「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




世界

日本のWebサイトは「アメリカのサイト」に勝てないのか?

新型コロナウイルス対策接触確認アプリ「COCOA」、東京証券取引所システム、新型コロナウイルスワクチン接種の予約システムなど、現在のコロナ禍において、日本のITシステムに次々と障害が発生し、報道されたのは、記憶に新しいと思います。

 

上記は有名な例ですが、じつはこれ以外にも多数の障害が発生している(参考「情報システムの障害状況一覧」、IPA独立行政法人情報処理推進機構)といいます。この背景には、ITシステムの機能以外の「非機能要求」と呼ばれる性能やセキュリティなどの品質が、日本は世界に比べて弱いという問題があるというのです。

 

一般のユーザーにとっては身近なWebサイトやモバイルアプリの遅延として実感することが多いITシステムの品質問題。

 

それではなぜ、タイトルのように日本のWebサイトがアメリカのサイトに勝てないのでしょうか?

 

ある家電量販店で買い物をした時の話です。そのお店は会計の際に、専用のモバイルアプリを起動してポイントを付与してもらうのですが、アプリを起動して待っていても、なかなか画面が表示されません・・・レジを担当した店員の方が苦笑いと共に「携帯の通信が悪いみたいで」とおっしゃいました。

 

このような表示速度の問題を携帯会社の通信品質を理由にしている場面に出くわした経験はないでしょうか?

 

そんなときは、同じ場所からブラウザで、気象庁などの官庁のWebサイトにアクセスしてみてください。実にすんなりと表示されるはずです。

 

これは何を意味しているかというと、家電量販店のモバイルアプリの遅延は、携帯会社の回線の品質の問題ではなく、そのアプリそのものが問題ということなのです。

 

スマートフォンでWebサイトやモバイルアプリを利用する際に反応が遅いのは携帯回線のせいだという予想は、実は間違っている可能性が高いのです。今は4Gから5Gへの過渡期なので、問題がいくつか生じてはいるものの、基本的に日本の携帯回線の品質は世界と比べても高いからです。

 

それでは、携帯回線の品質が高いのにもかかわらず、日本のWebサイトが遅延するのはなぜなのでしょうか?これには大きく3つの原因が考えられます。

 

1.Webサイト発展の起源の違い(アメリカは「ITシステム」、日本では「広告媒体」)

 

1999年~2001年の「ブロードバンド革命」で、インターネット接続は128Kbpsで通信するISDN回線に代わって、下り1.5Mbpsで通信するADSLが登場することで、社会でインターネット回線敷設が普及し、それに伴いWebサイトも爆発的に増えていきました。

 

日本において、Webサイト制作を主に担ってきたのは、広告業界です。従来の紙やテレビ媒体に代わる、新しいメディアの一つとして、Webサイト制作が発展してきました。そのため日本のWebサイトはいかにユーザーの目を惹くかという「ビジュアル」中心で発展してきた歴史があるのです。

 

しかし、美術的な評価がそのままビジネスの成果に結びつくかと言えば、それはまた別の話になります。

 

アメリカの場合は日本とは異なり、仕事をするためには、その仕事に関係する学位を取得しなければ就職できないというシステムになっているため、ITの仕事は、基本的にコンピュータサイエンスの学部を卒業していないと就職できません。日本企業が情報科学の学部を卒業していなくても、IT業界で働けるのとはまるで対照的です。

 

この背景からアメリカでは、Webサイトの制作をシステムとして技術者が担いました。「アメリカのWebサイトはデザイン的にイケてない」と揶揄された時期もありましたが、画面のデザインは、日本がビジュアル表現を中心として成長したのと対照的に、UI(ユーザーインターフェース)論で発展しました。

 

このWeb制作の発展の歴史の違いは現在も続いていて、日本の多くの制作会社で画面デザインはWebデザイナー、実際のHTMLやCSS、JavaScriptを使ったコーディングはフロントエンドエンジニアやWeb開発者と分離して制作しています。

 

それに対して、アメリカでは画面デザインをしている人がそのままコーディングを行っていて、Web DeveloperやFrontend Developerという肩書で仕事をしています。中には、デザインを専門にしている職種としてUI Designerという職種がありますが大学でHuman Interface論などを学んでいることが求められるのです。

 

2.インターネット環境の違い

 

日本のWebサイトが遅延する要因として、次に挙げられるのは、インターネット環境の違いです。

 

日本は国土が狭いこともあって、ブロードバンド網の整備は国土を縦断する光ファイバー網が新幹線の線路沿いや、高速道路の側溝に敷設されていたので、「背骨」となる部分はできあがっていました。

 

それに対して、アメリカはケーブルTVが普及していたので、インターネットアクセスの普及率は日本とさほど変わりませんでしたが、国土の広さ故に高速なブロードバンド網を国土全体に整備するには、長い時間が掛かりました。

 

それでは、速度についてはどうでしょうか?

 

世界的に様々な大手企業のWebサイトの配信をしているCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)の大手ベンダーAkamaiが毎年発信している「The State of the Internet」(インターネットの状況)という調査レポートがあります。その2008年のデータをもとに考えていきます。

 

日本は、2008年の時点で、接続速度が5Mbps以上である割合が48%で世界2位です。3か月前の状況から、5.8%上昇しています。それに対してアメリカは20%と日本の半分以下で、伸び率も0.9%となっています。

 

この2つのデータから、アメリカはインターネットの普及率は日本と大差がないものの、速度の面においては大きな課題があったことがわかるのです。

 

そんな速度が遅いという国家的な事情から、1995年にはKeynote Systemsという会社が誕生し、Webサイトの表示速度を計測するサービスをスタートさせ、多くの企業が24時間365日、定常的にWebサイトの表示速度や繋がりやすさを統計的に計測・監視する企業文化が育っていくことになります。

 

3.技術者教育の違い(非機能要求の教育ができない日本)

 

それでは、全ての日本企業で「媒体」としてWebサイトが存在したのか? というとそんな事はないのです。大規模なアクセスのあるWebサイトはもちろん、「ITシステム」として、多くの技術者の皆さんが発展に寄与してきました。

 

その先にある技術者教育の違いも大きく影響を及ぼしていると考えられます。主に「ITシステム」の教育では、大きく二つの要素が求められます。

 

◎機能要求

そのITシステムで実行したい機能に関する要求。機能要求は、制約条件を付けずにITシステムで実行したい機能に関する振る舞いや能力のことをいいます。

 

ITシステムの機能規模を測定する手法の一つとして、1979年にIBMのアレン・J・アルブレヒトが考案した「ファンクションポイント法」があります。

 

これは、ITシステムの機能は「入力」「出力」「参照」の3つのいずれかに該当し、その機能数を数えることでシステム開発の規模を定量化して計算するという手法です。

 

・入力:データの入力を受け付けて、ファイルを追加・修正・削除したり、システムの動きを変えたりする。

・出力:データを計算で加工して取り出す。

・参照:データを加工せず、システムの動きも変えない、データを見るだけ。

このファンクションポイント法で考えると、機能要求がわかりやすいのです。

例えば、ポイントアプリを例に考えてみます。

・ログインする:入力

・ユーザ情報の登録、変更、削除:入力

・ポイント登録:入力

・ポイント利用:出力

・現在保有しているポイントの確認:参照

・近所のポイントが使えるお店一覧:出力

 

◎非機能要求

そのITシステムで実行する機能を下支えする、システムが動作するための要求。日本情報システムユーザー協会(JUAS)は、非機能要求を以下の10種類で定義しています。

・機能性

・信頼性

・使用性

・効率性

・保守性

・移植性

・障害抑制性

・効果性

・運用性

・技術要件

ITシステムはメーカー製のハードウェアで統一されたホモジニアス(同種・同質)から、様々なメーカー製のハードウェアを利用するヘテロジニアス(異種・異質)へと時代が変わっていきました。

 

ホモジニアスなITシステムであれば、ソフトウェアもそのメーカーが提供している事が多いので、品質問題が発生すればメーカーに頼れば良かったのですが、ヘテロジニアスなITシステムでは、システム全体の品質管理をメーカーに頼る事ができません。

 

それぞれのメーカーは、自分たちの販売した製品の範疇でしか品質保証もサポートもしてくれないからです。コストダウンと引き換えに、システム全体の品質管理を自社のIT部門で何とかしなくてはいけない時代が到来したのです。

 

非機能要求の品質保証は、従来はハードウェアメーカーや回線事業者が担ってきた為、ソフトウェア技術者にノウハウが備わっていないことがほとんどです。

 

日本のソフトウェア開発に貢献された技術者の方々は、コンパイラやプログラミング言語仕様の策定に力を尽くしてきました。それらの分野は、純粋数学の延長線上にあるもので、全てが計算によって一意に定まる世界です。

 

しかし、ハードウェアの世界は、物理的に揺らぐ世界であり、一意に定まらない、バラツキの世界。ソフトウェア技術者は、頭では理解していても、実感としては理解できない方が多いのです。Webサイトの表示速度や繋がりやすさについても、自分が確認しているものが、他でも同じという「点」でしか捉えられない技術者が多い印象をうけます。

 

アメリカやヨーロッパの大学のコンピュータサイエンス関係の学部では、シラバスに「パフォーマンスチューニング」が入っていることが多いですが、日本の大学ではほとんど見かけません。

 

日本の大学では機能要求に関する教育が中心で、非機能要求に関する教育体系が整っていないため、「パフォーマンスチューニング」の分野が発展しないのだと考えられます。

 

私たちは、これからも、様々な企業がつくるハードウェアを使い、様々なネットワークの結合体であるインターネットを利用して通信し、それらを使って動かすITシステムを作るでしょう。

 

メーカーや通信事業者は、自分たちが提供するものだけしか、品質の保証をしてくれません。Webサイトは、その典型といえます。

 

それでは、Webサイトの品質が、どうしてビジネスで重要なのでしょうか?

 

どんな商取引であっても、商品やサービスの存在、またそれらを売っている企業のことを知らなければ、買うことができません。

 

インターネットの普及以前は、その「知ってもらう」という役割を、国内や海外に支店や販売店を増やしたり、TVでCMを流したり、チラシや看板などを使ってきました。

 

これがインターネットの普及に時間とお金を掛けずに、Webサイトを使って発信さえすれば、情報を知ってもらい取引をスタートできるようになった、それが現在のインターネットが中心となったデジタル経済です。

 

世界経済は、交通機関の発達や技術の発達により、情報が伝わる速度が加速するほどに発展してきたのです。

 

大手コンサルティング会社デロイトでは、5Gを「Fuel for Economic Growth」(経済成長の燃料)と表現しました。世界各国が5Gの普及に多額の投資をしているのは、情報伝達速度が高速化することで、経済取引が誘発されて経済成長に繋がるからなのです。

 

しかし、日本のIT業界は、いまでも非機能要求が弱い傾向にあります。結果として、表示が遅い、繋がりにくい、セキュリティの問題で情報漏洩するWebサイトが多くなっています。

 

つまり情報伝達において、通信基盤は優秀であっても、ITシステムとしては安定性や安全性、高速性を確立できていないのです。これが日本のWebサイトがアメリカのサイトに勝てない「決定的な理由」なのかもしれません。

 

戦後の製造業は、統計的品質管理を学び、世界で「安かろう悪かろう」の代名詞だった工業製品の高品質化を成し遂げて、日本の経済復興と経済成長に大きく寄与しました。

 

ITシステムも同様に、統計的品質管理を用いて、非機能要求の高品質化を成し遂げれば、大きく経済成長を遂げることができるはずです。

 

だから、日本もアメリカにその肩を並べてほしいのです👍

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍