「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

結局ラジオは強い! ラジオスタ-の喜劇??

テレビやインターネットが普及した今でも、なお熱心なリスナーが存在するのがラジオです。近年はネットラジオなど新しいフォーマットも広がりを見せて、より多様な楽しみ方が可能になっています。

 

ラジオスタ-は決して悲劇ではなかったのです👍。

日本の主な代表的なラジオのキー局は6社あります。

 

◎ニッポン放送

フジサンケイグループに所属するニッポン放送。なんといってもさまざまな有名人が担当する「オールナイトニッポン」が有名かもしれません。物議をかもすことも多い「テレフォン人生相談」や、アニメなどポップカルチャーの情報を取り扱う「ミューコミプラス」などの人気番組もあります。

文化放送とともに日本最大の民放ネットワーク「NRN」のキー局も務めています。誤解されがちですが、NRNは公共放送の「NHK(日本放送協会)」とは全くの別物です。

 

◎文化放送

「日本文化放送協会」が前身で、1956年に現在の「文化放送」になりました。当初は報道面の活躍が著しかったものの、1990年代以降はサブカルチャーを扱った番組に力を入れています。

アニメやゲームの情報を取り扱う「A&Gゾーン」では人気声優による情報番組「エジソン」やアニソンやゲームソングを扱う「阿澄佳奈のキミまち!」「こむちゃっと カウントダウン」など、アニメ・ゲームについての番組が多く放送されています。

またネットラジオ「超!A&G+」では「鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト」や「井口裕香のむ~~~ん ⊂( ^ω^)⊃」など、動画付き生配信の番組なども多く、よりディープな番組が放送されています。

 

◎TBSラジオ

名前のとおり、テレビ局のTBSとは同系列です。ターゲットの年齢層が幅広く、AMラジオ放送局の中でも高い聴取率につながっているのが特徴です。

パーソナリティの上質な語りにも定評があり、「大沢悠里のゆうゆうワイド」や「永六輔の誰かとどこかで」などの名番組を生み出しました。

深夜の「JUNK」は伊集院光さんや、爆笑問題、おぎやはぎ、バナナマンなどの人気番組が揃っています。また、24時台「3兄弟」と言われている「アルコ&ピース D.C.Garage」、「うしろシティ 星のギガボディ」、「ハライチのターン」も高い人気を誇っています。

 

◎エフエム東京

FMの中では最大級の規模と人気を誇る「エフエム東京」。人気声優・鈴村健一さんがメインパーソナリティとなった朝の情報番組「ONE MORNING」やバラエティ性の高い番組が豊富で、「SCHOOL OF LOCK!」や福山雅治さんによる「JET STREAM」などの有名番組を数多く抱えています。祝日には「ホリデースペシャル」として特番が組まれるのも特徴です。

 

◎J-WAVE

1987年に、パルコや西武百貨店などのいわゆる「セゾングループ」が中心になって開設されたFM放送局です。

オシャレな雰囲気が人気のラジオで、放送される音楽が洋楽中心だった頃に邦楽を取り扱い、「J-POP」という言葉の発祥となったことでも知られています。いわゆる「旬」を届ける番組が多く、2020年終了した「GOLD RUSH」などは、その定番でした。

 

◎InterFM

外国語放送の全国ネットワークである、「メガロポリス・レディオ・ネットワーク」のキー局です。

1995年の阪神・淡路大震災をきっかけとして、外国人にも情報を届けることを目的に設立されました。そのため当初は外国語での放送が中心でしたが、近年は魅力的な日本語の番組も数多く制作されています。

メディアの多様化が急速に進んでいく中で、今もなお色あせない存在感を持ち続けるのがラジオといえます。

おうち時間や作業中だけでなく、夜は深夜ラジオにメールを投稿しているという人もいると思います。みなさんが好きなラジオキー局はどこですか?

 

そして、最後にNHK第一を忘れてはいけません!なぜなら電波が強めなのか 、車で移動しててもかなりクリアに入ってくるからです・・・個人的にそう思っています!😅

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍