「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

大阪の地下を走る「あなたの知らない線路」の世界・・・

地下鉄には、あちこちに“秘密の線路”がある、と言ったら皆さんは驚きますか?たとえば、東京メトロの有楽町線桜田門駅と千代田線霞ケ関駅の間には、長さ約600mの連絡線があるのです。

 

有楽町線の車両は、大規模検査を千代田線北綾瀬駅に隣接する綾瀬工場で行っていて、この連絡線を通って綾瀬工場へと向かいます。また、市ケ谷駅のホームの先では有楽町線と南北線の線路がつながっていて、南北線の車両も綾瀬工場まではるばる回送されます。

 

車両の回送を行うための連絡線は何も地下鉄に限った話ではありません。一般の乗客がそこを通ることはなく、また地下にあると見えないため、余計にミステリー😱

 

こうした連絡線を作る理由は、多くの場合、工場を集約するためです。というのも、地下鉄を建設する際の“悩みの種”に、工場をどこに作るか、というものがあるのです。地下鉄の多くは都市部を走るため、用地の確保がとても難しいのです。地下方式とするにしても、他人が所有する土地の下に勝手に作るわけにはいかないのです。

 

また、工場には大規模な設備と人員が必要となるので、効率の面からもまとめたほうがよいに決まっています。そこで、都心から少し離れた場所に大規模な工場を作り、そこで複数路線の車両をメンテナンスしているのです。

 

大阪で8つの地下鉄路線を運営するOsaka Metro(大阪メトロ)は、谷町線と千日前線の線路がそれぞれ中央線とつながっていて、3路線の車両の大規模検査は2016年まで中央線森ノ宮駅の近くにある森之宮検車場が担当していました。

 

しかし、同検車場の設備が老朽化したことから、新たに中央線と四つ橋線をつなぐ連絡線を本町駅に建設しました。四つ橋線北加賀屋駅近くにある、緑木車両工場に検査業務を移管したのです。

 

緑木車両工場は、以前から御堂筋線車両の大規模検査も担当していたため、これによって架線ではなく給電用レールから集電する「第三軌条方式」の同社車両がすべて出入りするようになりました。逆に言うと、5つもの路線がつながっているわけで、東京メトロにはない特徴といえます。

 

大阪メトロにはほかにも秘密の線路があるのです。それは、南北に走る今里筋線の車庫と東西に延びる長堀鶴見緑地線の車庫をつなぐ連絡線です。同社に8つある地下鉄路線のうち、2006年に開業した今里筋線は、開業後の需要予測がそれほど多くないことから、長堀鶴見緑地線と同じくリニア地下鉄方式を採用しました。工場についても、車両数が少ないため他路線と共用する方針とされたのです。

 

ただ、リニア地下鉄の車両は線路側にリニアモーターを動かすための「リアクションプレート」が必要ですが、通常の地下鉄路線にはこれがないので、走行できません。必然的に、長堀鶴見緑地線と線路をつなぎ、共用することになるのです。

 

大阪メトロの路線図を見てみると、両路線は大阪城の北東にある蒲生四丁目駅で交差しています。では、連絡線はこの駅にあるのだろう・・・と思ったら、これがないのです。スペースが確保できなかったなどさまざまな理由で、同駅付近には連絡線を作ることができなかったのです。では、どこにあるのか?実は、連絡線は今里筋線で3駅北の清水駅の近くから延びているのです。

 

清水駅の南側で本線から分岐した2本の線路は、緑一丁目交差点付近の地下で本線とは真逆に東へとカーブし、そのまま600mほど進行し、右側にある花博記念公園鶴見緑地の敷地北端に到達すると、その先の地下には同線の鶴見緑地北車庫が広がっているのです。めでたし!めでたし!が、しかし線路はここで終わらないのです。さらに鶴見緑地を南へと突っ切り、2kmほど南端にある長堀鶴見緑地線の鶴見検車場までつながっているのです。

 

これだけ長い連絡線は、大阪メトロはもちろん、全国的にも珍しいケ-スです。営業線ではなく、単線でよいとはいえ、地下に2km(清水駅から鶴見緑地北車庫までを含めると約3km)ものトンネルを掘るのはそれなりに費用がかかるからです。逆に言うと、それだけの費用を払ってでも連絡線を作ったほうが、車庫用地を容易に確保できたり工場を集約出来たりといったメリットが大きいということになります。

 

この連絡線を走る列車に、みなさん!特別に乗車してみましょう。今回みなさんが乗るのは、長堀鶴見緑地線用の70系です。

 

さぁ、出発!ガタンガッタン~

 

鶴見検車場を出るとリニア地下鉄用の小断面トンネルをゆっくりと進んでいきます。途中の何カ所かにあるカーブはかなり急で、連結部は「くにっ」と折れ曲がります。営業線であれば、カーブを通過する際に貫通路を通る人がいることを考慮しなければならず、また乗り心地の面からも、これほどの急曲線にはできないのかもしれません。

 

列車は5分ほどで、鶴見緑地北車庫に到着です。横には今里筋線用の80系が停車しています。先程のように、この連絡線は今里筋線の車両が鶴見検車場で検査を受ける際に通る線路なので、逆に長堀鶴見緑地線用の車両が通ることは基本的にありません。鶴見緑地北車庫に70系が止まっている・・・みなさんはなかなかレアなシーンを目撃しました。😆シャッタ-を押し忘れないで😄

 

鶴見検車場に戻ってくると、すぐ近くには長堀鶴見緑地線仕様の80系が止まっています。元は今里筋線用に作られた80系、長堀鶴見緑地線の運行に必要な車両が不足したことから、1編成がコンバートされたのです。

 

こうした転属がスムーズにできるのも、この連絡線のおかげです。Osaka Metroでは、このほかにも路線を越えた“人事異動”が時々行われるほか、保線用車両の共用化も実施し、設備や人員の効率化につながっています。

 

ざっとこんなところでしょうか。みなさん、お疲れ様でした👍

 

いやぁ~地下鉄には、あなたが知らない線路がまだまだいっぱいあるようですよ。そして真っ暗な窓の外にその目を凝らせば、まだ誰も知らない“秘密のトンネル”が見つかるかもしれないそんな世界・・・

 

独り占めにしたいね🙆

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍