「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

捜索願い 消えた「コカ・コーラ クリア」

間もなく夏本番です。

 

夏が本番でやって来るのです・・・😱

 

熱中症にはくれぐれも気をつけてください☀

 

そして、冷たいドリンクを飲む機会も増えてきます!そこで思い出されるのは2018年の夏のブームです。猫も杓子も「透明」になっていたあの現象は、何だったのでしょうか・・・

 

さぁ・・・😩

 

2018年に、飲料業界に突如として湧いた透明ブーム・・・当時の“透明飲料市場”は約900億円規模だったと伝えられます。

 

なかでも2018年6月11日に発売された「コカ・コーラ クリア」はブームを象徴する存在であり、発売は大々的に報じられました。

 

おなじみのコカ・コーラからカラメルを抜いたことで透明を実現し、しかもカロリーゼロというふれこみです。発売から3カ月間で1000万人が飲んだといいます。

 

翌2019年には後発商品となる「コカ・コーラ クリアライム」が夏季限定で発売されてもいます。しかし、2020年には同様の透明商品は販売されず、2021年も、日本コカ・コーラ社から類似商品が販売されるというアナウンスはありません・・・悲しいことに😢

 

2018年には“透明カフェラテ”に“透明抹茶”、“透明紅茶”商品もありました(それぞれ「アサヒ クリアラテ from おいしい水」「アサヒ クリアラテ抹茶 from おいしい水」「サントリー天然水 PREMIUM MORNING TEA」シリーズ)。

 

あげくの果てには透明ノンアルコールビールである「オールフリー オールタイム」も売られましたが、いずれも現在は終売のようです。

 

一見するとただの水のように見えるから、オフィスなどでも飲みやすいとも分析されていた透明飲料人気。しかし、2018年も透明飲料が定着するとは思われていなかったのです。

 

そもそも透明コーラも、2018年にはじめて販売された商品ではありません。例えば90年代には『タブクリア』という透明コーラがコカ・コーラから発売されています。

 

しかし、これもやっぱり定着することはありませんでした。一時的に盛り上がって注目を集め、やがては関心を失われるというブームの波は、清涼飲料水にもあるようです。

 

90年代には他にも透明ペプシが販売されていたという情報もあり、80年代にさかのぼれば森永製菓から「ミラクルアルファ ホワイトコーラ」なる透明コーラが出ていたようです。

 

現在ならクラフトコーラをはじめとした、いわゆる“コンク系”と呼ばれる、シロップタイプを薄めて飲む清涼飲料が、業界で流行りつつあります。

 

数年前から続くクラフト系コーヒーの流れなのかもしれませんが、これも定着するかどうかは今の所は未知数といえます。

 

新しいもの好きの国民性?なのか、日本はとくに清涼飲料水の新商品が多いのも事実です。毎年1000近い商品が発売されては消えてゆくといいます。透明飲料も、そうした運命をたどったということでしょうか・・・

 

売場スペースの事情もあるのかもしれません。例えばコンビニのソフトドリンク売場に置ける商品数は、90~120点です。定番商品と変わりダネの『透明』をずっと置いておく余裕はなく、となれば定番品のほうが優先されてしまいます。

 

他メーカーはもちろんのこと、自社製品でも『定番』と『透明』で棚の奪い合いが起きてしまい、惜しくも『透明』が闘いに敗れてしまったのかもしれません。

 

さらには2020年から続くコロナの影響も考えられます。

 

ある飲料メーカーによれば、コロナ禍では味が濃いもの、がっつり甘い商品が売れるといいます。同時に、さっぱりした無糖系商品も売れているようです。つまり、濃いかさっぱりかの二極化が進んでいるのかもしれません。

 

その中間ともいえる透明飲料、つまりフレーバーウォーター系は、今の人々の嗜好にそぐわないということなのでしょうか・・・

 

人目を気にせず飲めるという透明飲料のメリット?も、在宅ワークが進むご時世では活きることはないのかもしれません😢


コカ・コーラ(500ml*24本入)【コカコーラ(Coca-Cola)】

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍