「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




歴史

ユダヤ人はダイヤモンド産業を大切に育ててきた

現在、「もっとも高価な宝石」と呼んでもいいダイヤモンドですが、ずっと昔はそうではなかったのです。ダイヤモンドは研磨やカットという技術がなければあの輝きは生まれないのです。

 

 

大昔、ダイヤモンドの産出地はインドだけで、そこからヨーロッパに持ち込まれたので希少なものでしたが、高価な宝石というよりも、硬くて正八面体の、神秘的な石というものだったのです。ルビーやエメラルドのほうがはるかに価値があるとされていました。

 

 

ダイヤモンドは原石のままでは、その魅力の半分も発揮しない石なのです。ダイヤモンドの研磨やカットの技術が発達し、「高価な宝石」という地位が与えられたのは、それより後のことです。正確な記録は残っていませんが、14世紀にはその技術が確立していたようです。

 

 

現代においてダイヤモンドの集積地とされる都市は、世界に何カ所かあります。主要なところを挙げれば、ベルギー、ニューヨーク、イスラエル、インド、イタリア、フランスなどです。

 

 

こうした場所でのダイヤモンド産業の確立に深く関わったのは、セファルディムと呼ばれるイベリア半島系のユダヤ人でした。彼らはスペインやポルトガルから追放されてしまい、他国に移り住むことを余儀なくされました。世界各地に散らばったセファルディムは国際的なダイヤモンド貿易のネットワークの形成に成功したのです。

 

 

セファルディムは、いつごろからダイヤモンド産業に関わるようになったのでしょうか?

 

 

セファルディムについて説明する際に、イベリア半島の歴史を避けて通ることはできません。

 

 

現在、イベリア半島の大部分を占めているスペインは現代ではカトリックの国ですが、イベリア半島は長い間、イスラーム勢力に支配されていた時代がありました。

 

 

イベリア半島に最初にイスラーム勢力が進行したのは、8世紀のことです。711年、ウマイヤ朝が北アフリカからイベリア半島に攻め込み、この地を支配していたカトリックの国である西ゴート王国を破ります。一時期はイベリア半島のほとんどがイスラームの支配下に入りますが、西ゴート王国の貴族がイベリア半島北部で718年に建国したアストゥリアス王国だけがキリスト教圏として残されました。

 

 

イベリア半島にはそれ以前にユダヤ人が移住していました。遅くとも古代ローマの時代の後1世紀には定住しています。イベリア半島のユダヤ人は、392年にキリスト教がローマの国教になると迫害を受けるようになりますが、イベリア半島から出ていくことはありませんでした。その後、イベリア半島がウマイヤ朝の支配下に入ると、意外にも彼らは他宗教に寛容でユダヤ人もキリスト教の時代ほどには迫害されなくなったのです。

 

 

ただ、ウマイヤ朝の支配下におかれたイベリア半島では、早くからキリスト教徒による「レコンキスタ(再征服)」が行われ、徐々にキリスト教徒が押し返し、彼らの領土が拡大していきます。

 

 

同時に彼らはイベリア半島の人々をキリスト教化していったので、ユダヤ人のなかにもカトリックに改宗する人たちが出てきます。キリスト教へ改宗したユダヤ人は、コンベルソ(改宗ユダヤ教徒)と呼ばれます。要するに、イベリア半島におけるユダヤ人(=ユダヤ教徒)の人口は減少していったのです。

 

 

1492年、イスラーム教徒の最後の拠点であったグラナダが陥落し、ここにレコンキスタは終結します。この時、レコンキスタの主体は、カスティーリャ王国とカタルーニャ=アラゴン連合王国が統合され、スペイン王国となっていました。スペインは、キリスト教純化政策をとっていたので、ユダヤ教を信仰するユダヤ人としては極めて生きづらい環境となったのです。

 

 

例えばレコンキスタ終結目前の1478年、スペインには約20万人のユダヤ人がいたとされますが、レコンキスタが集結する1492年にスペインはユダヤ人追放令を発します。

ユダヤ人の中にはキリスト教に改宗する者もいましたが、追放令を機におよそ10万人のユダヤ人が、隣国のポルトガルに流れていきました。ポルトガルはスペインと同じキリスト教国でありながら、他宗教にも寛容だったのです。

 

 

ところが、そのポルトガルもユダヤ人にとって安住の地とはなりませんでした。ポルトガル国王マヌエルがスペインのカトリック両王(アラゴン王フェルナンド2世とカスティーリャ女王イザベル1世)の王女イザベルと結婚することになったため、スペインからユダヤ人を追放するよう強要された王マヌエルは1496年、これを受け入れるのです。

 

 

しかしマヌエルは、ユダヤ人がもたらしてくれる経済的重要性を重視していたので、彼らを何とかして国内にとどめようとしました。そこで1497年、ポルトガルに住む全ユダヤ教徒はキリスト教に改宗したことにしつつ、彼らの内心での信仰に対する調査は20年間猶予することにしました。

 

 

要するに、形式的に改宗したことにして、実質的には信仰の自由を与えたのです。ただし、14歳以下のユダヤ人の子どもはキリスト教徒の家に里子に出され、「カトリックとして洗礼を受けるべし」という命令を出しました。こうして、ユダヤ人を国内に留め置き、時間をかけてカトリックに改宗するよう仕向けたのでした。

 

 

もちろん、これを受け入れないユダヤ人もたくさんいました。彼らはポルトガルからヨーロッパ各地やブラジル、北アフリカなどに脱出するようになりました。このイベリア半島から逃げ出したユダヤ人を「セファルディム」と呼ぶのです。

 

 

イベリア半島から逃げ出したセファルディムは、ヨーロッパでは、アムステルダム、ロンドン、アントウェルペン、リヴォルノなど、いくつもの都市に居留地をもちました。その中でユダヤ人が最も多く移住したのはオスマン帝国だったようです。

 

 

このイスラーム国家も、やはり宗教的には寛容で、異教徒だからと言って迫害を受けたり改宗を迫られたりということはありませんでした。セファルディムは、多くの地域に広がりました。

 

 

セファルディムの移住先としてオスマン帝国の次に重要だったのがベルギーのアントウェルペン(アントワープ)です。1500年代初頭に、アントウェルペンに貿易をするために定住しはじめました。アントウェルペンまでたどり着いたセファルディムたちは、スペインの迫害を逃れて北アフリカやトルコ、地中海の他の地域に逃亡した親戚縁者との経済的紐帯を維持しました。

 

 

またセファルディムが逃げ込んだアントウェルペンは、当時は世界的なダイヤモンド都市と言ってもよいほどのダイヤモンドの集積地でした。この頃はヨーロッパから喜望峰を経由してインドへたどり着く航路が発見されていたので、海路でインドのダイヤモンドがヨーロッパにもたらされていました。国際的な貿易港であったアントウェルペンにもダイヤモンドが集積していたのです。

 

 

またこの頃はダイヤモンドの研磨技術やカットの技術も編み出されていたので、ダイヤモンドは王侯貴族が競って手に入れるような高価な宝石としての地位を確立していたのです。アントウェルペンに逃げてきたセファルディムはその現実を目の当たりにしたのです。

 

 

しかしまたここでセファルディムを苦難が襲いかかります。アントウェルペンを含むフランドル地方を統治していたスペイン王フェリペ2世が、この地に極端な異端取り締りをはじめとする圧政を敷くと、フランドル地方のネーデルラント17州が反発し、スペインと戦争状態に入ります。その中で1585年、アントウェルペンはスペインに占領されてしまうのです。

 

 

またしても彼らは逃避を余儀なくされます。このとき、アントウェルペンのセファルディムの多くはハンブルクやアムステルダム、信仰の自由が認められていたイタリアの自由港(輸入される商品に関税を課さない港)であるリヴォルノなどに移り住みました。

 

 

もちろんスペインからの圧政から逃れるためですから、悠長な引っ越しではありません。着の身着のままのような切羽詰まった逃避です。そのときに持っていける家財道具や財産など限られています。そこで重宝されたのが、小さくて、軽くて、価値が高いダイヤモンドだったのです。

 

 

17世紀から18世紀前半にかけ、ヨーロッパが対外進出し、世界的な海洋帝国を形成するのにユダヤ人は大きく関与しました。その中心となる都市は、アムステルダムとイタリアの自由港リヴォルノでした。この地に移り住んだセファルディムが、その商業活動で両都市の発展を大いに進めたのです。

 

 

アムステルダムは、アントウェルペンを抜き去るほどのダイヤモンド産業の中心地となります。
またリヴォルノに移り住んだセファルディム商人は、もともとポルトガルが取引していたダイヤモンドを取り扱うようになり、その対価として地中海のサンゴを輸出するようになります。

 

 

リヴォルノのセファルディムが地中海のサンゴをインドのゴア(ポルトガルのアジアでの拠点)に輸出し、ゴア在住のヒンドゥー教徒がダイヤモンドをリヴォルノに輸出するという関係が出来上がります。

 

 

そもそもヨーロッパからアジアに輸出できる商品はほとんどなかったのですが、例外的にサンゴの需要は高かったのです。地中海のサンゴは貴重な輸出品だったのです。

 

 

一方インドは、ブラジルでダイヤモンドが発見され輸出されるようになる1728年まで、世界唯一のダイヤモンド生産地でした。そのなかでもっとも重要な場所はデカン高原のゴールコンダです。

 

 

17〜18世紀においては、ポルトガル系のセファルディムがサンゴとダイヤモンドの貿易を形成していました。リヴォルノは、サンゴ貿易と製造の中心になり、サンゴと引き換えに輸入されたダイヤモンドの原石は、リヴォルノのセファルディムからアムステルダムのセファルディムに送られ、そこでカットと研磨が施され、高額で取引されるようになりました。

 

 

リヴォルノに住み着いたセファルディムは、ダイヤモンドの不安定な世界市場での取引に必要ないくつかの要素を兼ね備えていました。彼らは秘密を厳守し、世界に広がるユダヤの広大なネットワークを利用して商業情報を入手することが可能でした。

 

 

こうしてユダヤ人は、ダイヤモンドの取引と製品化の主要な担い手として活躍することになるのです。思い返せば、スペイン、ポルトガル、そしてアントウェルペンといった居住地から追われる経験を何度も重ね、その時いつでも持ち出せる高価なものとしてのダイヤモンドと出会ったことがすべてのきっかけだったのでした。

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営しているmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 どうぞよろしくお願いします👍