「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

日本最古の神社のひとつ、大神神社の謎

奈良と言えば、法隆寺や東大寺など日本を代表する寺を思い浮かべる人が多いでしょう。実は、それらが建立されるより古くから存在し、日本の始まりを物語る神社もいくつかあるのです。そのひとつが、桜井市の三輪山のふもとに鎮座する大神神社です。「大神」と書いて「おおみわ」と読むところからもわかるように、この神社に祀られる神は、神の中の神であり、もっとも偉大な神といわれているのです。

 

『古事記』や『日本書紀』には、この神社の創始にまつわる伝承が書かれています。『古事記』によれば、大物主神という神が出雲の国の大国主神の前に出現し、自分を大和の東の山(三輪山)に祀れば国造りを成就できると告げました。『日本書紀』によれば、その時大物主神は、自分は大国主神の別の御霊であると語り、三輪山に鎮座したとのことです。つまり、大物主神は大国主神と同一の神ということになります。

 

こうした伝承を持つ神を主祭神として祀るため、この神社のご利益は、まず国造り、そこから農業、工業、商業すべての産業開発、交通、航海、縁結び、酒造りなど、人々の暮らしの安定と幸福にまつわるあらゆることがらを網羅し、実に幅広いのです。また疫病を鎮めたという伝承もあるため、製薬、病気治癒のご利益もあるといいます。

 

神社の境内は広く、さまざまな伝承を持つスポットや摂社がありますが、まずは、まっすぐに拝殿前に行ってお参りをしたいものです。そしてここで、この神社の大きな特徴に気づくのです😲

 

一般的な神社では拝殿の背後にはご神体を祀る本殿があるものですが、この神社にはそれがなく、境内全体を包み込むように聳える三輪山そのものをご神体としているのです。山や岩などの自然物をご神体とするのは、より古い時代の信仰形態といえます。

 

拝殿とご神体の山の間を区切る鳥居も、ここだけで見られる独特の形です。中央の大きな鳥居の左右に小さな鳥居があるため、三ツ鳥居または三輪鳥居と呼ばれています。この鳥居も、本殿に代わる存在として神聖視されてきました。以前はこの前に立ってお参りもできたのですが、昨今は新型コロナウイルス感染拡大防止のため拝観停止中の可能性もあるので注意してください。

 

また、これも現在は停止中のようですが、実は、ご神体の三輪山にも登拝することが可能です。通常の登山とは異なる点が多々あります。

 

まず、登り口で不要な荷物を預け、そこにおいてある幣で自分自身にお祓いを施します。神聖な地に足を踏み入れるのですから、まず自らの穢れをすべて落として行く必要があるのです。撮影、飲食はむろん禁止です。下世話な話ですが、トイレもありません。山内で見たものについて語るのもよくないとされています。

 

境内には、他にも、古代への入り口のような謎めいた場所が多く、中でも印象深いのは、巳の神杉と呼ばれるご神木です。

 

大神主神は数々の女性と恋に落ちた大国主神の化身でもあるため、やはり、エロティックな伝承を持っています。顔を隠して夜な夜なある娘を訪ね、怪しんだ娘が正体をあばくと、実は蛇だったという驚くべきストーリーです。

 

そのためこの神社では、蛇も神として大切にされ、参拝の際に蛇の好物とされる生卵をお供えする風習があります。

 

お参り後にぜひご賞味したいのは、この地の名物、三輪そうめんです。神社を出たところからJR桜井線の駅周辺まで、いくつもの店があります。

 

三輪山から下ってきてすぐ、店に駆け込んで、冷たいそうめんをいただく。つるつるとのどごしのよいそうめんが、この世で一番のごちそう・・・いや、もしかすれば、それは大物主神からのご褒美なのかもしれませんよ👍

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍