「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




スポ-ツ

土壇場のひと振りでVを決めた男たち

プロ野球のV争いもいよいよ最終局面を迎えようとしています。野球ファンにとっては、「今日勝てば優勝」という試合にすんなり勝てば言うことはありませんが、「今日はダメか・・・」と諦めかけた劣勢の終盤に奇跡的な同点劇、さらにはサヨナラタイムリーで優勝決定というドラマチックな幕切れもまた、味わい深いものがあります🙆そんな球史に残る優勝ドラマで、土壇場のひと振りでVを決めた男たち・・・

 

プロ入り後、初めて記録したサヨナラ安打でチームを優勝に導いたのが、オリックス時代のイチローです。

 

1996年9月23日の日本ハム戦。2年連続Vまであと1勝のオリックスは、8回に逆転を許し、5対6で迎えた9回裏も2死無走者。前年は西武球場での胴上げだったことから、地元で初の優勝決定の瞬間を楽しみにしていた地元・神戸のファンも「明日に持ち越しか・・・」とため息をつきました。しかし、あと一人で敗戦という窮地から、「本塁打しか狙わなかった」という代打・DJが起死回生の右越え同点ソロ。試合は延長戦にもつれ込みました。

 

そして10回。「イチローの打席でいい場面をつくりたかった」という先頭の大島公一が右前安打。無死一塁から3番・イチローは初球をファウルしたあと、島崎毅の2球目をとらえ、糸を引くような打球が左翼線を破りました。レフトのデューシーがクッションボールの処理を誤る間に、大島が生還し、オリックスのパ・リーグ連覇が決定したのです。

 

二塁ベースをオーバーしたところで、勝利を知ったイチローは、空中高く2度にわたってジャンプ!!プロ1472打席、605安打目で初めて記録したサヨナラ安打でした。たちまちナインの歓喜の輪が広がるなか、イチローは輪の横に飛び出し、オリックスファンで埋まるライトスタンドのファンに右手を突き上げて再びジャンプしました👍

 

イチロ-はこう言っています。

「まだ22年間しか生きてませんけど、初めての気持ち。最高というものを通り越したものです。(ライトスタンドに向かって飛んだのは)喜んでくれるファンの気持ちがすごく伝わってきて、僕たちだけで喜んじゃいられないと思ったら、そうなってて」

 

前年から「がんばろう神戸」を合言葉に、震災からの復興を目指す地元ファンとともにペナントレースを戦いつづけてきたイチローにとって、「9・23」は生涯忘れられない日になったのです。

 

一方、完敗目前の9回裏、連続本塁打で逆転サヨナラという“ミラクルV”を決めたのが、2000年の巨人です。わずか2分で試合をひっくり返した立役者は、江藤智と二岡智宏でした。

 

9月24日の中日戦。巨人自慢の「ミレニアム打線」は、のらりくらりとかわす左腕・前田幸長の術中にはまり、8回まで散発の5安打。0対4とリードされて最終回を迎えました。

 

長嶋茂雄監督も「9分9厘落としても仕方がない展開」と敗戦を覚悟しましたが、残り「1厘」から奇跡のドラマが幕を開けます。先頭の元木大介が右前、高橋由伸も右前と連打し、前田をマウンドから引きずり降ろしました。

 

さらに、「今日はつなぎ役に徹した」という4番・松井秀喜が、中日の守護神ギャラードから右前に打ち返して、無死満塁。1死後、この日、3打数無安打2三振と当たっていなかった江藤が2ボールからギャラードの147キロ直球をフルスイング。高い軌道を描いた打球が、起死回生の同点満塁弾となって、左中間席に突き刺さりました。「ミレニアム打線」のシーズン通算200本目でもありました。

 

前年オフ、右の和製大砲として広島からFA移籍し、長嶋監督の33番を譲られた男は「やったと言うしかないよ。苦しいシーズンだったけど、努力した甲斐があった!」とふだんのポーカーフェイスから一転喜びをあらわにしました。

 

ドラマはなおも続きます。二岡が1ストライクからの2球目を右方向に打ち返すと、打球はサヨナラのV決定弾となって右中間席に弾びました。長嶋監督は「言葉に表しがたい。監督冥利に尽きる」と感激。二岡は「自分が決めた実感がないんです。球種もベースを1周したときのことも覚えていない」と試合終了後も夢見心地でした。

 

そして、プロ3年目の2番打者のバットがチームに18年ぶりセ・リーグ優勝をもたらしたのが、2003年の阪神です。

 

9月15日の広島戦、マジックを「2」としながら5連敗中の阪神は、この日も元気なく7回までわずか2安打。しかし、1対2の8回に、片岡篤史が右中間に同点ソロを放ち、重苦しいムードを払拭します。

 

そして、9回も1死から藤本敦士がセンター前ヒット、片岡がライト前ヒットで一、三塁とチャンスを拡大。一方、広島は満塁策で対抗し、1番・沖原佳典が敬遠されるなか、星野仙一監督は次打者・赤星憲広を呼び止め、「外野は浅い。振り抜けば、頭を越すから思い切りいけ」と囁きました。

 

1死満塁。割れんばかりの大声援を背に受けて打席に立った赤星は「外野まで飛べば(犠飛で)1点入る」と迷わず初球を振り抜きます。打球は執念が乗り移ったようにライトの頭上を越え、三塁走者・藤本がサヨナラのホームイン。先発の伊良部秀輝をはじめ全選手が、二塁ベース上の赤星目がけてダッシュしました。

 

ベンチ前で歓喜の輪を温かく見守っていた星野監督も、赤星が引き揚げてくると、「ようやった!」と目を潤ませながら、きつく抱きしめました。それから約2時間後、2位・ヤクルトが敗れ、18年ぶりVが決定。170センチ、66キロのヒーローは「こんな日に打てて最高!」と声を張り上げたのです。

 

首位争いを続ける阪神は、2021年の今年勝てば2005年以来のリーグ制覇となります。甲子園を舞台に、虎党が歓喜する“新たな優勝ドラマ”を見ることはできるのでしょうか?楽しみですね👍

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍