は他のショートカットキーと被らないようにする「Shift+F1」を設定)→適用

② 検索対象フォルダの指定(共有サーバー可)

同じくメニューの「検索データ」配下の「フォルダ」を選択→追加→「フォルダー」欄に検索対象にしたいフォルダのパス情報を登録→OK→適用

■検索の実行

登録したショートカットキーでEverythingを呼び出し、検索したいフォルダやファイルのキーワードを入力→(瞬時に該当のフォルダやファイルが表示されます)

なお、検索結果のフォルダを右クリックし「フォルダを開く」を選択すると、その該当のファイル・フォルダが保存されているフォルダを速やかに開くことができます。関連ファイルを探したり、ファイルの新旧確認に役立ちます👍

 

それでは、「E START」を使いこなしましょう‼

E START デスクトップバー(正式名称)は、Windowsパソコンで使える無料の検索ボックスツールです。デスクトップバーから検索実行すると、あらかじめ指定された検索エンジンを使って検索結果が瞬時に表示されます。Everythingと合わせて、Googleデスクトップの代替ツールとしても大変便利です(例えば、ローカル・LAN検索はEverything、ネット検索はE STARTという形で使い分ける)。

 

■インストール

デスクトップバー(E START)からダウンロード・インストールします。

なお、Chrome上でダウンロードできない場合は、Internet Explorerを利用してください。

■初期設定

Ctrl2回でE STARTデスクトップバーが表示→Alt+↑↓で通常利用する検索エンジンを選択(筆者はGoogle)→設定ボタンを押す→利用用途に合わせて設定を実施。

■検索の実行

① Ctrl2回でE STARTデスクトップバーがポップアップ。

② 初期設定で指定した検索エンジンのボックス内にカーソルが点滅表示→検索キーワードを入力→Enter→検索結果が表示(②で初期設定したものと異なる検索エンジンで検索したい場合には、Altを押しながら↓または↑キーを押すと、Google以外にもYouTubeやAmazon、Twitterなど検索エンジンを変えることができます)。

 

実際に使い始めてみれば、あまりに便利すぎて手放せなくなるはずです。ぜひ使いこなして、頭によぎったひらめきや疑問を後回しにすることなく、その場で瞬間検索する習慣を身につけていきましょう。数カ月もすれば、その効果が何らか仕事の成果として表れてくるはずですよ😉

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍