「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




歴史

ヒョウとライオンから生まれた「レオポン」

1985年7月18日、兵庫県西宮市の甲子園阪神パークで飼育されていた世界最後のレオポンであるジョニー(1961-1985)が死亡しました。死因は老衰でした。

 

レオポン(leopon)とはオスのヒョウとメスのライオンとの間に生まれた雑種のことです。その名前はヒョウを意味する「leopard」とライオンを意味する「lion」を組み合わせたものです。

 

動物の雑種はオスの生物種の名前を先に、メスの生物種の名前を後にして組み合わせることが慣例となっていて、例えばオスのライオン(lion)とメスのトラ(tiger)との間に生また雑種は「ライガー(liger)」、逆にオスのトラとメスのライオンの間に生まれた雑種は「タイゴン(tigon)」と呼ばれます。

 

レオポンは体にヒョウのような斑点を持っていますが、その体つきはヒョウよりも大型で、オスにはライオンに似たたてがみがあります。

 

このレオポンが世界で初めて生み出されたのは1959年のことでした。当時、阪神甲子園パーク第2代園長の土井弘之さんが「敗戦の雰囲気が残る日本に何か明るいニュースを届けたい」と考え、交配が始められました。

 

その結果、オスヒョウのカネオとメスライオンのソノ子の間に5匹のレオポンが生まれたのです。

 

しかし、異種交雑を行った雑種は生殖能力を持たないことが多く、レオポンもその例に漏れず子孫を作る能力が欠けていました。

 

そのためそれ以上レオポンが繁殖することはなく、交雑も行われなくなったために種の個体数は減少しました。最後の1頭となったのがオスのジョニーだったのです。

 

ジョニーは非常に長生きで、死ぬひと月前には24歳を迎えていました。これは人間でいえば120歳ほどになるといわれ、非常に長命なことがよくわかります。

 

これ以降レオポンの誕生は確認されていません。ということは、ジョニーは世界で最後のレオポンだったのです😊

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍