「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




歴史

思えば、「天皇」はいつから存在していたのか?

天皇がいつから存在したのか?という問いかけは、おそらく多くの場合、たんに天皇の称号がいつ生まれたのかという問いにとどまらず、天皇につながる支配者がいつから存在するのかという問いにつながっているのかもしれません。

 

天皇号の成立は飛鳥時代、7世紀のこととされていますが、それが7世紀の前半に遡るのか、それとも後半にまで下るのかについては意見がわかれているのです。それ以前は天皇ではなく、倭(国)王または大王の称号が使われていました。

 

倭王の称号がはじめて確認できるのは西暦107年、後漢に使者を派遣した倭国王帥升です。この倭国が日本列島のどのあたりを支配していたのか、その中心がどこにあったのかも明確にはわかってはいません。なので、後の天皇との血縁関係を考えることには無理があります。

 

それでは、西暦238年(239年説もある)、魏から倭国王の称号を認められた邪馬台国の女王、卑弥呼はどうでしょうか?

 

近年、列島で最初の本格的な前方後円墳とされる箸墓古墳(奈良県桜井市)の築造年代が3世紀中頃であることが確定的となり、邪馬台国が古墳時代の倭王たちと直接つながる可能性が高くなっています。

 

しかし卑弥呼もまた、古代天皇との直接的な血縁関係をもっていたわけではありません。

 

飛鳥時代以降の天皇と直接血縁関係で結ばれることが明らかなのは、5世紀末から6世紀初頭にかけて即位した、継体天皇(男大迹王)以降の倭王たちです。それ以前、5世紀の倭王となると諸説紛々で、わからないことが多いのです。

 

その中で、中国・南朝の宋の歴史書、『宋書』は、5世紀代に倭の5人の王(いわゆる倭の五王。讃、珍、済、興、武)が相次いで使者を派遣したことを記しますが、珍と済の間に血縁関係が記されていないことから、5世紀の倭王には複数の王統があったことが指摘されてきました。

 

もし、これが事実ならば、5世紀の倭王の地位は一つの王統に統一されておらず、複数の王統が並び立っていたことになります。

 

一方、倭王武にあたる雄略天皇(大長谷若建命)は、478年、宋の皇帝に送った手紙の中で祖先以来、多くの国々を武力で制圧したことを誇っています。

 

日本列島の東西、埼玉県の稲荷山古墳と熊本県の江田船山古墳から出土した二本の刀剣にも雄略にあたる「ワカタケル大王」の名が記されています。稲荷山古墳出土の鉄剣には、471年にあたる「辛亥年」の年紀が記されています。

 

こうしてみれば、5世紀後半の倭王は、列島社会の統一を強力に推し進めたようにみえます。5世紀の倭王の地位の不安定性と専制性をどう解釈したらよいでしょうか。

 

5世紀の倭王の権力をより深く検討するためには、『古事記』『日本書紀』を積極的に活用するしかありません。『古事記』も『日本書紀』も、天皇がこの世界を統治することの正当性を説くために作られた書物であり、その記述はすぐには信用できません。

 

『古事記』『日本書紀』に記された歴代天皇の王宮名は、後世に作られたものなので信頼できませんが、5・6世紀の王族名に含まれる地名は、原則として彼らが住んだ王宮の所在地を示していて、信頼度が高いです。

 

王名の検討を通じて明らかになる5世紀の王宮は、谷や丘陵など、防御に適した軍事的要衝の地が選ばれています。

 

もう1つ、王宮は、これまで考えられてきたよりも広範囲に分布します。倭王や有力な王族の宮は奈良盆地の南部に集中していますが、一方で通常の王族たちの宮は奈良盆地北部や大阪湾岸、さらには京都盆地南部と、かなり広域に展開しているのです。

 

5世紀の王族は、平坦な場所に王宮を営むほどの安定的な権力を保っていたわけではありませんでした。さらに、何らかの理由で、広域に軍事的性格の強い王宮を設置しておく必要があったのです。以上の2点が、5世紀の倭王と王族の性格を考える際の出発点となりえます。

 

『古事記』や『日本書紀』には、允恭天皇にはじまり安康、雄略と続く允恭系王統と、それ以前から続く仁徳系王統が対立をくり返すさまが描かれています。この状況と、『宋書』の二つの王統の情報がリンクします。

 

このことと、倭王をはじめとする有力王族の王宮情報を重ね合わせてみれば、彼らの王宮は奈良盆地南部に継続して作られるから、その点では一体性を保持しているともいえます。

 

ただこの共存は安定的なものではありません。允恭系の王族は仁徳系の王統と正常な婚姻関係を結ぶことができず、略奪婚や、当時でもタブーとされていた同母キョウダイ婚をくり返しているのです。

 

さらに、2つの王統は対立をくり返したあげく、ついにはいずれも男系としては後継者が絶えてしまいます。専制君主であるかにみえる雄略の権力もまた、不安定性を克服することはできなかったのです。

 

『宋書』は、皇帝が倭王とその一族に官爵を授与したことを記していますが、その序列に大きな差がないことが指摘されています。5世紀の倭王の権力は専制的であったのではなく、その王統は少なくとも二つにわかれ、きびしい対立関係を内包していました。その対立を解消して王統を安定させることは、5世紀の王族には困難だったのです。

 

5世紀の王宮のもうひとつの特徴である、奈良、大阪、京都の広域に展開している点はなぜなのか?

 

これらの王宮所在地には、きまって王族同士の対立伝承が存在します。これらの広域に分布する王宮は、倭王と対立的な関係になり得る王族を牽制するための軍事拠点とみてよいかもしれません。

 

5世紀には、倭王とその一族のほかにも、王を称することのできるグループが存在したのです。このグループは、いわば周縁王族。

 

周縁王族には、彼らを支える勢力が存在しました。海人集団と、葛城(奈良盆地南部)、吉備(岡山県、広島県東部)、紀伊(和歌山県)の連合勢力です。

 

葛城、吉備、紀伊の勢力はそれぞれ倭国の中で有力な位置を占めていましたが、それにとどまらず、大阪湾岸から瀬戸内海、および北部九州の広域にわたって共に活動を展開しました。

 

彼らは外洋航海技術をもつ海人集団を統率することで、朝鮮半島諸国との交渉を独占していたのです。これが周縁王族の権力の源でした。

 

この連合勢力からは、葛城を拠点とするホムチワケ(本牟智和気)王のように、王族を名のる存在さえあったのです。5世紀には王族と豪族の境界はかならずしも確定しておらず、流動的な状況にあったのです。

 

周縁王族のような曖昧な存在が成り立ち得たのは、5世紀の段階では王が果たすべき機能が倭王の下に集約されていなかったからです。

 

倭王の場合、巨大な前方後円墳を築造し、そこで行われる葬送儀礼を主催することを自らの権威の源としていましたが、5世紀の倭人社会がそれだけで成り立っていたわけではありません。

 

社会の再生産のためには、開発に不可欠な鉄を調達することが不可欠でしたが、5世紀の段階では倭人は鉄鉱石や砂鉄から自前で鉄を取り出すことができず、朝鮮半島産の鉄に依存していたのです。

 

周縁王族は外構による鉄の調達を担うことで、王としての公共的機能を果たしていたと考えられます。5世紀の王族が後世からみれば不安定で流動的な状態にあったのは、こうした社会の生産力に規定されてのことだったのです。

 

西暦475年、高句麗の圧迫によって百済が一時的に滅亡することで、倭国内の権力の均衡関係もまた大きく崩れることになります。葛城、吉備、紀伊の連合勢力が倭王により弾圧され、衰退していくのもこの頃です。

 

しかし、それだけではすまなかったのです。周縁王族にやや遅れて、倭王の王統もまた、男系としては断絶します。朝鮮半島情勢の激変に対応しつつ倭人社会をもまとめ上げるには、5世紀の段階とは次元の異なる権力基盤が必要とされていました。

 

結局のところ、天皇につながる専制的な倭王が誕生するのは、5世紀末から6世紀初頭にかけての、継体天皇を待たなくてはならないのです。

 

継体は近江(滋賀県)を拠点とする父と越前(福井県)を拠点とする母の間に生まれた、事実上の地域勢力でしたが、前倭王(武烈天皇)の妹(手白香女王)を后に迎え、その子欽明天皇が即位することで、倭王の地位はようやく継続的に血縁関係によって継承されるようになるのです。

 

ただ継体天皇の王統も決して順調であったわけではありません。6世紀以降、朝鮮半島における倭国の権益はしだいに失われていきます。

 

倭王の権力の専制化とは、こうした状況にあって、自前で社会を存立させてゆくためのインフラ整備という側面がありました。

 

君主の権力が一方的に社会に押し付けられるのではなく、社会との関係で形作られるという当然の事実を、ここで確認しておく必要があるのです・・・

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍