「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

秋に映える朱色の極楽浄土 京都の世界遺産「平等院」

古の日本の姿を現代に残す街として、国内外から圧倒的な人気を誇る京都。数多くの歴史的建造物をはじめ、京都でしか見ることのできないその光景の数々・・・

 

名所ばかりの京都のなかでも「極楽浄土」をイメージして作られたといわれる寺院「平等院」。言葉を失う見事さが眼前に広がる平等院の秋、それは平安の文化を現代に伝える、極楽浄土を再現した華麗なる国宝です。

 

『源氏物語』の舞台でもあり、藤原道長の別荘となったのちに寺院となっていまに至る、平安時代からおよそ1000年の歴史を紡いでいる平等院はまた、ユネスコ世界遺産に登録されている「古都京都の文化財」のひとつでもあります。

 

平安時代後期の文化が現存しているという背景だけでも心が躍る場所であり、その建築の見事さは目が離せなくなるものです。

 

なかでも鳳凰堂は10円玉硬貨の裏側に刻印されていたり、屋根の鳳凰は1万円札にも印刷されているなど、日本を象徴するデザインです。

 

朱色が印象的に使われた寺院には、丁寧に手入れされた庭園が広がります。鎌倉時代~平安時代に文化として根付いた浄土式庭園ですが、平等院では背景に見える山々や宇治川までもを含めて「極楽浄土の光景」として作られている、まさに国宝に相応しい華麗さです😊

 

秋には、鳳凰堂の周囲を包み込むように植樹されたカエデの木が真っ赤に色づき、一層華やかな姿になります。寺院の前に広がる阿字池の水面に木々が反射し、文字通り「極楽」といえる絶景に変身するのです。

 

始まりは奈良時代ともいわれる浄土式庭園を現在も完璧な姿で見ることができる平等院。それだけでも見どころであるにも関わらず、紅葉によって一層華やかになる姿は必見といえます。

 

「鳳凰堂」の周囲だけでなく、庭園内は至るところで色づいているため、ゆったりと散歩するだけでも存分に満喫した気分に😊また「平等院ミュージアム鳳翔館」に入ると建物内から庭を見るというアングルも楽しめます👍

 

鳳凰堂の阿弥陀如来坐像や天蓋、そして「平等院ミュージアム鳳翔館」に展示されている重要文化財や国宝など、日本の宝の数々も一緒に見学すれば、贅沢な秋の時間がたっぷりと味わえるかもしれません。

 

秋の紅葉といえば11月で終わってしまうイメージですが、例年11月中旬~下旬が見ごろのピークとなる平等院では、12月を迎えると、散った紅葉の葉が至るところで絵になる光景を作り出しているため、その儚さを見学に出向いてみるのも味わい深い楽しみ方です。

 

◎見ごろの時間帯:日中~夜のライトアップ

平等院を訪れるのに、紅葉に染まったモミジなどの木々が美しく、庭園内の隅々まで見渡せる晴れた日の日中は完璧なタイミングです。それに加え、紅葉が夕焼けに染まる夕方も見ておきたいものです。

 

さらに見逃せないのが、なんと平等院は夜間のライトアップがあること。200本にものぼる庭園の紅葉した木々と鳳凰堂がライトアップされるという、夜の特別拝観イベント「瑞光照歓-錦秋のあかり-」です。

 

2021年の開催情報についてはまだ発表されていませんが、明るく照らされた鳳凰堂が眼前の阿字池に映し出されるようすのあまりの素晴らしさに、毎年必ずここを訪れるというかたも後をたたないといいます。

 

◎おすすめアクセス:JR奈良線「宇治駅」または京阪電車宇治線「宇治駅」より徒歩約10分

 

平等院へは、JRの奈良線・宇治駅または、京阪電車宇治線・宇治駅から向かいます。ともに歩いて約10分ほどで到着できるため、とてもアクセスしやすい場所といえます。

 

平等院には専用駐車場がないため、車で訪問予定のかたはご注意をしてください。また、紅葉の時期は周辺も大変混み合うため、できる限り公共交通機関を使用してのアクセスがおすすめです。宇治茶で有名な宇治市では、平等院の近隣でも、お茶を扱うお店を多く見ることができるため、駅から歩いて向かうのも楽しめるかもしれません👍

 

1000年の歴史を現代に伝える世界遺産・平等院。1年を通じて美しい平等院と浄土式庭園が、一層豪華に彩られる秋、そこは極楽浄土の世界なのです🙆

 

平等院
京都府宇治市宇治蓮華116
0774-21-2861
宇治
庭園・鳳翔館 大人 600円/中高生 400円/小学生 300円
定休日:なし(茶房を除く)
庭園:8:30〜17:30(受付終:17:15)
平等院公式ホームページ

※なお、新型コロナウイルス感染拡大時のお出かけを推奨するものではありません。新型コロナウィルスの海外渡航・入国情報および各施設の公式情報を必ずご確認のほどを😉

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍