「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




世界

ジェフ・ベゾスがアマゾンをいかに大きくしたかを示す数字たち

アマゾンの創業者ジェフ・ベゾスは、2021年7月5日、アマゾンの創業から27年を迎え、CEOの職をアンディ・ジャシーに引き継ぎました。

 

アマゾンの最初の事業年度における売り上げは、わずか51万1000ドルだったのです・・・同社は2020年、売上高は3860億ドルとなり、100万人以上を雇用しました。

 

ベゾスは、CEOをアンディ・ジャシー(Andy Jassy)に引き継ぐ前の最後の収支報告で、7月5日について「センチメンタルな日だ」と説明しました。それは、彼がアマゾンを1994年に法人化した日だったのです。

 

ベゾスはアマゾンを設立し、ホワイトボードに描かれていたeコマースの概念を、世界中の顧客にとって日常的なものにすることに貢献しました。

 

Insiderでは、同社の提出書類を確認し、ベゾスのリーダーシップの下でアマゾンがいかに巨大に成長したか示す数字をまとめました。1995年から2020年で、売上高は77万2000倍になったのです。

 

アマゾンの2020年の売上高は、アルゼンチンのGDPに匹敵します。オンラインでの売り上げが中心ですが、サードパーティーによる販売とウェブサービスも大きな収入源になりつつあります。

 

同社によると、サードパーティーの小規模事業者が、アマゾンのおよそ半数の商品を販売しており、多数のユーザーがアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)を毎日利用しています。

 

同社の敷地面積は、シアトルのオフィス1カ所から、4億7500万平方フィート(44平方km)まで拡大しました。オフィス、フルフィルメントセンター、データセンター、実店舗などを合わせると、サッカー場8246個以上の広さになるのです。

 

アマゾンで働く従業員は130万人以上います。
それより多い従業員を有するのは、ウォルマートだけです。

 

荷物の配送を行うドライバーは9万5500人以上です。そして、その多くは、2200社以上の提携企業のネットワークで働いています。アマゾンは、少なくとも3万台のバンと2万台のトレイラーを所有し、10万台のEVバンを発注しています。

 

同社のラストワンマイルの配送ネットワークは、2020年におよそ51億個の荷物を配達したのです。これは、アメリカ郵政公社が扱う数とほぼ同じです。

 

アマゾンの輸送機は、2022年末までに85機になるといいます。これらの航空機によって、広大なアメリカ本土の95%での翌日配送がまもなく可能となるのです。

 

アマゾンの成長はまだまだ留まることを知らないようです・・・

 

みなさんは文章の中にどれだけ数字を見つけられましたか?

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍