「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのミニマムなブログになっています。文章のみでみなさんに伝えていきます。

毎日1~2記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉




情報

テレビでの視聴時間はモバイルの1.5倍に?

国内の動画配信サービス市場において、Netflix、Amazonプライム・ビデオに次ぐ第3位のマーケットシェアを誇るU-NEXTは、国内事業者ではNo.1の座にあり、有料会員数は220万人に迫ります。コロナ禍で動画配信サービスへの注目が俄然高まり、テレビのリモコンでは激しいボタン争奪戦が繰り広げられているのです。

 

その中で、TVS REGZAから2021年6月下旬に発売予定のAndroid TV採用テレビ“レグザ”シリーズには、付属するリモコンに「U-NEXTボタン」が搭載されることが決定しました。これによって、国内主要テレビメーカーのリモコン全てに「U-NEXT」ボタンが搭載されることとなったのです。

 

テレビリモコンに専用のボタンが搭載されることの意義について、株式会社U-NEXT マーケティング部部長・前田弘之氏は「U-NEXTを広く認知いただくことができるし、サービス加入へのきっかけともなる接触機会も最大化できる。さらに、視聴するデバイスの画面サイズが大きくなるにつれ、視聴時間が長くなることが確認されており、生涯顧客価値を高めることができる」と説明しています。

 

テレビでは大型化に加え、スマート化が進展しています。テレビのネット接続率は2019年12月時点では41.6%だったのが、わずか半年後の2020年6月には50.7%にまで急拡大しました。

 

新型コロナ感染拡大で生活様式が大きく変化してしまい、テレビのネット接続率も一気に高まりを見せ、“テレビで見る動画配信サービス”が急進展していることがうかがえます。

 

動画配信サービスを視聴するデバイスの内訳を見ると、PCが48%、スマホが43%、テレビが23%、タブレットが20%となります。テレビによる視聴が拡大しているものの、8割近くの人がまだテレビを利用していないのです。

 

しかし、テレビ未使用者の利用動向では、6割以上の人が関心を示しています。テレビでの視聴をためらう理由としては『見る方法がわからない』『設定・接続が大変そう』といった声が多く、これから積極的に解決していけるか?いずれにしても、テレビ視聴のポテンシャルはもっと大きいのです。

 

U-NEXT内のテレビ利用者も、2017年の約30%から、直近では約45%へと右肩上がりに拡大を続けています。動画配信全体の数字を大きく上回り、やはり、2020年4月/5月に大きな伸長が見られました。テレビ利用者のモバイル端末併用率も高まっていて、別の部屋や外出先ではモバイルやPCで楽しむなど、視聴機会が拡大しているといいます。

 

スマホやPCなど他のデバイスと比較すると、テレビによる視聴時間は約1.5倍にもなります。テレビを“視聴時間を増やすデバイス”と表現すると共に利用時間が高まれば、ユーザーへのサービス価値や満足度が高まり、解約率も下がり、視聴継続に大きく貢献する事もできるかもしれません。

 

モバイル単体利用者の解約率を100とすると、PCではほぼ同じ、テレビは72まで大幅に下がります。さらに、複数デバイス利用ではもっと劇的な効果が見られ、モバイルを100とすると、モバイルとテレビの複数デバイス利用では59に、PCを100とすると、PCとテレビの複数デバイス利用では60まで下がるのです。

 

視聴するコンテンツのジャンルと視聴デバイスの関係を見ても、比較的個人で視聴されることが多い「韓流・アジアドラマ」や「アニメ」ではモバイルの利用率が高く、反対に、家族やリビングで楽しむことが多い「キッズ」ではテレビの利用率が高い傾向が見受けられるといいます。

 

例えば、ご姉弟はそれぞれ契約している動画配信サービスを自分の部屋でスマホで視聴し、ご両親はリビングでテレビを楽しんでいるとしましょう。

 

ところが、テレビの買い替えで“ブラビア”を購入します。そこにはいろいろなサービスがあり、その中にはご姉弟が楽しんでいた動画配信サービスもあると分かったことで、大きい画面の方が楽しいからと段々リビングで見るようになった。そして、ご家族で会話をしながら、一緒に楽しむ機会も増え、家族で過ごす時間が格段に増えた。

 

このようなことが起こるかもしれません🙆

 

能動的視聴がテレビで行われることで、家族のきずなが深まっていくかもしれません。コンテンツそのものはスマホでもテレビでも変わりはないが、それを何で見るかで、利用者のライフスタイルに大きな変化を与えるのです。

 

U-NEXTには4Kコンテンツやドルビービジョンなど最新技術に非常に積極的に取り組まれています。付加価値あるコンテンツを続々と配信されるのは、メーカーとしても大変心強いでしょう。オンラインライブの取り組みも非常に早く、コロナ禍以前には、重要なコンテンツになることなど想像もしていなかったはずです。

 

時代を先取りして価値をいち早く提供する姿勢に大変驚かされます。これからもU-NEXTのアグレッシブさに期待し、勢いを増すテレビ視聴のさらなる盛り上がりと、さらなる活躍に大きな期待を感じずにはいられません👍

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍