「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

壁面に忍ばせたメッセージ! 私たちの想像力は無制約だ!

マンガ、アニメ、ゲームなどの登場人物に扮し「キャラクターになりきること」・・・。そう、それは日本を代表するポップカルチャー、サブカルチャーの1つである「コスプレ」のこと😊。

 

国内ではなんと1980年代頃から行われていたようですが、インターネットの普及に伴って、日本発のアニメやゲームなどのコンテンツが幅広く海外で取り上げられ、人気になっていくことで、コスプレも一気に世界的に認知度を高めていくことになりました。

 

現在では「コスプレ」は欧米諸国を始めとし、韓国や中国、台湾などのアジア諸国でも熱心なファンが多く、「costume play」を語源とする和製英語の「コスプレ」は、その英語表記である「cosplay」が辞書に載っているほどなのです🙆。

 

そう、今や「コスプレ」は「OTAKU」や「Kawaii」同様、世界中で通用する日本語となっているのです👍。

 

そんな「コスプレ」の楽しみ方も人によって、国によって、そして文化によって多種多様ですが、近年、マレーシア、インドネシア、シンガポールを中心とした地域で「ヒジャブ・コスプレ」なるものが流行っているようです。

 

「ヒジャブ」って何?最近、海外ニュースでも聞いたような・・・聞いてないような・・・知っている方、手を挙げてください!

 

ムスリムの女性たちがスカーフのような布で頭や身体を覆っていることはよく知られていますが、それはイスラム教には、「女性は自分の美しい部分を隠すべし」として、女性は人前で顔と手以外肌を見せてはいけないという戒律があるためです。そして、その纏っている布が「ヒジャブ」なのです。

 

実は東南アジアのイスラム圏でも、アニメやマンガは以前から大人気でした。しかし「ムスリム女子」が「コスプレ」に踏み出す勇気はなかったのです。彼女たちを躊躇わせていたのが、まさにこの戒律だったのです。髪を見せなければいいのであれば、カツラは被ればいいのでは?と思いきや、この戒律ではカツラもNGというのですから、なかなかハードルは高い・・・😢

 

「コスプレをしてみたいけど、どうしたらいいかしらん?」・・・

 

そんなジレンマに光明を見出したのがインドネシアに住む裁縫師の女性です。「そうか、別にヒジャブを外さなくても、ヒジャブそのものをキャラの髪型にすればいいんじゃん!」と思いついて始めたのが「ヒジャブ・コスプレ」のルーツとなったのです👍

 

ヒジャブでコスプレなんてできるの?なんて疑ってはいけません。これがなかなかどうしてクオリティが高いのです😍。コスプレやマンガと言ったカルチャーにはあまり精通していない方々が見ても素直に、

「Kawaii」と思ったりするわけです👍

 

もともとアニメやマンガのキャラクターは、なんとも奇抜な色や髪形が多いので、カツラを布で作ってしまってもなんの違和感もありません。人によってはむしろこっちの方がオリジナルの「2次元」に近いのでもっと良いのでは?とさえ思ってしまうほど!

 

それにも増して、戒律という制約を逆手に取ったこのアイディア、創意工夫には感心してしまいます。これこそ「クリエイティビティとは創造力!」と言うに相応しいのではなかろう!

 

「ヒジャブ・コスプレ」が流行り始めたのが2011年頃です。図らずも同じ年の12月、「ヒジャブ・コスプレ」同様、クリエイティビティ溢れる装いを身に纏った建築作品がなんと代官山に誕生しています。クライン・ダイサム・アーキテクツ(KDa)による《代官山 T-SITE》です。

 

KDaはアストリッド・クラインとマーク・ダイサム、久山幸成による建築家ユニットで、彼らの生み出す作品はどれもユーモアとウィットに富んでいます。この《代官山 T-SITE》でも彼らの真骨頂が如何なく発揮されているのです。

 

《代官山 T-SITE》はシンプルな箱が3つ、平行に並んで配置され、それぞれがブリッジで繋がれています。その外壁は白いGRC(ガラス繊維補強セメント)製の壁面と大きなガラスによって「T」の文字が形作られているのです。しかも3箱全て4面ともです。この「T」、言うまでもなく蔦屋書店のブランドアイコン、「TSUTAYA」の「T」です。そして、さらによく見ると、なんとその白いGRC自身も「T」によって構成されているのです。

 

大きい「T」と小さい「T」。それはまるで、フラクタル(幾何学の概念で、図形の部分と全体が自己相似になっているもの)図形の『シェルピンスキーのギャスケット』ようです。

 

この《代官山T-SITE》が面する旧山手通り・・・その旧山手通りは《ヒルサイドテラス》を始め、由緒正しき建築が立ち並ぶ、建築史に燦然と名を残す有名ストリートです。ある意味「代官山」というイメージを確立したのは、このストリートのおかげと言っても過言では無いのです。

 

この旧山手通り、特に《ヒルサイドテラス》界隈を見渡してみれば、あちらこちらの商店街にお決まりの「看板」「広告」の類が見当たらないのです。そう、代官山のブランド力とはまさに、この「看板」「広告」が作り出す乱雑さや猥雑さがまったく無い!ということによるところが大きいのです。

 

しかし、この縛り(恐らく法的規制の無い、いわゆる暗黙の了解)は、このストリート沿いに出店したい側としては、なんとももどかしいところです。看板を出して店のアピールはしたい!けれども、それはこの街には似つかわしくないなぁ・・・😢

 

そんなジレンマに対してKDaは、《代官山T-SITE》で、いとも鮮やかな解答を提示したのです。それがまさしく大きい「T」と小さい「T」による『Tのギャスケット』です。なんともスマートに、そして大々的にツタヤをアピールしています。。まさにおみごと👍

 

おそらくKDaは「暗黙の了解」を「制約」などとは思わず、むしろデザインの「ヒント」「手がかり」としたのかもしれません。それは、ムスリム女子たちが戒律という制約を超えて「ヒジャブ・コスプレ」という「クリエイティビティ」な装いを生み出したことに通じるではありませんか。KDaのユーモアとウィットによる「クリエイティビティ」が『Tのギャスケット』という装いを生み出したのです。

 

「コスプレ」・・・

コスプレとは宗教関係なく誰でも楽しめるものなのです。何らかの理由で表現を制約されているとしても、私たちの想像力は無制約だということを知るべきなのです。

 

よし、それではあなたも一念発起して、「コスプレ」にチャレンジ!?・・・してみますか?😅

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍