「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

署名・押印だけでも膨大!「天皇の仕事」は激務だ・・・

日本国憲法第1条に「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」と規定されている天皇。みなさんは天皇が、どんな仕事をしているのか知っていますか?

 

ふだん私たちは天皇のお務めをじっくり考えることはありません。天皇、皇后両陛下が外国の賓客に晩餐会を催された、両陛下が地方を視察された、音楽会のチャリティーにご臨席された・・・など、こうした話題も、よほど関心のある人でないと、その意味を深く考えることはないのではないでしょうか。

 

近年、天皇のお仕事についてあらためて人々が考えるきっかけとなった出来事があります。それは、2016年8月、明仁天皇(現・上皇陛下)がテレビのビデオメッセージを通じて生前退位のご意向を示唆したときでした。平成になって明仁天皇がいかに数多くの「お務め」を果たしてきたかがあらためて明らかにされました。

 

天皇のお務めは、憲法に規定された「国事行為」、憲法にも法律にも規定のない「公的行為」、「その他の行為」に分類されるというのが一般的な考えです。このうち国事行為は、憲法第6条、第7条、第4条2項に具体的に定められています。

 

◎憲法第6条

・国会の指名に基づいて、内閣総理大臣を任命すること

・内閣の指名に基づいて、最高裁判所長官を任命すること

◎憲法第7条

・憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること

・国会を召集すること

・衆議院を解散すること

・国会議員の総選挙の施行を公示すること

・国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること

・大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること

・栄典を授与すること

・批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること

・外国の大使及び公使を接受すること

・儀式を行うこと

◎憲法第4条第2項

・国事行為を臨時代行に委任すること

これらの国事行為は、天皇が国家機関として、内閣の助言と承認に基づいて行うとされています(憲法第3条)。

「助言と承認」の意味は「内閣が実質的に決定すること…そして天皇はそれに形式的名目的に参加される」(1988年10月の参議院内閣委員会で当時の内閣法制局長官)と解釈されています。

 

それでは、天皇はその行為に対して拒否権をもつのでしょうか?

 

これについて「内閣が助言と承認をしながら、天皇がその行為を行われない、つまり拒否されるということは憲法に認めていない」(1964年4月の参院内閣委員会での当時の内閣法制局次長)との解釈です。

 

この国事行為は宮殿「菊の間」の執筆室でのデスクワークが中心となります。最高裁長官の任命、国務大臣その他の官吏の任免の認証、法律や条約の公布、大使の信任状の認証など、毎週、火曜日と金曜日の閣議で決定された書類は、毎回、天皇のお手元に届けられます。

 

天皇はそれらを丁寧にご覧になってご署名やご押印をされるのです。今上天皇の場合、その数は即位された2019年5月から年末の8カ月間で約700件、翌2020年の1年間は995件になりました。

 

一方、憲法にも法律にも規定されていない「公的行為」と「その他の行為」ですが、「公的行為」は「象徴としての地位に基づく行為」と解釈され、「象徴としての地位からにじみ出る行為」とも表現されています。「その他の行為」は私的行為ともされています。

 

まず、公的行為です。皇居で行われる公的行為には「新年祝賀」「新年一般参賀」「天皇誕生日祝賀」などや、文化勲章や文化功労者、日本芸術院会員への「謁見」や「昼食会」、任地に赴任する大使夫妻などをお招きになって催す「お茶会」などがあります。「ご会釈(えしゃく)」というお務めは、皇居内の清掃奉仕のため全国各地から集まる人々とお会いになることです。

 

皇居以外では、全国戦没者追悼式や日本学士院授賞式、日本芸術院授賞式などへのお出まし、毎年春と秋の2回、赤坂御苑で催される園遊会。さらに全国植樹祭、国民体育大会、全国豊かな海づくり大会などにご出席のため地方に行かれる行幸啓があります。行幸啓とは天皇・皇后がご一緒に外出されること、天皇だけのときは行幸、皇后だけのときは行啓といいます。

 

また被災地のご訪問や、地方の福祉・文化・産業施設などもお訪ねになって、関係者を慰められ、また励まされるのも公的行為に含まれます。外国ご訪問もそうです。こうして見てもわかるように、公的行為はさまざまな分野におよぶのです。

 

平成になって明仁天皇の公的行為は拡大しました。例えば昭和天皇と明仁天皇がそれぞれ82歳だったときを比べると、行幸啓では昭和天皇は42件、明仁天皇は128件です。お茶会では昭和天皇4件、明仁天皇57件です。明仁天皇がいかに活動的、能動的だったかわかります。

 

その他の行為は私的な行為ともされていますが、これは2つに分けられています。「私的なものでも公的性格や公的色彩を有するもの」と「純粋に私的なもの」の2つです。

 

例えば同じ音楽会へのお出ましでも、文化芸術を奨励する意味合いがあったり、チャリティーといった公的な趣旨があったりするものの場合は前者になり、純粋に個人的なご関心でのご出席は後者になります。大相撲の観戦や展覧会のご鑑賞は後者に入ります。

 

「純粋に私的なもの」の中心は宮中祭祀(祭儀)です。宮中祭祀は皇居内の宮中三殿を使って行われます。

 

宮中三殿は賢所(かしこどころ)・皇霊殿(こうれいでん)・神殿(しんでん)の総称です。賢所は皇祖天照大神がまつられています。皇霊殿には歴代天皇・皇族の御霊がまつられており、崩御(ほうぎょ・天皇が逝去されること)・薨去(こうきょ・皇族が亡くなられること)の1年後に合祀(ごうし)されます。また神殿には国中の神々がまつられています。

 

天皇は祭祀を大切に受け継がれ、国家と国民の安寧と繁栄を祈られます。年間約30件の祭祀が行われています。収穫豊穣を祈願する「祈年祭」(2月17日)、春分の日に行われるご先祖祭の「春季皇霊祭」(春分の日)、賢所に新穀を供える神恩感謝の「神嘗祭(かんなめさい)」(10月17日)などがあります。

 

宮中祭祀のなかで最も重要なものが11月に行われる「新嘗祭(にいなめさい)」(11月23日)です。新穀を皇祖はじめ神々にお供えし、神恩を感謝された後、天皇もお召し上がりになる祭りです。天皇自ら栽培された新穀もお供えします。

 

宮中祭祀は政教分離の観点から、天皇家のプライベートなお金である内廷費から支出されています。新嘗祭ももちろんそうです。しかし天皇が即位した年に行われる新嘗祭は一世一度の祭祀として「大嘗祭(だいじょうさい)」と称され、これだけは私的なものながら公的性格も有するとして宮廷費で賄われています。

 

天皇のお務めを国事行為、公的行為、その他の行為(私的行為)で見てきましたが、象徴天皇はどうあるべきかという議論はこのお務め、とくに公的行為と密接に絡んでいます。

 

象徴天皇のあるべき姿について、大きく存在論と機能論が対立しています。存在論とは天皇は存在しているだけで十分で、国家と国民のために祈り、祭祀を執り行っていただければいいとする意見です。これは保守派、右派を中心に根強くあります。

 

右派からすると、天皇が公的行為をすればするほど、本来持つ宗教的権威が失われてしまう。天皇が国民に寄り添うということは「国民並み」になってしまうことだと主張します。

 

一方、機能論の立場は、天皇の行動に焦点を当てます。「象徴」として国民の信頼を得るためには、国民の苦しみ、悲しみ、喜びに共感し、寄り添っていることを行動で示す必要があるというのです。

 

明仁天皇のビデオメッセージの発表後、安倍晋三首相が設置した「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(2016年10月~2017年4月)は、何回かに分けて天皇や皇室に詳しい有識者にヒヤリングを実施しました。ここで存在論と機能論の主張者が対照的な論議を展開しました。

●存在論の根拠

「天皇陛下がいつまでもいらっしゃるというご存在の継続そのものが国民統合の要となっている。ご公務をなされることだけが象徴を担保するものではない」

「天皇は祭り主として『存在』することに最大の意義がある。『公務ができてこそ天皇である』という理解は、『存在』よりも『機能』を重視したもので、天皇の能力評価につながり、皇位の安定性を脅かす」

●機能論の根拠

「天皇は存在されるだけでは、『天皇が象徴である』ということに多くの国民の賛同を得ることはできず、皇室が長く続くためには国民や社会の期待に沿うあり方であることが必要である」

「象徴天皇の役割は、憲法でその地位を基礎づけられている日本国民の総意に応えられるよう、国家と国民統合のため、自ら可能な限り積極的に『お務め』を果たされることだ」

 

公的行為には明確な法律上の定義がなく、その時々の天皇の裁量や宮内庁の解釈に委ねられています。ただ先に述べたように昭和天皇と比べ、明仁天皇の公的行為は多岐にわたりました。そこには国民統合の象徴であるためには能動的でなければならない、という明仁天皇ご自身の明確な考えがあったことは間違いないでしょう。

 

存在論と機能論が対立するなか、明仁天皇が象徴天皇とはどうあるべきかをご自身の言葉で明確に語ったのが2016年8月のビデオメッセージでした。ここで明仁天皇は天皇の務めとして、「何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ること」と「同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うこと」の2つを挙げました。

 

前者は「祈り」であり、後者は人々と交わり、声を聴き、人々の願いと思いを共有していくこと、つまり「公的行為」です。祈りと公的行為はどちらを優先するかの問題でなく、どちらも大切なのです。右派の言うように祈りだけをしていればこと足りるわけでなく、また公的行為だけで満足すべきものでもないのです。この2つは互いに深く結びついているとの認識が明仁天皇には明瞭にあります。

 

8世紀の律令制度の下で国家の祭政一致体制が確立されました。今日、天皇が「祈り」と「公的行為」を同時に担われていることは、象徴天皇制における祭政一致の一つの形と言ってもいいのかもしれません。

 

昭和天皇が亡くなられたとき、明仁天皇はすでに決まっているご公務以外、公的行為は何をすべきかが明確ではなかったと思われます。しかし自然災害が多発するなかで、美智子皇后と被災地に何度も足を運ばれ、避難所を見舞われ、被災者を励まされてきたのです。膝をついて被災者と対等な目線で言葉を交わすスタイルがここから確立したのです。

 

またある時期から始まった戦災地などへの「慰霊の旅」も、平成の時代の公的行為を特徴づけるものになりました。公的行為も国民の支持がなければなりません。

 

明仁天皇は手探りしつつ、人々の反応を見ながら、公的行為の地平を広げられてきたと思われます。皇太子時代、ご両親が実践されていた公的行為を間近に見られてきた今上天皇も、国民統合の象徴であるために公的行為がいかに大切か、十分にご存じなのでしょう😊

 

天皇の仕事とは、それはとてもとてもハ-ドで激務なのです👍

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍