「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




映画

映画の部屋#1 「タ-コイズの空の下で」

「タ-コイズの空の下で」 (2021年日本、モンゴル、フランス) 監督 KENTARO 出演 柳楽優弥 ほか

 

裕福な家庭で育ち、自堕落な暮らしをしているタケシ(柳楽優弥)は、実業家の祖父からモンゴルに行くように命じられます。

 

戦後、モンゴルで捕虜生活を送った祖父が現地の女性との間にもうけた娘を探すのが目的だったのです。馬泥棒のモンゴル人(アムラ・バルジンヤム)とともに試練の旅へと出かけるのですが・・・

 

海外で俳優、ア-ティストとして活動する監督KENTAROの初の長編映画です。何処までも続く果てしない草原を舞台に2人の珍道中が繰り広げられていきます。

 

劇中のセリフは極端に少なく、警察とのカ-チェイスなどユ-モアあふれる出来事を経ていきながら、段々とタケシがモンゴルの風土に馴染んでいく様子が、サイレント映画のような趣で綴られます。

 

目に飛び込んでくる情景すべては絵画的で、何より心を奪われます。なだらかな稜線に沈んでいく夕陽、ゆったりと流れ行く大河、崖の上に佇む人影、移動式住居のゲルに飾ってある写真やイラストも非常に味わい深く、観る者をモンゴルの大平原を旅したような気分にさせてくれます。

 

また、主演である柳楽優弥の肩の力を抜いた自然な振る舞いの演技もこの映画をより豊かなものにしていると思います。

 

みなさんもぜひ、この映画を通してモンゴルの大平原を体験してみてください😉

【先着特典】夜明け(特装限定版)【Blu-ray】(縮刷ポスター) [ 柳楽優弥 ]
ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍