「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




コミック

荒野にたたずむオオカミは、心に傷を抱えていた・・・

荒野にたたずむオオカミを描いた、したら領さんの漫画『眠れないオオカミ』のコミックが、2021年2月22日にKADOKAWAから発売されました。価格は税込1320円です。

 

一体、どんなスト-リ-なのでしょうか?

 

主人公は1頭のオオカミです。眠れないまま荒野にたたずんでいます。訪ねてくるのはモグラやハチ。オオカミのことをからかう者、境遇を気遣う者などさまざまです。

 

物語が進んでいくと、かつてオオカミの隣に白いメスのオオカミがいたことや、オオカミがその場所から動けないことが明かされます。

 

白いオオカミの故郷は花の丘の上。だからオオカミにも「花を咲かせて」と語ります。白いオオカミのぬくもりを思い出すオオカミ。また眠れないまま朝を迎えます・・・

 

オオカミのことを気に掛けるハチは、植物の種とジョウロを届けます。オオカミに新しい目標を持つようにすすめるハチ。この種から芽吹くのはオオカミにとってどんな“希望”なのでしょうか・・・

 

絵本のような雰囲気もありますが、ストーリーは大人向けです。他の生き物を傷つけたり、捕食したりする生々しいシーンも描かれています。

 

特徴的なのはオオカミがほとんど言葉を発しないことにあります。おそらく、それは読む人に解釈をすべてゆだねられているようにも感じます。

 

コミックは3巻に分かれていて、上巻が2021年2月22日、中巻が同年3月8日、下巻が同年3月22日に発売されます。

 

さらにアーティストとコラボしたMVの公開も同年3月下旬に予定されているとのことです。

 

コミックのもつ独特の世界が、どんな音と組み合わされて表現されるのか楽しみです。

眠れないオオカミ 上 (MFC) [ したら 領 ]

価格:1,320円
(2021/3/10 09:43時点)
感想(0件)

眠れないオオカミ 中 (MFC) [ したら 領 ]

価格:1,320円
(2021/3/10 09:46時点)
感想(0件)

眠れないオオカミ 下 (MFC) [ したら 領 ]

価格:1,320円
(2021/3/10 09:48時点)
感想(0件)

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍