「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




アニメ、漫画

フランスで「日本マンガの人気」再沸騰している訳

フランスは今や、日本に次ぐ世界2位の漫画市場です。そのフランスで日本の漫画やアニメーションの人気が再沸騰しているのです。ドイツの調査会社GFKの調べによれば、2021年1~8月のマンガ売り上げは約2900万部と前年同期間比で2倍に膨らんだのです。

 

フランス語で漫画は通常、「バンド・デシネ(bande dessinée、略称BD)」と呼びます。これに対して、日本の漫画は「マンガ(manga)」。「マンガ」はフランス語として浸透しています。コロナ禍以前はアニメの原画などを買い求めて東京・秋葉原の店を訪れるフランス人も珍しくなかったのです。

 

2021年に入ってマンガ・アニメ熱が一段と高まっているのはコロナ禍のロックダウンに伴い、自宅でマンガやアニメに熱中する若者が増えたことに加え、同国のマクロン大統領が公約に掲げていた「カルチャーパス」の導入に後押しされた面が大きいのです。

 

「カルチャ-パス」とは何なのでしょうか?

 

「カルチャーパス」はスマートフォン、タブレット、パソコンの専用アプリをダウンロードすると300ユーロ(約4万円)を使える仕組みで、18歳の若者を対象に2021年5月から交付を始めました。2年間にわたって書籍の購入、美術館や映画のチケット予約、ダンスのレッスン受講などさまざまな文化活動や関連商品、サービスへの支出に充当することできます。

 

2022年1月からは年少の若者にも拡大され、コレージュ(中学校相当)の後半2年間とリセ(高校相当)3年間の計5年間で200ユーロ(約2万6000円)が交付される見込みです。さすがは「文化の国」フランスらしい施策といえます😆。

 

「臨時ボーナス」はほとんどがマンガの購入に費やされているようです。地元メディアによれば、交付開始から3週間で利用全体の84%が約70万冊の書籍購入に充てられ、そのうち71%をマンガが占めたといいます😊。売れ筋のタイトルには『鬼滅の刃』『ワンピース』『呪術廻戦』など、日本でもおなじみの作品がズラリと並びます。

 

同国のマンガ新作の値段は平均で1冊あたり7ユーロ程度とされます。300ユーロが手に入れば、シリーズ全巻のコレクションをそろえることも可能!SNS上には歓迎のコメントが飛び交いました。

 

中には『僕のヒーローアカデミア』のマンガ本を高く積み上げた写真を貼り付け、「カルチャーパス万歳!」とツイートする若者もいました。地元メディアは「カルチャーパスがマンガパスと化した!」(フリーペーパーの『ヴァンミニュット』電子版)と皮肉交じりで伝えました。

 

「カルチャーパス効果」でマンガの売り上げが急増しました。ゲーム制作などを手掛ける同国のミクロイド社のステファン・ロンジャール最高経営責任者(CEO)は「日本のマンガがフランスのBD市場全体のほぼ半分のシェアに達した」と指摘します。

 

フランスでのアニメ・マンガブームの火付け役となったのが、「UFOロボ グレンダイザー」です。1975年から日本で放映された同作品は地球を守るロボットの戦いを描いたもので、1978年に上陸したフランスでも人気が沸騰。『ゴルドラック』というタイトルで放映され、多くの子どもたちを引き付けたのです。

 

『ゴルドラック』人気はやがて、『キャンディ・キャンディ』『美少女戦士セーラームーン』など他のアニメ作品にも飛び火していきます。1993年の『ドラゴンボール』出版から始まったマンガブームの基礎も作ったのです。

 

作品の醸し出す世界観はフランスの視聴者や読者を魅了しました。登場するヒーローに自らの姿を重ね合わせるなどして没入するのが容易なのです。手を十字に交差させて『ウルトラマン』の必殺技、スペシウム光線を放つポーズを真似していたかつての日本の子どもたちの姿を彷彿させるのです。

 

ストーリーの多様性や絵の繊細さなども支持される理由の一つかもしれません。日常生活や家族との関係で青少年の抱く疑問や葛藤などが盛り込まれるなど、ストーリーに深みや豊かさがあります。

 

フランスでは従来、アニメや漫画は子ども向けのものと考えられていただけに、大人にも広く愛される日本のアニメやマンガのストーリーは特に新鮮に映ったに違いありません。今では幼少期からアニメに慣れ親しんだ親の世代から子どもまで幅広い層に受け入れられているのです。

 

マンガ市場の拡大に伴い、日本製アニメ人気もさらに高まっています。日本アニメを中心に配信するアニメ・デジタル・ネットワーク(ADN)、ネットフリックスなどの動画ストリーミングサービスも新たな需要を掘り起こすのに一役買っているようです👍

 

日本の文化などを紹介しようとパリで開かれているイベント「ジャパンエキスポ」の会場は、忍者アニメ『NARUTO』などのコスプレを身に纏う多くの若者であふれかえります。もちろん!フランスの企業も商機を逃す手はありません。日本のコンテンツのライセンス取得などを虎視眈々と狙っています。彼らはマーケットの商習慣を熟知しているのです。

 

ミクロイド社も2019年、日本に代表事務所を立ち上げました。2021年2月には『グレンダイザー』の原作者、永井豪氏のアニメ企画・版権管理会社と同作品をモチーフにしたパソコンや専用機向けのゲームを開発することで合意しました。今や、フランスやイタリアでの『ゴルドラック』のブランド力は非常に強いのです。

 

同社は2023年をメドにゲームを販売する予定でいます。同時に、グループ会社を通じてフィギュアなども投入する計画です。

 

2021年7月に東京五輪の開会式出席のため、日本を訪れたマクロン大統領はマンガ『AKIRA』の作者の大友克洋氏、マンガ『FAIRY TAIL』作者の真島ヒロ氏、ゲームシリーズ『DARK SOULS』のクリエーターの宮崎英高氏といった日本の著名な漫画家やゲームのクリエーターと懇談しました。

 

『ワンピース』の作者、尾田栄一郎氏からの直筆メッセージ入りの原画をプレゼントとして受け取ったことと併せ、ツイッターで報告したのです。

 

大統領は「カルチャーパスの成功は文化が私たちを一つにすることを証明している」などとツイート。2022年の大統領選に向けて若年層の支持を集めるための政治的な思惑が見え隠れする・・・との指摘もありますが、その真意はともかく、クールジャパンの先兵ともいうべきアニメやマンガがフランスの多くの若者を虜にしている証左であることに疑いはなさそうです🙆

 

アニメやマンガはまさに世界に誇ることのできる日本の宝なのです👍


UFOロボグレンダイザー 完全版 (マンガショップシリーズ)

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍