「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




映画

ヴィム・ヴェンダースが見た、天使の正体・・・ 「ベルリン・天使の詩」

ミニシアターブームが起こった1980年代後半の東京では、ロングランヒットとなった作品が次々に誕生しました。

 

中でも、「ベルリン・天使の詩」の熱狂ぶりは凄かったといいます。日比谷のシャンテ・シネで公開されるや、メディアや口コミによって高評価が拡散され、30週を超えるロングランヒットを記録しました。

 

その後、劇場を移し、のべ一年以上も上映され続けたというから驚きます。

 

監督のヴィム・ヴェンダースは、言わずと知れたドイツの鬼才です。当時、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『パリ、テキサス』(84)で日本でも注目されてはいましたが、その名をさらに広く知らしめたのは本作です。

 

このロングランヒットにより、それまで日本未公開だった『都会のアリス』(74)『まわり道』(75)『さすらい』(76)『東京画』(85)などが次々と日本に上陸。『パリ、テキサス』も再評価され、ヴェンダースは一気にサブカルチャーの寵児となったのです。

 

物語の核となるのは、ベルリンの街を見守る天使たちの存在です。彼らは人々の生活に静かに寄り添っています。大人には、その姿は見えず、子どもは見ることができます。

 

そんな天使のひとり、ダミエル(ブルーノ・ガンツ)が、サーカスの空中ブランコをしている女性マリオン(ソルヴェイグ・ドマルタン)に恋をします。元天使だった俳優ピーター・フォーク(本人)と知り合い、その勧めで、ダミエルは人間になることを決意するのです・・・

 

ヴェンダース流のこのファンタジーが生み出された背景には、素晴らしいインスピレーションをあたえた多くの人々がいました。

 

当初ヴェンダースは『パリ、テキサス』に続く劇映画として、世界を駆けるロードムービー『夢の涯てまでも』(91)の企画を考えていたそうです。

 

しかし、このプロジェクトはスケールが大きすぎてしまい、ヴェンダースは当時の恋人ソルヴェイグ・ドマルタンとともに脚本を執筆しながら、ロケ地候補の12か国をめぐるも、現時点でこの企画が自分たちの手に余ると判断しました。

 

アメリカ人のシナリオライターを雇ってアイデアを伝え、この映画の脚本を任せて、拠点のベルリンに戻ります。そこで待機している間に生まれたのが、ベルリンの街に出て映画を撮るというヌーヴェルヴァーグ的なアイデアです。『パリ、テキサス』のように長々と時間をかけず、9か月ですべてを完成させるべく、かくして企画は動き出したのです。

 

「ベルリンの、私の好きな場所を寄せ集めた映画」とヴェンダースは本作について語っています。

 

例えば、歴史あるベルリン市立図書館は、いかにも天使が住んでいそうなたたずまいだったとのことです。また、ティーアガルテンの戦勝記念塔はヴェンダースのジョギング・コースにもなっていたといいます。物語を紡ぐ以前に、まず撮りたい風景があったのです。今は存在しない“ベルリンの壁”もまた、そのひとつだったようです。

 

物語を形作るうえで、最初に手を貸してくれたのは戯曲作家・小説家のピーター・ハントケです。アマチュア時代からのヴェンダースの友人であり、初長編監督作『ゴールキーパーの不安』(72)は彼の戯曲の映画化です。『まわり道』でも脚本に協力していました。

 

『ベルリン・天使の詩』には美しいドイツ語のセリフが要ると判断したヴェンダースは、小説を書き下ろしたばかりで疲れ果てていたハントケを口説き落とします。この時点であったのは、簡単なストーリーラインのみで、ハントケは“子どもが子どもだった頃”で始まる象徴的な詩をはじめ、多くの豊潤なセリフを提供しました。

 

本作の制作にヴェンダースが設定した期間はわずか9か月です。ハントケはセリフを断片的に送り続け、ヴェンダースは完成脚本がないまま撮影に着手しました。

 

言うまでもなく、俳優にとって脚本がないのは困惑を避けられない事態です。しかし、『アメリカの友人』(77)に続いてヴェンダースとタッグを組んだ、恋する天使ダミエル役のブルーノ・ガンツはこれを見事にこなしてみせました。中年男の姿は天使という言葉からくるイメージとは、かけ離れた感もありますが、モノクロの映像美の中に、彼の落ち着いたたたずまいが映えたのです。

 

ヴェンダースの公私にわたる天使ソルヴェイグ・ドマルタンは元々は製作スタッフでしたたが、演劇を学んでいたこともあり、本作のマリオン役で女優デビューを果たします。パリに住んでいたころには体力づくりのために、空中ブランコの学校に通っていたこともあったというので、この役にはうってつけでした。

 

彼女は3か月の本格的な訓練を積んで、この技をプロのレベルにまで高めました。「その気になれば、彼女はサーカスでも食べていけるよ」と、ヴェンダースは太鼓判を押すほどでした。

 

低予算映画ではありますが、本作にはハリウッドのスター俳優も出演しています。ピーター・フォークは『刑事コロンボ』でおなじみの人気俳優ですが、映画ファンにはニューヨークインディーズの鬼才ジョン・カサヴェテス作品の常連俳優として認識されています。

 

カサヴェテスを敬愛するヴェンダースはフォークに直接電話をかけて、この物語に、なぜフォークが必要なのかを説明し、出演の承諾を得たといいます。「かつて天使だったということに信憑性をあたえる要素を、彼は持っていた」とヴェンダースは語っています。

 

実際、フォークのどこかトボケた柔和なキャラクターは、元天使の俳優というキャラクターにハマっていますし、ユーモラスで温かい雰囲気を映画にもたらしています。

 

本作の重要な舞台として、ライブハウスが2度、劇中に登場します。日本人女性が登場する場面として記憶している方も多いはずです。そこでパフォーマンスを繰り広げるのは、最初の場面ではクライム&ザ・シティ・ソリューション、2度目がニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズです。

 

どちらのバンドもオーストラリア出身で、当時はベルリンに拠点を置いて活動していた。15歳の頃からロック・ミュージックが大好きだったヴェンダースは、彼らのサウンドに新しいものを感じ、本作の撮影に招いたのです。

 

クライマックスに登場するニック・ケイヴ&ザ・バッド・シーズは強烈な印象を残します。楽曲”フロム・ハー・トゥ・エタニティ”の荒々しさもさることながら、フロントマン、ニック・ケイヴの鬼気迫るパフォーマンスは圧倒的です。

 

ヴェンダースは、「ニックこそ、ベルリンの天使だ」と発言したこともありますが、映画の重要な局面に彼を配置したことは、そんな気持ちの表れだったのかもしれません。ちなみに“フロム・ハー・トゥ・エタニティ”は、映画の日本公開の翌年に行なわれた来日公演でも披露され、現在もケイヴのライブの定番曲となっています。

 

この映画に貢献した天使は多いですが、ヴェンダースが本作を捧げた3人の巨匠、小津安二郎、フランソワ・トリュフォー、アンドレイ・タルコフスキーは、彼に多大なインスピレーションをあたえた点で、まぎれもない天使かもしれません。

 

本作ではダミエルが天使から人間になった時を境に、モノクロがカラーへと変わりますが、モノクロ時の映像の詩的な美しさは、これらの巨匠たちの作品にも通じています。彼らは、まさしく天使のまなざしを持っていたのでしょう。

 

本作の成功後、ヴェンダースは念願の『夢の涯てまでも』をはさみ、続編『時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!』(93)を製作します。

 

『ベルリン・天使の詩』は『シティ・オブ・エンジェル』(98)のタイトルでハリウッド・リメイクもなされ、こちらも好評を博しました。ハントケは2019年にノーベル文学賞を受賞します。ドマルタンは2007年に、ガンツは2019年に、それぞれ惜しまれつつ世を去りました。

 

しかし、今も天使のようにベルリンの街を静かに見つめているような、そんな気がするのです😊


ベルリン・天使の詩 【デジタルニューマスター版】 [ ブルーノ・ガンツ ]

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍