「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

意外にも多いんだよ!著名建築家が手がける鉄道デザイン

今、建築家が鉄道車両をデザインすることが多くなってきています。その代表例としては岡部憲明氏が手がけた小田急電鉄「ロマンスカー」GSE70000形、妹島和世氏が監修した西武鉄道001系「ラビュー」などがあります。

 

鉄道と建築家の関わりは、駅舎については昔からあります。たとえば赤レンガで有名な東京駅丸の内駅舎を設計した辰野金吾氏は鉄道専門というわけではなく、日本銀行本店など鉄道以外の建築物も担当しています。

 

その後もJR東日本田沢湖および女川駅舎に坂茂氏、JR九州由布院駅舎に磯崎新氏が起用されており、安藤忠雄氏はJR東日本竜王駅、東急電鉄・東京メトロ渋谷駅など複数の駅を担当と、世界的に有名な建築家が数多く関わっているのです。

 

となれば当然ながら、車両と駅舎の両方を手がけた建築家も出てきます。

 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のメインスタジアムである新国立競技場の設計を担当した建築家の隈研吾氏は、東京都にあるJR東日本高輪ゲートウェイ駅、京王電鉄高尾線高尾山口駅などもデザインしています。

 

そして車両も手がけています。西武鉄道4000系の改造により生まれたレストラン列車「52席の至福」に使われる52型です。外観は秩父の四季が荒川の流れとともに描かれ、4両すべての絵柄が異なっています。車内は渓谷などの自然をモチーフとしており、秩父銘仙、柿渋和紙、西川材など沿線の伝統工芸品や地産木材を一部に使用しているのです。

 

高輪ゲートウェイ駅は折り紙をイメージした白い大屋根、木の板を凹凸をつけて貼っていく「大和貼り」を用いた壁などが特徴で、高尾山口駅では高尾山薬王院をイメージしたダイナミックな屋根を持ち、地元多摩産の杉材を用い、多彩な木組みを使って個性を表現しているのです。

 

隈氏は「和の大家」と呼ばれており、自ら「21世紀は木の世紀」と語るなど、以前から和風建築とその材料に使われる木に着目してきました。

 

その姿勢は「杜のスタジアム」とした新国立競技場にも反映されていますが、これまで手掛けてきた車両や駅舎には、“らしさ”が表れています。

 

妹島氏も駅舎を手がけています。地元出身ということもあってデザイン監修を務めた茨城県のJR東日本日立駅です。

 

旅客ホームの上にはガラス張りのコンコースがあり、そこから東西に自由通路が伸びています。西側はバスターミナルがある駅前広場につながっていて、東側は海に突き出すように伸び、そばにはカフェがあります。かつて通学で同駅を利用していた妹島氏が、海に近いのに海が見えないことを残念に思っていたことが、デザインに結実したようです。

 

一方の西武鉄道ラビューは、同社ウェブサイトによれば、「今までに見たことがない特急車両を」という西武鉄道からの依頼を受け、風景とともにある特急車両、リビングのようにくつろげる特急車両、目的地となるような特急車両をコンセプトとしてデザインしたといいます。

 

曲面で構成した前衛的な先頭部とは対照的に、妹島氏が想像する西武鉄道のイメージという明るい黄色で統一された車内は、とにかく窓の大きさが圧倒的。既存の観光車両とは次元の違う感動を与えてくれます。

 

妹島氏は個人事務所で活動するほか、同じ建築家の西沢立衛氏とSANAA(サナア)というユニットを運営しています。このユニットの作品としては、金沢21世紀美術館がよく知られています。日立駅舎内や周辺に置かれている、Flower(フラワー)と名付けられたベンチも、SANAAのデザインです。

 

妹島氏の建築に関する記事を追っていけば、「内と外とのつながり」というニュアンスの言葉に多く出会います。そしてそれは、日立駅とラビューに通じる概念です。どれも大きなガラスを多用することで内外の境目を薄め、外にいる人は中に入りやすく、中に入ると外の景色が手に取るようにしていることが伝わってきます。

 

2氏は建築家でありながら設計ではなくデザインで関わっていることに気づいた人もいるかもしれません。これは当然であり、必然なのです。

 

駅舎は建築物ですが、乗降客をスムーズに流し、出札や改札などの業務を行うなど用途が特殊であり、専門知識がないと構造面まで引き受けるのは難しいものです。車両設計では専門性はさらに高くなってしまいます。

 

高輪ゲートウェイ駅と日立駅の設計は、ともにJR東日本建築設計というその道のスペシャリストが担当しています。逆に言うなら、こうした組織を持っているからこそ多彩な建築家に依頼できるのではないでしょうか。

 

もう1つは、車両と駅舎の事業者が同一でないことにも気づきます。建築家は公共事業の業務が多く、コンペ(設計競技)を経たうえでの受注が多いことが関係しているのかもしれません。単一の事業者と一定期間の契約を結んで、意匠を一括して引き受けることも多いデザイナーとは違う部分です。

 

そして、工業デザイナーが駅舎に関わる例もあるのです。代表格は水戸岡鋭治氏です。

 

水戸岡氏はJR九州をはじめ、数々の鉄道事業者で車両のデザインを手がけていますが、鉄道専門というわけではありません。

 

同氏と鉄道との関わりは、福岡市のホテルのロゴマークやサインなどのアートディレクションを引き受けたことを契機に、JR九州とのつながりが生まれたことが発端です。最近も居住地である東京都板橋区のオフィシャルロゴやご当地ナンバープレートなど、鉄道以外の分野を手がけています。

 

鉄道ではJR九州以外に岡山電気軌道、和歌山電鉄、富士急行、京都丹後鉄道などの車両デザインに関わっていますが、一部の鉄道事業者では駅舎も担当しています。2021年3月には岡山県矢掛町に同氏が手がけた「道の駅」の駅舎まで登場しました。

 

水戸岡氏のデザインというと、和歌山電鉄「たま電車」などのように、観光客をターゲットにしたアミューズメント志向のものが多いです。駅舎についても、和歌山電鉄の終点である貴志駅、山梨県を走る富士急行の富士吉田駅が改名した富士山駅などは、移動の楽しさを盛り上げる方向のデザインがなされています。

 

一方JR九州では、同氏は「ななつ星in九州」に代表される観光列車だけでなく、通勤型の電車や気動車に関わっていることもあって、地方都市の玄関口となる駅舎のデザインも担当しています。

 

しかし、機能一辺倒でないところは水戸岡流といえます。たとえば福岡県の直方駅は、かつて石炭の産出で栄えた筑豊地方の代表都市の1つであることを意識して、黒や茶色を多用しています。地域性を重視する姿勢は、観光列車と共通しています。

 

隈氏同様、木などの自然素材を多用することも同氏の個性です。車両のデザインでおなじみですが、駅舎も例外ではないのです。上熊本駅では駅舎正面からホームに至るまで熊本県産のスギやヒノキなどを多用し、とても温かみのある空間を作り出すことに成功しています。

 

路面電車では車両と停留場などのインフラを一体で考える、トータルデザインという手法があります。

 

この手法を推進するのが、国内各社の鉄道車両を手がけてきたGKデザイングループで、富山市の富山地方鉄道富山軌道線(通称市内電車)などで導入しています。

 

とくにわかりやすいのは大手モールと呼ばれる通りで、市内電車環状線の開通に合わせて全面石畳とするとともに歩道を広く取り、架線柱は目立たない造形や彩色がなされ、花が飾られています。LRTをシンボルとした魅力的な景観を目指そうという強い意志は、都市計画からサインまで幅広い分野を手がける同社らしさが出ています。

 

鉄道は車両だけでなく駅などのインフラとセットで導入する交通です。現在は新型コロナウイルスの影響で、多大な投資は難しい局面にありますが、車両と駅舎のそれぞれに新鮮なデザインを投入することは、きっと利用者の誘致にもつながるはずです。

 

これからも乗ってみたくなる車両、使ってみたくなる駅を次々と生み出していってほしいと思います🎵

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍