「そして男は時計を捨てた・・・」にようこそ!

 

このブログサイトは、みなさんの知識や情報、その他のことを入手するお手伝いをするブログサイトです。

 

テ-マを設けずに、さまざまな事柄を書いていきます。ごくまれに私的なことも織り混ぜていこうと思います。

 

ぜひ、このブログを活用していただけたら、うれしく思います。ただし、このブログには画像は一切ありません。文章のみのブログになっています。

 

毎日記事を更新していきます。土、日は更新は多めとなります。

 

「そして男は時計を捨てた・・・」を今後も末長くご愛読ください😉 by ひとり編集長




情報

もはやエンタメだ!進化を続ける“学習図鑑”

いま、図鑑がおもしろい・・・

いや、ホントに!😊

 

コロナ禍以降、自宅学習のためなどに児童書が求められる傾向が強まり、2020年の児童書の推定販売金額は前年比5.7%の930億円と大きく成長したのです(出版科学研究所調べ)。

 

学習図鑑市場トップの「小学館の図鑑NEO」は、この1年ほどでシリーズ累計約120万部を増刷し、一度の重版でかかる部数はコロナ禍以前より倍近くになっているのです。

 

しかし、そもそもコロナ禍以前から、図鑑市場は市場を拡大してきたジャンルだったのです。

 

例えば、2009年には3大定番「動物」「昆虫」「恐竜」のような分類別図鑑とは異なる、ジャンル横断型の「テーマ図鑑」である『小学館の図鑑NEO+ くらべる図鑑』が120万部の大ヒットになると、各社が次々に参入して市場を活性化しました。

 

定番の分類別でも、2011年に講談社がDVD付き図鑑『MOVE』を創刊すると、2014年に「小学館の図鑑NEO」はDVD付きの新版にリニューアル、学研はBBCの映像を収録したDVDとAR連動がウリの『LIVE』で打って出るなど、DVD付きが2010年代以降の主流となったのです。

 

「図鑑戦争」と呼ばれるほど各社が競って売場を盛り上げてきましたが、2010年代後半以降もさらにさまざまな広がりを見せています。

 

それでは、図鑑はどのように多様化しているのでしょうか?

 

2011年に学研が先鞭を付けた「危険生物」以降も、たとえば「深海生物」などが各社が刊行する「新定番」となっています。「『サバイバル』のようなSTEM系学習マンガや『ざんねんないきもの事典』をはじめとする雑学事典といった隣接する児童書ジャンルの流行も踏まえて新しい図鑑の企画は次々と考えられています。

 

NEOならば子ども向けでは実は稀有な『きのこ』、あるいは『イモムシとケムシ』『カブトムシ クワガタムシ』など「それだけで一冊作っちゃうの?」と驚くような”攻めた”ラインナップを展開、MOVEなら『EX MOVEまぼろしの生きもの』や科目横断型の『小学生のずかん』や人気マンガ『はたらく細胞』とコラボした『特装版 人体のふしぎ』、LIVEなら『外来生物』『異常気象』など、それぞれ独自の題材と切り口から扱っています。

 

サイズも従来型の大判のものに加え、2010年頃から各社持ち運び可能なポケットサイズ版も刊行しているほか、いわゆる「学習図鑑」ジャンルからは外れますが、川崎悟司『カメの甲羅はあばら骨 人体で表す動物図鑑』のように新書などのコンパクトな判型+変わった切り口からなる図鑑も次々に登場しています。

 

従来、図鑑のボリュームゾーンは(各社のシリーズごとにやや異なるが)4~7歳とされ、小学校の”入学祝い”として買われることも多かったのです。

 

そこに学研が2014年、とびらをめくると植物や動物の成長・動きが見られる『はっけんずかん』で仕掛け絵本と融合したやや低年齢向け(3~6歳向け)の図鑑を投入して以降、2017年にNEOが明確に2、3歳向けに設定した仕掛け絵本的な『まどあけずかん』で参入し、MOVEも2018年から脳科学者を監修に付けて”賢く育つ”ことを謳った『はじめてのずかん』シリーズで対抗と、保育園・幼稚園への”入園祝い”に買われるような図鑑も充実してきたのです。

 

これらは字が読めない子どもがひとりでめくってもビジュアルで楽しめるようにつくられていますが、2、3歳向け図鑑に限らず、近年では親子や祖父母と孫とで「図鑑の読み聞かせ」「2世代、3世代で図鑑を読む」ことも珍しくなくなりました。

 

NEOのキャッチフレーズは”3歳から小学校高学年まで長く使える本格図鑑”ですが、そもそも今の図鑑は、子どもがひとりで調べたり比べたりするために読むものとは限らなくなってきたのです。

 

図鑑読者の「上への広がり」を象徴するものといえば、2019年刊の『キン肉マン「超人」』と2021年刊の『スーパー戦隊』(ともに学研プラス)です。担当編集者の芳賀靖彦氏は辞典編集部時代に『スター・ウォーズ英和辞典』などを手がけ、学習図鑑の編集部を経てこの2つの図鑑を作るに至りました。

 

芳賀氏はこう語ります。

「僕が少年時代を過ごした70年代の図鑑は、しっかりと学術的な裏付けのある今の学習図鑑と比べるとバランスはよくなかったかもしれないけれども、もっととんがっていたんです。読んでいてワクワクしたあの感覚を落とし込みたいと思って『超人』と『スーパー戦隊』を作りました。図鑑の原点は”集めて、分類して、ビジュアル化する”こと。大まじめにキン肉マンの超人のような存在を図鑑化することで、図鑑という存在自体に注目が集まるんじゃないか、という想いもありました」

 

現在放送中のスーパー戦隊45周年記念作品『機界戦隊ゼンカイジャー』は過去のスーパー戦隊が毎回登場することもあり、図鑑をかたわらに置きながらTVを視聴する親子が多いといいます。

 

題材の多様化と読者層の広がりが進む図鑑市場ですが、そのなかでキーワードとして取り上げたいことのひとつが「物語」です。

 

図鑑に「物語」とは? と思うかもしれません・・・

 

しかし、例えばMOVEのDVDには恐竜や動物同士のバトルシーンが収録されていますが、ゴングの音や実況を入れると読者に好評だといいます。読者は図鑑やその付属のDVDから生きもの同士の関係性や争いを想像して自分なりの物語を立ち上げているわけです。

 

こうしたことを促すつくりになっているのが、2012年のポプラ社「WONDA」以来となる学習図鑑市場への久々の新規参入者となったKADOKAWAの「角川の集める図鑑GET!」です。

 

2021年5月に動物、昆虫、恐竜という三大定番から刊行をスタートした「GET!」は「生息地域別」を特徴とします。図鑑では生きものは分類別で並べるのが通例で、地域ごとにまとめた図鑑はまれです。

 

KADOKAWA図鑑編集部編集長・小荒井孝典氏はこう語ります。

「私にはまだ小さい娘がいるのですが、図鑑にはあまり興味を示さなかったのに、ある恐竜カードのイラストにトリケラトプスの後ろでプテラノドンが飛んであるのを見て『このふたつは同じ時代に生きていたの? どんな関係だったの? 』と訊いてきました。それをきっかけに、ただ分類別に並べるよりも『こういう生きものたちが、こんな環境のなかで暮らしているんだよ』と写真やイラストを使って背景込みで示すつくりの図鑑にできれば、生きもの同士の物語を膨らませて楽しむことができるし、わかりやすいものになるのではと思いついたんです」

 

学研プラスがLIVEなどの学習図鑑とは別にA5判の判型で刊行している『最強王図鑑』(シリーズ累計130万部)も、やはり読者に物語を喚起する図鑑といえます。なんと!各巻で昆虫、恐竜、動物、絶滅動物、はたまた妖怪や幻獣(モンスター)までをトーナメント形式で争わせて最強を決めるのです。さらには、各巻の猛者を選抜して戦わせる『異種最強王図鑑』もあります。

 

このシリーズでは、例えばライオンとトラとの戦いでは、ライオンが勝つ、としています。ライオンはもともとほかのオスとプライド(群れ)をかけて戦い、負けた側は追放され、プライドを奪われます。同種族での争いがあって、戦い慣れています。

 

一方のトラは弱い者を一方的に狩る側なので、ライオンと比べて強者との戦いに経験の差がある、ということ。これはあくまで一例ですが、こんな風に対決に紐付けて説明すると、生きものの生態などが自然に頭の中に入っていき、物語性を感じてくれそうです。子どもたちは目を皿のようにして図鑑を読み込んで、編集部に自分が考えたトーナメント表を送ってくるほどだそうです。

 

こうした図鑑の「中身」の広がりにくわえて、「タッチポイント」の増加も顕著に見られます。

 

例えば、講談社のMOVE COMICSや小学館の『まんが くらべる図鑑』のように図鑑発で学習マンガに展開。また、MOVEとセガトイズが組んだ「マウスでバトル!!  恐竜図鑑パソコン」やNEOとタカラトミーが組んだ「小学館の図鑑NEOPad DX」などホビー/知育玩具へのライセンスアウトもあります。

 

学研の「最強王図鑑」はバンダイのチョコウエハースやフルタのチョコエッグなど食玩にもなっていますし、NEOが2018年からマクドナルドのハッピーセットにミニサイズの図鑑を提供していることは周知のとおりです。ほかにも文具やガチャなどにも展開され、いまや各社の図鑑はIPとして活用されているのです。

 

講談社MOVEの佐藤編集長は「MOVEでは、図鑑購買者が登録するとオンライン図鑑の閲覧やクイズに挑戦できる『おでかけMOVE』や読者参加型企画『MOVEラボ』を実施し、メルマガ会員とつながり、オンライン・オフライン問わずイベントを積極的に行っています」と語りますが、図鑑ビジネスは「買って(売って)おしまい」の売り切り型に留まらず、長期的に読者との関係を築き、それをもとに多面展開するものになったのです。

 

そして、図鑑のIP展開の最たるもののひとつが、リアルイベントへの進出です。

2021年7月16日に常設の施設として「小学館の図鑑NEO」の世界を体験できる「ずかんミュージアムGINZA」がオープンしました。

 

1500平米の空間に森林、水などの世界と生き物をデジタルで再現し、昼夜などの時間の経過や天気が刻々と変わっていくなかでリアルな環境の変化を味わえ、その自然に生息する生き物に出会うことができます。

 

例えば、アリの目線になって雑木林を散策したり、水中の巨大な魚に遭遇したりといった体験ができるのです。これまでは読者が図鑑のDVDで見てきた世界が、自らの足で探し、出会い、観察できる、さらにはこれを記録できるのが魅力のひとつです。

 

「図鑑」という切り口を設定することで、博物館や動物園、水族館、植物園とはまた異なるかたちで子どもが生きものに接し、深く知る機会になります。

 

このような「体験性」も、今日の図鑑市場を捉える上でのキーワードです。

一口に体験といっても、イベントとは限りません。図鑑自体に体験性が用意されていたり、体験を促す内容が書かれていたりもします。

 

例えば、学研のLIVEはアプリを使って図鑑とARを連動させて動画や3D映像を観るというしくみを用意して、「書かれたものを読む」以上の能動性を読者にもたらしています。

 

KADOKAWAの「GET!」も、「カードを集める」方式のオンライン図鑑を用意したほか、図鑑の文中でも「昆虫は名前がついたものだけで100万種類以上いて到底すべてを一冊に載せることは不可能。どう見せたいかが重要」と語り、読者それぞれが調べたり作ったりすることを促しています。

 

また、小学館のNEO『分解する図鑑』やNEO『科学の実験』も、読んだ子どもが自分でやってみたくなる要素に満ちていて、MOVEの「おでかけMOVE」「MOVEラボ」も体験・読者参加要素を含んだ試みといえます。

 

こうした今日の図鑑市場のトレンドは、現在の学習指導要領で謳われる「主体的・対話的で深い学び」と呼応しているように見えます。

 

もちろん、図鑑はまず開いた瞬間に飛び込んでくるビジュアルインパクトが読み手を惹きつけるものであって、各社いずれも「お勉強」要素や「受験対策」を強く打ち出して制作しているわけではありません。まず「おもしろい!」「何これ!?」という好奇心の喚起を何より大事に工夫しているのでしょう。

 

しかし、映像的な迫力に留まらず、そこから興味の湧いた子どもたちが図鑑をときには何冊も読み込み、そして自発的・主体的に「物語」や「体験」にまで至る流れが用意されているのも間違いないことです。

 

視覚的な「おもしろさ」に加えて、読者が自分の好きなものを追求して知る・学ぶ「おもしろさ」が図鑑から広がっているのです。

 

中身が多様化し、さまざまな展開が派生した結果、図鑑の「おもしろさ」は深まっています。

 

どうですか?最初にも言ったとおり、

図鑑は、いまが一番おもしろい!でしょう🙆


【特典】角川の集める図鑑GET! 創刊3点(恐竜/昆虫/動物)セット(特製クリアマスクケース)

ABOUT ME
makoto
「そして男は時計を捨てた・・・」を運営している、ひとり編集長のmakotoです。 「そして男は時計を捨てた・・・」を活用して知識や情報を深めていきましょう!新聞を読むような感じでペラペラめくってみて下さい。 そして、自分の大好きな方に知識をシェアしていってください👍 ひとり編集長と情報の冒険をしましょう😃どうぞよろしくお願いします👍